happysweet55 はてなハイク市民 (プラチナ 1,808日)

happysweet55さんのエントリー

id:happysweet55のミニブログ

356 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

素敵な女性と、高層ビルの夜景が一望できるレストランで食事をして来ました。
はじめは良かったのですが、話し込んでいくうちに限界まで頑張ってる自分を、
やさしく否定されてるような気分になり、超悲しくなる自分がいました。
ぼくは複雑でデリケートな心の持ち主なのだ。
それにぼくは女性と会う時には、全力で楽しめるように頑張るので疲れる。
帰り際に、外の夜景を見て、「うおーっ、めっちゃ絶景じゃん」と
感動するくらい話に集中していました。
ぼくはバカでロバのウンコくらいノロマなりに頑張って生きてるのですだよ。
結局、「ハッピーさんはカオスですね」という結論で会食は終了しました。
ドストエフスキーの小説に出てくる30頁くらいの長い独白を読んだ後の感想みたいだ。
はい。そんなこと10年くらい前から知ってますよ。ということで、おやすみなさい。
色々あるけど、ぼくは真剣に頑張って生きてます。これでいいのだ。
happysweet55

おやすみ

明日は1年ぶりに素敵な女性と二人きりでお食事です。やったー。
頑張ってると、たまに神さまはご褒美をくれます。
happysweet55

おやすみ

自営業、フリーランスの人が多いFBでは、つねに表面的なやり取りしかできなくて疲れる。
経営者集まりの飲み会に行っても、本気な心のやり取りは一瞬です。
ぼくが聞きたいのは、自分であったり、他人の本音や心の声で、
「最近『インセプション』を見返して、『シンプルなアイデアが全てを変える』という言葉に感動した」
というような話をしていたい。ぼくのシンプルなアイデアとは、
「自分を許して、余裕を持つ」
「昨日の自分も、明日の自分も背負わない」
「現在があることに感謝する」です。
で「手帳、座禅、ちょこ勉だけは続ける」。
色々悩まず、手近にある確実なことをまずやろう。今という瞬間に感謝しよう。
「1日に1ミリずつ、だんだん人生はよくなるものだ。常にプラス方向に」
という感じで、おやすみです。沢山休んだので、明日からは沢山歩けます。
happysweet55

おやすみ

色んなものが崩れて、ダメダメな毎日です。ダメだ。
なんか最近力が出ないという日々が続いてるので、今週末は少し長めに休みます。
本当に、色々鉛みたいに身体も思考も重いです。おやすみなさい。
寝れば、よくなる!
happysweet55

ひとりごと

妹の子供たちが寝ている姿を見て、明日こそ地震棒を買おうと思う。
地震棒って、すごく大事です。地震対策とは思った時にやらないと永久にやらないです。
バカと呼ばれてもいいので、地震対策を絶対にしないといけない!
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

という感じで、日々死にかけていますが、早朝出社・筋トレ・座禅・手帳・ちょこ勉がおざなりになっていたので、ダメだなあと。
でも、頑張れない時には、頑張らないことも大事。今年は地を這っていく感じです。ゆっくり行こう。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

新事業で過去最高の売上を叩き出し、さらに前へ進むべく休日もドップリ仕事に浸かっていたんですが、
やればやるほど、会社の部品でしかない自分に気づく。ぼくが抜けたら、
恐らくこの仕事はすぐに駄目になるだろうなとは思うものの、ぼくは常に交換可能なパーツだ。
「君には才能がある。君の仕事は素晴らしい。君はいつも本気で仕事をしてくれる」
といつも言ってくれた会社経営者が懐かしい。組織も財務も戦略も無茶苦茶だったけれども、
不平不満を言いつつも、常に一体感のある現場だった。逆に全てがよくできているものの、
一体感のない現場での仕事がこんなに寂しいものだとは思っていなかった。
もっともお金を稼ぎ、社会的生存を維持するために今の仕事は辞められないんだけれども、
己の人生を貫いてるものって何だったっけ?志は何なんだった?と最近よく思う。
書くと、分かるんだけれど、ぼくの人生を貫く揺るがない軸は「書くこと」だ。
立ち位置を常に明確にする「マーケティングと数値解析」も武器だ。
不完全ながら経営全般に関わる知識も武器だ。
テーマは「中小・零細企業を助けること」だ。2つ目まではよく出来てる。
この仕事の先にあるのは、己の全精力をかけて「中小・零細企業を助けること」だと思う。
でも、どんな風にそれを生業とすればいいのか?はまだよく見えない。実弾が飛び交う戦場では理想にしか思えない。
それでも、目指すべき道は、きっとそれなんだろう。毎日苦しい中で、少しずつ1ミリでも積み重ねていくのだ!
happysweet55

