dadako Hatena Haiku Citizen (Platin 3.670 Tage)

dadako's entries

id:dadako's miniblog

373 fans

Login um Kommentare zu schreiben oder Melde dich an um fortzufahren. Anfängerleitfaden

dadako

dadako id:dadako

Reply todadako
お母さんっていうか、家族が。
dadako

dadako id:dadako

Reply todadako
あとね、お母さんがすごい、偉い、見捨てない、って。
これは、わたしも最初のからずっとすごいと思ってること。

あと、他のこういうのだと、近所の人とか同じ町の人とか調べに来た人とかのネガティブなエピソードが出てきてそっちにも振り回されてよけいに消耗してくのが辛かったりいらいらしたりするんだけど、このシリーズのはそれがない。
主人公二人が、ほんとうに「人間より悪魔のほうが邪悪で怖い」と確信してるのが、話の芯になってるんだと思う。過去についての話しぶりから見て、この二人がそういうものに触れてなかったり巻き込まれていないわけがないのだけど、それには一顧だにしないんだよね。
「時には常識を超えて信じてみないと」っていい言葉だ。
dadako

dadako id:dadako

Reply todadako
同居人が「だからなんでこのテントまだかたずけてないのー」って言ったのがすごい笑った。
わたしも最初の消防車でかたす(笑)
dadako

dadako id:dadako

『死霊館』シリーズ2本見たけど、なんか出てくる人たちの人間関係や性格が安定してて、よけいなこと(人間の悪意に由来するような脇エピソードみたいの)に気配りいらずにどっぷりと悪霊との対決に集中できるのがすごくよかった。
近所の人とかすごくいい人たちで、ほっとする。
わたしあの二人はこの仕事してなければ安定のバカップルではないかと思う(笑)
同居人はあんまりホラーみないのだけど、エンフィールドのほうを一緒に見て、おもしろかったって。
昔懐かしい『悪魔の住む家』にJホラー系の演出になるのかな。
dadako

はじーのガリガリ君千本舌慣らし

荷物発送の帰り道、だらだら食べ歩き

残り228本
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dadako/20180924/20180924210214.jpg
dadako

dadako id:dadako

Reply todadako
あとこないだ先生のしてた話。「雌鳥の鳴き声はイタリア語ではcoccodè(コッコデー)。だから日本人と待ち合わせとか場所の話してるときにおかしくてしょうがないときがよくあります。ここで、ここで、って。みんな笑いを我慢してたりする(笑)」
dadako

dadako id:dadako

イタリア語の単語はかわいらしくて、初見の時にうっかりツボにはまって笑いだしてしまうことが時々あるのだけど、『ワニ』もそうで、たぶんクロコダイルなんだと思うんだけど、
coccodrillo

コッコドゥリーロ。
なんとかわいい。
dadako

今日のアイス

もう年末ジャンボの時期かー……
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dadako/20180923/20180923210741.jpg
dadako

dadako id:dadako

Reply todadako
×エイダ
○ダナ

ダナの顔を頭に浮かべながらダナって打っちゃった(笑)
あのシチュエーションであんなダンスやられたら頭に来るのまちがいない、と納得したシーン(笑)
dadako

dadako id:dadako

Reply todadako
『暗い森』は、昔たぶんJUNEで紹介を読んで記憶にあったのが、去年か一昨年だったかEテレのイタリア語講座の映画コーナーで見てさらに興味をひかれて、TSUTAYAで借りて見たのだった。
タイトル直訳が『順応主義者』だ、というのと、エイダとグレアムのダンスシーンの元ネタがこの映画だと気づいて(笑)
で、解説読んでて途中でもしかして、と思ったのは、モラヴィアが最初に注目された自主出版作品の『無関心な人々』の解説を読んでて。この小説の登場人物の一人が、まるで『順応主義者』の主人公そのものだったの。
あれもしかしてあの映画は原作あったの?と思いつつ読んでたら、映画化された作品も多くてその中でモラヴィア本人が気に入ってたのは『暗い森』と『軽蔑』とあったんで、ちょっとにやっとしてしまった。
dadako

dadako id:dadako

【薔薇とハナムグリ】
表題作は、ハナムグリに生まれたけれどどうしても薔薇よりもキャベツに心を奪われてしまい、それを母親にもひた隠しにしている若い娘の話で、どうみても性的少数派の物語。
好きな話が多かったのだけど、『ワニ』がすごくシュールでおかしくて、脳内イラスト諸星大二郎で再生され、途中まで読んだところでバス停の立ち話に再話したら、同居人がにやにやしながら聞いてて、「……、てとこまで読んだ」「ってなんだよ終わってないの! ぐわー終わらせろよ!」と怒られた(笑)
解説からいくと、長編はもしかしたら個人的地雷がありそうな予感もするのだけど、この短篇集はかなりおもしろかった。
これ全部ファシズム体制下で書かれてたというのもかっこいいとこだな。
dadako

読了

『薔薇とハナムグリ シュルレアリズム・風刺短篇集』モラヴィア(著) 関口英子(訳) 光文社古典新訳文庫
・かなり好みの短篇ばかりだった(諸星大二郎のそれみたいな感じ)
・けっこう長めの解説(堤康徳)つき。読んでる途中で『暗殺の森』の原作ってあったのかそしてこの人なのかと気づいた(ゴダールの『軽蔑』もだって。
・【勝手に引用
>官権からさまざまな干渉を受けたモラヴィアの作品は、カトリック教会からも危険視され、一九五二年には、すべての著作がローマ教皇庁の禁書目録に入れられた
……な、なんてかっこいい←おい
dadako

dadako id:dadako

こどもサイズ120を編んでたはずなのに仕上がったらサイズ100だった(^_^;)
ほどいて戻した糸だから少し細くなってた。それに油断してゲージを取らなかったんだから、まあこんなことになりますわな(-_-;)
まあ必要なのは100~150だったのでいいや……
毛糸は285グラム使用。だいぶ余ってる。なんならもう一着編めそうなくらい。
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dadako/20180922/20180922154834.jpg
dadako

dadako id:dadako

うーん今日は頭が痛い……
dadako

dadako id:dadako

そうか舎弟ちゃん(仮)がやたらわたしを呼びつけるのも追うのも珍しく座布団ありなら膝に乗るのも、やっぱ寒いからなんだな。
羽布団の上に丸くなってるし。
あなただっこ断固拒否でなければ、winwinになれるのよ…… 宗旨替えする気はないの……?
dadako

午後のロードショー

一番最初のより2のほうがこのシリーズの原型感あるよね
dadako

言い間違い・聞き間違い・空耳

というか、脳内変換間違い

○社長の両親の痛みを緩和するために開発
×社長の良心の痛みを緩和するために開発

悪いことしとんならまずそれやめやと一瞬
dadako

dadako id:dadako

Reply todadako
ハンコックうまいこといかんかったのはそのへんじゃないのと。思う。なんとなく。
dadako

dadako id:dadako

午後ローでなんだったか詐欺師映画を見たときに、ヒロインのこけにされっぷりに若干機嫌悪くなりつつ「ウィルスミスはいっぺんちゃんと悪役やったほうがいいと思う」と書いたのは、トレーニング・デイズのデンゼルが頭にあったから。
ああいうのやってないとイコライザーみたいなのには繋がらないと思う。なんとなく。
dadako

dadako id:dadako

Reply todadako
【メモ】
la prima sequenza di apertura del film

il piano sequenza

Inhalte anzeigen