deepindigo

西郷どん

録画を観ました。
総評すると「女子目線慶喜」という人物像を改めて感じた次第です。
考えてもみれば幕末の英雄たちどちら側も負けるも覚悟の美学があったことは間違いなく、そういう存在を史実以上にデフォルメするドラマツルギーはありだなあと感じました。
とにかく翔太の慶喜は粋でイカしてる。
一方で西郷の情熱も咀嚼できてる辺りがオトナの女性制作人によるものだなあ、と感心しています。
掃部頭も今後いい仕事をするはずだから、そういうのも期待しつつ。

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
いんでぃご(元主任) id:deepindigo
書いた日数: 176はてなハイク市民 (銀)

表示内容を選択