RainySnow はてなハイク市民 (金 635日)

月夢さんのエントリー

id:RainySnowのミニブログ

18 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180221100250j:image
猫の日記念 にゃんにゃんにゃん
 
Wikipediaによると
ロシアの猫の日は3月1日
アメリカの猫の日は10月29日
動物愛護団体・国際動物福祉基金のInternational Cat Day (World Cat Day) は8月8日
欧州の多くの国でのWorld Cat Day日は2月17日

RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180221094347j:image
 
鮮やかに思い出せても決して手は届かない過去。
鮮やかに思い出しすぎてはつらいから,
ウィンドウに立ち尽くすドールのように。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180215091238j:image
 
ベッドを整えるとか365日繰り返しで本当に心から飽き飽き。
新鮮な気持ちで毎日こういう作業を楽しむためには,
素敵なメイド服とか猫耳が必要である,という気がする。
 
まぁ狭い我が家でこんなスカートじゃ,あちこち引っかかって,
狭いところを通るために体を捻って腰を痛めたりしそうだけどorz。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180214084233j:image
1月後半からずーーっとバレンタインで
ようやく今日バレンタインが終わるって感じだよね?
RainySnow

RainySnow 月夢

f:id:RainySnow:20180207105817j:image
 
「死」の表現全てを「お星さまになる」で表すことが義務となった世界。
「一緒に死のう」→「一緒にお星さまになろう」
「交通事故で亡くなりました」→「交通事故でお星さまになりました」
「殺すぞ」→「お星さまにするぞ」
「核爆弾で皆殺しだ」→「核爆弾でみんなお星さまだ」
「お星さま」は「死」より怖くなくて,だからみんなお星さまになってしまったそうだ。
 
「お星さまになる」って言葉,私は比較的聞く機会が多い。
オカメインコを飼っていて,自然とペットを飼っている人の話をネットで読む機会が多いから。
ペットが死ぬのは悲しい。けれどペットが飼い主より長生きしたらそちらの方が悲惨。
それをみんなよく分かっていて,
いなくなったペットのことを「星になった」と表現し,心に折り合いをつけている…
のだと思って読んでいる。いつか自分にも訪れるその日を恐れながら。
 
ペットもそうだが,親しい者の死を「お星さまになる」と言えば
もう二度と会えない事実は変わらなくても,確かに何かしら救われた気になれる。
でもそれを地球規模で外交問題にまで適用するとここまで意味合いが変わってしまうとは。
大量破壊兵器だって大量お星さま発生装置。みんなお星さまにされるだけ。
それほど怖いことでもないイメージになってしまう??
目からうろこだった。恐るべし言霊。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180203085226j:image
 
太巻き寿司がまだ関西独特だったころたまたま京都に住んでいて
会社のお昼で「今日はお寿司食べる日でしょ」と言われて「????」と思った。
今やいったい何って感じの世の中になってしまったけど,豆撒きの日。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180201155947j:image
 
もう作られていないラムネの瓶。
あの瓶の中のビー玉は、やたらワクワクする特別な存在だった。
何とかして瓶はそのまま,ビー玉だけ取り出せないだろうかと四苦八苦したり。
窓際に置いて夏の日射しに輝く瓶を眺めて美しさにうっとりしたり。
 
夏草が生い茂る草原の真ん中の秘密基地。
お決まりのようにガラクタの宝物をごちゃごちゃ置いて、
秘密とか基地とかそんな単語にワクワクしてた。
 
真ん中だけバニラアイスだったかき氷。
氷がちょっと苦手だった私もあれならバニラを楽しみに食べられた。
 
子供だった昔の,まだゆっくりと流れていた時間の中。
何もかも過ぎ去って消えてしまった。
ただ思い出だけが,窓の向こうで心を支え続けている。

 
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180129110529j:image
 
春の陽気に狂わぬよう
夏の光に融けぬよう
巡る幾春幾夏を
冬待ち焦がれつつ生きている
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180126084954j:image
 
Schneeweißchen......
雪のように白い肌,薔薇色の頬と唇に漆黒の髪。
白雪姫が日本に生まれていたら寒椿がよく似合っていただろう。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180122190552j:image
淡雪と黄昏に解けていくようなピンクの花君。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180118140148j:image
 
東日本大震災の余震で疲れていた頃,
気休めに帰省して,気持ちを変えたくて更に南へ出かけてみた。
そのとき偶然通りかかった肥薩線の駅。
雰囲気がよかったので周囲をうろついていたら,
列車が通る時だけ駅長さんがどこからかやってきて,ホームへ入っていいよと言ってくれた。
おかげで,菜の花が咲き始めたホームで列車を見送って,素敵な時間を過ごすことができた。
たぶん二度と行くこともない遠くの遠くの駅。決して忘れないだろう。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180117104547j:image
 
子供の頃,新幹線の車内販売のアイスクリームを死ぬほど美味しいと思っていた。
そんなに度々新幹線に乗っていたわけじゃないから,
その美味しさを確かめる機会は数回しかなかったけれど,
アイスクリームは毎回期待を裏切らなかった。
 
あれを今食べてみたら同じように思うのかな。
思わなかったら残念だから絶対に食べない方がいい気がする。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180116094153j:image
 
欧州の駅舎を思い出す。
いつかまた旅行とか行けるといいな。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180112115059j:image
 
18歳の春にブルートレインで故郷を発ったから,
青い夜行列車には永遠の郷愁が宿ってる気がする。
 
はやぶさのラストランは見送りに行ったよ。
故郷を発った日と同じ雨の日だった。

RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180111131658g:image
 
お寿司ってね,美味しいと思うのだけど,
炭水化物ばかりとることになっちゃうのが何だかなー。
あと,やたら喉が渇いちゃうのも困るので滅多に食べない。
ちなみにアジが一番好き。アジばかりでもOK。
トロは脂っこくて苦手。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180107154624g:image
 
もう晴れ着はお腹いっぱいだよと思いつつ,最後にもう一度。
今年は晴れ着姿のドール写真もまだ撮ってないのにもう七草。
公現祭も過ぎたからクリスマスツリーも片付けないとだなあ。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180105125249g:image
 
お正月はどう頑張っても毎年うまくいかないことだらけで
終わって平日が戻るとほっとする。
日常。日々の常。おかえりなさい。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20180101082604g:image
あけましておめでとうございます。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20171227152832j:image
 
クリスマスも終わって官庁仕事納めは明日,
何となく今日は普通の日のような気がする。
普通の日が一番ほっとする。
普通の私と明日からしばらくサヨウナラな気持ち。
RainySnow

ニコッとタウン

f:id:RainySnow:20171226154005j:image
 
世の中はあっという間にクリスマスを忘れ今日から蒲鉾と数の子と門松の世界。
極端すぎて困るのよ。
▼はてなハイクの今月のスポンサー

表示内容を選択