PultraMan はてなハイク市民 (プラチナ 1,080日)

P

"id:PultraMan" でひとこと

340 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

PultraMan
PultraMan

PultraMan P

[2018年1月に行った展覧会]
昨年末からずっと体調悪いわりによく行っているというか、行けるうちに行くしかねえと動いてるせいで体が休まらないのではないだろうか。入院したい。
・博物館に初もうで 【終了・東京国立博物館】
・生賴範義展 【終了・上野の森美術館】
・ルドルフ2世の驚異の世界展 【-3/11 BUNKAMURA MUSEUM】
・色絵Japan CUTE! 【-3/25 出光美術館】
鍋島焼が見られる展覧会その1。
色のせいか乾山はきんぴらごぼう、古九谷はホクホクした土から掘り起こしたものってイメージが見ていると浮かぶ。

・中澤弘光 明治末~大正〈出版の美術〉とスケッチ【-2/25 武蔵野市立吉祥寺美術館】
装丁画・風景画・下絵と好きなものが揃ってていい内容だった。絵がうまいっていいなってなる。図録は2月中旬から3月に出るよう。

・仁和寺と御室派のみほとけ 【-3/11 東京国立博物館】
艶めかしかったりドッシリとしたタイプではなく、さらりとした、シュッとした印象だった仁和寺の仏画・仏具。
観音堂の壁画のボリュームよ。あれが実際にあるのか。
f:id:PultraMan:20180212232020j:image
経典や書に今のところ関心持てないんだけど、そういう私でも仏像や曼荼羅図ならわかる。「ああ、文字とか分かんねえ人のために宗教美術は発達してきたのだな」と日本美術の展覧会行くたびに実感している。

・STRUCTURE 建築のサイズII 【終了・JINEN GALLERY】
・今右衛門の色鍋島 【-2/18 そごう美術館】
鍋島焼が見られる展覧会その2。現代の鍋島は灰色とプラチナのモノトーン。
f:id:PultraMan:20180212232026j:image
九州に焼き物の大学あったな、今からでも入りたいなと思ったけど2年前に募集が... (続きを読む)
PultraMan
PultraMan
PultraMan
PultraMan

PultraMan P

f:id:PultraMan:20180204194353j:image
みうらじゅんの展覧会を見に行くついでに地図で気になってた(まんが寺)に行ってきたけど、
f:id:PultraMan:20180203131917j:image f:id:PultraMan:20180203132004j:image
f:id:PultraMan:20180203131944j:image
外観はゆかりを感じさせるぐらいで特によくわからず。
帰ってから調べたら本堂の襖や壁に大量の風刺画が寄せられていて(まんが寺)となったよう。
PultraMan
PultraMan
PultraMan

PultraMan P

返信先P
向かいの山のソーラーもなかなか壮大。
f:id:PultraMan:20180128160606j:image
f:id:PultraMan:20180128163130j:image
PultraMan

PultraMan P

「あしがくぼの氷柱」と地下鉄広告によく出ていて、検索で写真を見てもどういう状態なのかよく分からなかったので現地に見に行った。
f:id:PultraMan:20180128161211j:image
想像してたよりやりすぎな景色で、水を散布して凍らせてることを考えても相当な頑張りを感じる。雪降る前だと透明なのかな。
f:id:PultraMan:20180128162136j:image f:id:PultraMan:20180128154935j:image f:id:PultraMan:20180128160441j:image
PultraMan
PultraMan

PultraMan P

返信先P
トーハクのこの部屋が好きだけど、好きな建築かというと部屋単位・装飾単位だから少し行き場に困る。
f:id:PultraMan:20180106141900j:image f:id:PultraMan:20180106141857j:image
f:id:PultraMan:20180106142032j:image f:id:PultraMan:20180106142256j:image
PultraMan
PultraMan
PultraMan
PultraMan

PultraMan P

[透明な赤]
f:id:PultraMan:20180116003006p:image
f:id:PultraMan:20180116003009p:image
f:id:PultraMan:20180116003012p:image
PultraMan
PultraMan

PultraMan P

[今月行った展覧会]
千手千足観音立像 [1月末まで?・びわ湖長浜Kannon House]
活力にあふれた造形なんですが、赤塚漫画のレレレのおじさんとか本官さんみたいな手足を高速で動かすブレ表現思い出す。

・銅板画家 清宮啓子 [八王子市夢美術館]
技法的にはそこまで難しくないのかもしれないけど、ただただ描き込みすさまじいなと思って平服してしまうジャンルが銅版画。10回20回と隅々まで修正を加えながら刷っていく作家のこだわりが分かる展示だった。
クリスマスを控えた八王子駅前商店街はオルゴールBGMの山下達郎クリスマスイブがエンドレスリピートしていて、もの寂しさが半端なかった。

・太陽の塔 1967-2018 岡本太郎が問いかけたもの [-2/28・岡本太郎記念館]
f:id:PultraMan:20171210110018j:image
f:id:PultraMan:20171210111215j:image
岡本太郎らしい密度の濃さ。企画から万博期間中を経ていく記録写真のスライドに時代の厚さを感じる。

・山端祥玉が写した一九三九年万博の旅 [JCII PHOTO SALON]
・KIMONO ROBOTO [表参道ヒルズ本館B3]
f:id:PultraMan:20171210114028j:image
f:id:PultraMan:20171210114623j:image
展示も豪華だけどリーフレットが無料配布とは思えない良質な紙と印刷。

・蕪村の憧憬 乾山&鍋島 [東京黎明アートルーム]
・ルネ・ラリックの香水瓶 [-1/28・渋谷区立松濤美術館]
・紙の上の建築 日本の建築ドローイング1970s-1990s [-2/4・国立近現代建築資料館]
イメージボードというよりは... (続きを読む)
PultraMan

PultraMan P

タブレットPCだとハイクのキャンバスが安定しないな。描いてる途中でドラッグ扱いになったりするけど発動条件がはっきりしない。年々難易度が上がっていく感じだ。
PultraMan
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択