gustav5 はてなハイク市民 (プラチナ 3,025日)

id:gustav5

"id:gustav5" でひとこと

298 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

gustav5

gustav5 id:gustav5

○他人の視点や意見を気軽に知ることが出来たのはありがたかったし、「塩ラーメンになぜごまがついているのか」的な、ヘタするとバカなんじゃないの的なものであっても、まともに取り合ってもらえたのもありがたかった。ブラックなことをかくともちろん、反面教師的に参考になった人もいて、ハイクに居たことはプラスになったかな、という気がしている。
○311以降、地震が発生したあと地震速報よりはやいハイクにお世話になったことが何度か。
○ネコとネズミとウサギの生態に詳しくなったかなあ。狛犬と手袋も気になりはじめた…
○取り急ぎ、いままでのご厚誼を感謝するとともに、フィナーレまで引き続きのご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします
○さて、匿名で気軽にダジャレが云えなくなるのは困ったな…
gustav5

gustav5 id:gustav5

死んだ父も死んだ母もともに良き父親良き母親であろうとしつつ、根っこの部分で子供っぽさが抜けない人だったせいか、頼もしい大人である必要はないんじゃないの感がすっごくある
gustav5

gustav5 id:gustav5

返信先gustav5
今頃になって理解したんだけど韓国の最高裁の判決は「強制連行時の不法行為」ではなくて「日本の植民地支配が不法だった」という認識で「不法行為である強制動員に対する慰謝料請求権」を認める内容で、これだとゆるゆるというかすっごく範囲が広い…
gustav5

gustav5 id:gustav5

○複数の同性愛者のカップルが、同性婚の否定は違憲である、というような趣旨の訴訟を国に対して起こす準備をしている、というのが毎日新聞にあったのですが、直感的にムリかなあ、と思いつつ、議論がちょっとでも深まればいいかな、というのがLGBTとしてではなく、かつて勉強してた人間としてはあったり。
○異性愛者には認められる婚姻が同性愛者にはみとめられないってのは憲法の認める法の下の平等に反しないのか?っていうのは、くたびれたおっさんであるわたしが学生の頃に考えたことでもあったりします。でもこの法の下の平等は国民に対し絶対的な平等を保障したものではなくて「差別すべき合理的な理由なくして差別することを禁止している趣旨と解すべきである」とされてて、同一の事情と条件の下では均等に取扱うことを意味しています。異性愛と同性愛のカップルとを同一の事情と同一の条件の下で扱うべきか否か、というのが焦点になってくるのですが、生殖を目的とした結婚というか婚姻という価値観からすると同一の事情や同一の条件の下にはおけませんが、生殖を選択しない・出産できない異性同士でも婚姻ができることを考えると、同性愛のカップルとの差異はなによ、といわれると答えはない。でも、直感的に難しいかなあ…という気が。うー。
gustav5

gustav5 id:gustav5

小さな打ち合わせを前にメモというか必要なペーパーを用意しておいて、移動する直前に呼び止められて別のことでちょっと話したあと、肝心かなめのペーパーを忘れて移動して一瞬真っ白になったけど、でも書いたことは頭の中に入ってるしな、と思って乗り切った。緊張感が足らないのか、疲労が残って忘れっぽくなってるのか。
gustav5

gustav5 id:gustav5

[受信]
2007年10月31日付最高裁第3小法廷で、三菱重工徴用工裁判についての判決がありまして、朝鮮半島から来た複数の徴用工が被爆した事案で、在外被爆者の手当支給を認めなかった厚生省通達を違法として在外被爆者に対しても手当を受けれるようにした判決がありまして
○財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定第二条の実施に伴う大韓民国等の財産権に対する措置に関する法律があるので強制労働や強制連行についてはその責任は問わない
○強制連行時の不法行為や被爆後の放置による安全配慮義務違反については徴用工側の主張を認め
てて、07年の段階で最高裁は強制連行時の不法行為については認定しているので、韓国側の徴用工裁判について、日本国は強制連行や強制労働にに関してなんらかの責務は負わないという見解は維持するものの、強制連行時の不法行為についてだけは、もしかしたら、韓国側から十分な立証があれば、認めざるを得ないのではないか
gustav5