おはよう

京都で今年3回目のおみくじを引くも、相変わらず「平」が出る。
新年、春、夏と「平(京都らしい言い方)」が、こんなに連続して出るのは初めてです。
通りで毎日が鉛みたいに重いのだ。
でも「無理をして、願いが叶えられるものではない」という一言に救われる。
人生が思い通りに行かない時には、思い通りに行かないなり時の過ごし方というものがあるのだろう。
明日は、朝5時に起きて、座禅会へ行きます。今年はまず座禅を極めよう。
happysweet55

ひとりごと

仕事でめっちゃFBを使うようになって、投稿が激減してますが、
FBの投稿ってなんてステレオタイプなんだろうと辟易することが多いです。
かくいうぼくもFBではFBI捜査官らしく振舞っています。
「あなた、疲れてるのよ」と誰かに突っ込まれたいです。
happysweet55

ひとりごと

仕事に疲れたので、京都へやって来ました。
やっぱり京都はいい。和むし、落ち着く。
地元よりマイホームタウンだなあと感じる。
大根のたいたん持って、ニコニコしてるスウェーデン人もいるし、
日本語と英語で会話しながら、魚取って狂喜してる親子もいるし、
いいなあと。
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/happysweet55/20170701/20170701182158.jpg
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

約半年で、任された事業の売上を2倍まで伸ばした。
強い商品を作り、強いチャネルを構築し、人的ネットワークを作り、顧客との信頼関係も築いた。
さて、ようやく自分の人生に時間をかけられるなと思った矢先に、
全く苦労を知らない人間が売上を4倍に増やしますという方針を出して来て、
この2週間くらい目眩と吐き気に悩んでいます。
しかも、このタイミングで!という時期の悪さと嫌らしい高慢さで。
しかし、ぼくは負けない。ちゃんと自分の人生に戻って、ちゃんと生きる。
7時半出勤、筋トレ、手帳、座禅、ちょこ勉。そこに戻る。
ぼくには、もう大体のものを自分の力でキチンと売ろうと思えば、
たぶん何でも売れる力があるのだ。
どう生きようとも、ぼくの自由なのだ。絶対に死なない。絶対に負けない。
ぼくはこの人生でぼくの人生を自分で生きるのだ。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

あと1週間で絵コンテを10本書かなくてはいけなくて、
帰って来てから、ぼーっと白い紙を見てます。やはり描けない。
だから、ぼくは苦労してコピーライターになり、それでも足りないので、
マーケティングを勉強して、いくつかのプロ資格を獲った。
まず「誰に、なぜ?」をマーケティングで明確にする。
次に「何を、どうして?」コピーライティングで強固な言葉にする。
最後に「じゃあ、どうやって」を絵コンテにする。いつもやってることと同じだ。
手順さえ正確に守れば、伝えたいことを伝えたい人に寄り添って、話すことができる。
二十歳のころ「ハッピーは清も濁も世の中の全てを受け入れて書け」と言ってくれた親友がいた。
これが20年来、ぼくが追い続けてきた道であり、生き方だった。色々あって卒業式以来、
その親友とぼくは会ってない。彼はぼくの元カノと結婚している。
でも、何かを作るたびに、いつも思う。彼ならぼくが作ったものに何て言うんだろうなと。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

ストーリーテリングの基本は、
・キャラクター(登場人物)
・コンフリクト(葛藤・衝突)
・レゾリューション(解決・落ち)
以外にない。順番か逆に考えること。
自分用のメモです。たぶん、あらゆる脚本指南書に書いてあることです。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55


