filinion

今日wikipediaから得た知識

どぶろく特区
 
 家庭で、あるいは神事のためにどぶろくを作る風習を守る、という目的で設置された特区……というのは「もやしもん」で知っていたのだが。
 
 具体的な内容としては、通常は最低でも年間6000リットル以上醸造する業者にしか酒税免許が認められないところ、この下限を撤廃する、というものらしい。
 
「アルコール度数の検査等々、酒税法に記される検査はあまり変わっておらず、自家醸造の自由化とは程遠い内容ともいわれる」
 
 酒税免許なしで家庭で醸造できるのかと思ってたが、そうじゃなかったのか……。
 家庭でどぶろくを作る文化を守る、というにはちょっと敷居が高い気はする。
 
 なお、みやげ物として売る(=特区外へ持ち出す前提)場合は、通常通りの酒税法が適用されるとのこと。

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
filinion id:filinion
書いた日数: 231はてなハイク市民 (銀)
とある地方小学校勤務。

表示内容を選択