dimitrygorodok

dimitrygorodok id:dimitrygorodok

前から少し気になってた事なんだけど、
ガンダムビルドファイターズのシリーズってプラモデルを作る事と、それを動かしてゲームを行う事が2大テーマとして据えられている訳だけど。
ゲームに使うプラモデルをこさえてる場面は兎も角として、それを使ってバトルをしてる時にプレイヤーの主観視点で描く事が少なすぎる様な気がするんですよね。
プレイヤー、あるいはプレイヤーの操っているプラモデルの視点での描写があればキャラクターが何を見ていてor何が見えてないか視聴者も共有できてゲーム展開の説得力が増しそうなのに、傍観者の視点で描くのが大半になってるのは何故なんでしょ?
プラモデルの販促番組だから?でもガンダム関連のコンテンツってゲームも相当力入れてリリースされている訳で、ゲームとしての側面をもっと掘り下げて描いておいても損は無いと思うんですけどねぇ…

そう思って古い動画を漁ってみたらこんなのが↓



って、ガンダム違うやん!てツッコミがガンガン入りそうだが気にしない。敢えてガンダムに似せて作られてるんだからいいんです(苦笑)
この手の3Dアクションゲームに不慣れだった頃はCMの様に思わず仰け反って弾を避けようとしてましたっけ。これはロボットアニメによくある傍観者的視点ではなかなか味わえない感覚でしたねぇ。
ビルドファイターズシリーズも折角ゲームネタを扱ってるんだから、今までのロボットアニメ的な描き方だけではなくて、もっと題材を生かす手法に挑んでみれば良いんじゃないかと思いますね。

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
dimitrygorodok id:dimitrygorodok
書いた日数: 110はてなハイク市民 (銀)
割りと駄目な部類のガンオタ。元々は「デミトリー」と言うハンドルネームでしたのでそちらでお呼びいただいても構いません。

表示内容を選択