これに負けないのを作る!
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

高校生の頃から絵コンテ風のマンガを描くのが好きで、
たぶん人にできない自分の一番得意なことは何かと言われれば、
映像で何か伝えることだと思い続けて、苦節20年。
ついにコピー・脚本・監督、自分でCM制作に挑戦することになりました。
自作PVは沢山作ってるけど、プロばかりで作るのは初めて。
自分の人生を導いてきたCMに負けないものを作ります!
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

ぼくの好きだったコピーライターの先生たちは、総じて皆んな哀しそうな匂いがする人ばかりだった。
書いてご飯を食べるのは難しいんだよ、と背中で言ってる人が多かったし、
実際に書き続けて今も生きてる人はごく一部だったりする。
ぼくのコピーの師匠は京都で一番の文章が書ける人だったけれども、事務所はいつも閑散としていた。
でも、師匠は「岩を書け」と言われたら、それは見事に岩の存在を強靭な言葉で再現できる人だった。
ぼくは25歳でコピーの道に入って、何度も書くのを諦めて、それでも書くことを仕事にし続けています。
今、ぼくの前には山ほど考えなければならないことや取材して書くべきことや
作らなければならないことが転がってます。
そして、おそらくぼくはもっと高いところへ向かおうとしています。
結婚もしていないし、子供もいないし、将来は日々の仕事の中にしかないタフなアラフォーに今年なります。
やれやれと思う。でも、ぼくはペンを持って、紙に向かうと、人にはないチカラを出せることが分かってます。
これしかないんだ。日々やれることをやって生き切るだけ。そしたら強くなれる。
強くなれたら、優しくなれる。優しくなれたら、優しい人が周りに集まるようになる。
人生を投げ出さずに、明るく立ち向かいたい。いい方向へぼくの人生は確実に向いているのだ。
という感じで、おやすみなさい。めっちゃタフだけど、充実した一週間に来週もします!
happysweet55

おやすみ

はじめてサクラ水産へランチで行った時に生卵が一杯置いてあって、
ご飯食べ放題で何だかブロイラーみたいな気分になった。
それと同じように一蘭という完全に外界シャットアウトの
トンコツラーメン屋に行った時には、自分が機械になった気がした。
ぼくは一蘭の看板を見るたびに吐き気がする。あんなもん二度と行くもんか
と思う一方でああいう風にラーメンを食べたい人が一定数いることが不思議だ。
ぼくは二度と行かないからな!天一もしくは怪しい台湾料理店がベスト!
ということで、今日は色々ポイズンです。おやすみなさい。
happysweet55

ひとりごと

ほぼ毎日スクワット、プランク、プッシュアップをしているんですが、
地味に一番腹筋に負荷がかかり、全身を筋肉質に変えてくれてるのが、
スクワットであるような気がします。スクワットが一番キツく、
お腹周りに効くと言っても誰も信じてくれないだろうけど、本当なのだ。
試しに100回やってみると分かるんですが、相当ヘビーで全身消耗します。
なんでこんなこと知らなかったんだろうということが筋トレには沢山あります。
人生にモヤモヤしたら、スクワット取りあえず100回したら、よく眠れるはず。
happysweet55

ひとりごと

これから4時間で仕事の2冊の本を読みます。
ぼくには昔から超短時間に超集中して、物事を理解するという特技があります。
学生時代は15分で新書を一冊読んで、2000文字のレポートを1時間くらいで書きました。
文学部だけど1/3は法学部や経営・経済学部の単位で卒業したダボハゼ根性の持ち主です。
速読舐めんなという感じでやってみます。読むぞー!
happysweet55

ひとりごと

自分の寿命はあと30年ないんだなあと思う。
父母と過ごせる日々もあと10数年なんだろう。
ぼくの人生は夏の盛りだけれども、確実に後半に入っていて、
20代にコピーライターなんて食えない職業について、
30代半ばまでに作家になるんだとか思っていたのもあって、
今に至るまで日々ご飯を食べるだけで精一杯で結婚とか家族とか
考えられない感じなんですが、よくコノヤローって思っています。
絶対にこのままで終わらないぞバカヤローと思う一方で、
この世から去るまでのあと30年をもっとちゃんと生きたい。
というわけで頑張ろう。この一年はこの人生で一番頑張るのだ。
▼はてなハイクの今月のスポンサー

表示内容を選択