crow_henmi

crow_henmi id:crow_henmi

夜明けだというのに眠れないので、時間性と可能性は本当に非対称なのかということについてぼんやり考えている。決定論的世界観では可能性は均質な時間性に包含され消失するが、非決定論的にはそうではないとするのが直感的に正しい。しかし過去・現在・未来を貫通する均質な時間性においては、過去・現在・未来が等質に扱われるのではないか。人間の生のどうしようもない前提としてある「現在」を特権化しすぎるのは危険ではないか。しかしわれわれは基本的に「現在」に固有性を持って生きているのだから、そこに依拠しない「生」や時間性などというものはありうるのか、そんなことを考えている。

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
crow_henmi id:crow_henmi
書いた日数: 109はてなハイク市民 (銀)
飯を食い、やがて死ぬ程度の能力

表示内容を選択