PultraMan はてなハイク市民 (プラチナ 1,108日)

Pさんのエントリー

id:PultraManのミニブログ

351 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

PultraMan
PultraMan
PultraMan

チロルチョコ

f:id:PultraMan:20180315195214j:image
味だけでなく食感まで再現されて、カレーパンがカレーパンだ
PultraMan
PultraMan

PultraMan P

f:id:PultraMan:20180311232910j:image
本文とルビで書体が違うのか
PultraMan
PultraMan
PultraMan
PultraMan

今頃サンタクロースは

f:id:PultraMan:20180304114939j:image
f:id:PultraMan:20180304115112j:image
f:id:PultraMan:20180304115125j:image
トナカイかと思ったらラクダといた
PultraMan

PultraMan P

[2月に行った展覧会]
・MJ’s FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958【-3/25 川崎市市民ミュージアム】
妄想をしたためたりとか蒐集とかは誰しもやると思うけれど、それをパッケージングまで行けるのがみうらじゅんの偉いところなんだろうなと思う。当たり前のように表紙をつけて装丁までする。

・堀越保二 野鳥と自然をみつめて【-3/4 大田区立郷土博物館】
・鳥獣百科 龍子の描いた生き物たち【-4/15 大田区立龍子記念館】
・生誕130年 小村雪岱-「雪岱調」のできるまで【-3/11 川越市立美術館】
・アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝【-3/11 東京国立博物館】
仁和寺展の後期を見つつ。展示品とともに建物を撮れるのがお得。
f:id:PultraMan:20180217110852j:image f:id:PultraMan:20180217113252j:image

・ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜【-4/1 東京都美術館】
フランドル絵画の展覧会が最近よく来る。謎生物は他所でも見たし…と思いきや今回は風景画や植物画主体で新鮮。
f:id:PultraMan:20180217134430j:image
何ブリューゲルを見ているかが分かるチャートが親切。
PultraMan
PultraMan
PultraMan
PultraMan
PultraMan
PultraMan

PultraMan P

[2018年1月に行った展覧会]
昨年末からずっと体調悪いわりによく行っているというか、行けるうちに行くしかねえと動いてるせいで体が休まらないのではないだろうか。入院したい。
・博物館に初もうで 【終了・東京国立博物館】
・生賴範義展 【終了・上野の森美術館】
・ルドルフ2世の驚異の世界展 【-3/11 BUNKAMURA MUSEUM】
・色絵Japan CUTE! 【-3/25 出光美術館】
鍋島焼が見られる展覧会その1。
色のせいか乾山はきんぴらごぼう、古九谷はホクホクした土から掘り起こしたものってイメージが見ていると浮かぶ。

・中澤弘光 明治末~大正〈出版の美術〉とスケッチ【-2/25 武蔵野市立吉祥寺美術館】
装丁画・風景画・下絵と好きなものが揃ってていい内容だった。絵がうまいっていいなってなる。図録は2月中旬から3月に出るよう。

・仁和寺と御室派のみほとけ 【-3/11 東京国立博物館】
艶めかしかったりドッシリとしたタイプではなく、さらりとした、シュッとした印象だった仁和寺の仏画・仏具。
観音堂の壁画のボリュームよ。あれが実際にあるのか。
f:id:PultraMan:20180212232020j:image
経典や書に今のところ関心持てないんだけど、そういう私でも仏像や曼荼羅図ならわかる。「ああ、文字とか分かんねえ人のために宗教美術は発達してきたのだな」と日本美術の展覧会行くたびに実感している。

・STRUCTURE 建築のサイズII 【終了・JINEN GALLERY】
・今右衛門の色鍋島 【-2/18 そごう美術館】
鍋島焼が見られる展覧会その2。現代の鍋島は灰色とプラチナのモノトーン。
f:id:PultraMan:20180212232026j:image
九州に焼き物の大学あったな、今からでも入りたいなと思ったけど2年前に募集が終わってしまっていた。
PultraMan
PultraMan
PultraMan
PultraMan

PultraMan P

f:id:PultraMan:20180204194353j:image
みうらじゅんの展覧会を見に行くついでに地図で気になってた(まんが寺)に行ってきたけど、
f:id:PultraMan:20180203131917j:image f:id:PultraMan:20180203132004j:image
f:id:PultraMan:20180203131944j:image
外観はゆかりを感じさせるぐらいで特によくわからず。
帰ってから調べたら本堂の襖や壁に大量の風刺画が寄せられていて(まんが寺)となったよう。
▼はてなハイクの今月のスポンサー

表示内容を選択