bokudakenoyuri

bokudakenoyuriさんのエントリー

id:bokudakenoyuriのミニブログ

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

bokudakenoyuri

俳句

君と乗り継いでゆく春泥の舟
bokudakenoyuri

ねぇきっとこの白百合のように美しく死のうね。それは愛なしに遂げられる革命だから。薔薇のように愛されなくても生きていけるって証明したい。無感動では映画なんて撮れないって言われた。ロボットとして朽ちてゆくさだめを背負って生まれてきたのに?笑ったね、思わず。
bokudakenoyuri

俳句

蛍に触れし手 誰を殴りしか
bokudakenoyuri

短歌

割れちゃったパレットの青見つめてる 一生ウエイトレスにはなれない
▼はてなハイクの今月のスポンサー

表示内容を選択