gustav5 id:gustav5

トップページの増田を読んだけど、喝采して欲しい、っていうようにしか読めなかった。
才能ってのは技巧なんだけど、技巧だけでは人は近づいてこない。胸を抉られるような経験をして、おそらく初めて自我を意識して、そこで技巧をフル活用して他人をうならせるようなことができるのではないかな、と。
てか、18からこっち働きづめで、才能がうんぬんといえるだけの余裕もない日々の生活に追われてるほうからすると、恵まれた環境なんじゃないのかなあ
gustav5

gustav5 id:gustav5

内面化したホモフォビアといわれてカタカナ語が苦手なので正確に理解してない可能性が高いけど、思い当たる節としては、他のセクシャルマイノリティの人を嫌悪するとかはないんだけど、他のセクシャルマイノリティの人であるとかマジョリティの人から嫌悪されるかもしれない恐怖、というのはあるので、あんまり多くを語らないしアクティブに動かないところはある。それはホモフォビアとちがうっていわれそうだけど、たとえばハイクでも積極的にこちらからフォローするということをしていない(フォローされたのが気付いた時点でこっちもフォローしている)。
なんだろ、おのれが「嫌悪されるかもしれない」という意識はすごくあって、それを行動規範のひとつにしちまってるところはある
gustav5

gustav5 id:gustav5

[受信][甘味とわたし]
死んだ父は山梨へ行くと必ず信玄餅を買ってきてたのだけど、叔父はなぜか大月あたりで酒まんじゅうを買ってきて子がいないので私によくくれた。酒饅頭ってのは白い皮のなかに、砂糖を使っていないこし餡がたくさん入ってる饅頭で、けっこうでかいです。くれたのはいいんだけどたいてい10個入りで、両親は信玄餅は食べても酒まんじゅうをあんまり食べなかったので来る日も来る日もずっとおやつが酒まんじゅうだったことがある。それが年に2回くらい何年も続くとどんどん飽きてきて1つか2つは食べるけど残りは冷蔵庫の中でひと月くらい持て余して、捨てていた。そんなふうにして一生分食べてしまった気分なので、名古屋にいたときには納屋橋饅頭を帰省の土産には持って帰らなかったし、いまでも山梨に出かけても買わないし、コンビニに行ってもあんまんは絶対買わない。
ぼろくそに書いてますが、山梨の酒饅頭、おいしいです。山梨へ行く機会がありましたら、わたしの代わりにみなさん、買ってたべてください。よろしくおねがいします。
gustav5

gustav5 id:gustav5

返信先闇従(あんじゅ)
政治経済については不勉強なのであまり大口叩けないのですけど、この先ロクなことにならないだろう、という空気はどんどん蔓延してゆくと推測しています。どうせ輝ける明日が来ないってわかってるのならば楽しくやんなきゃ、という刹那主義的なものは私も増えてくと考えていますが、救国調というか「輝ける昨日よもう一度」的なものも増えてきちまうのかもなあ、と思っています。おれが書くと悲観的になっちまうのですけど。
しかしAKB48の恋するフォーチュンクッキーの、「未来は、そんなに悪くないよ」なんて歌詞のをみんな踊ってたのをかえりみると、もしかしておれだけ悲観的で、世の中あんがい楽観的なのかもしれない、なんて考えちまうのですが。
はなしがおおきくなってしまったのでここらへんで。
alcyone_ange

gustav5 id:gustav5

返信先gustav5
世の中にある「右肩上がりの幻想」と「下り坂の現実」のかい離が激しくなってる気はします。
成長し続けるのは無理なので、下がったって良いと思いますが世間はそれを許さないでしょうね‥

それにしてもこんな状況で今の政府が言うような外国人労働者の受け入れ拡大なんてやったら、
もう社会への衝撃は計り知れなくて刹那主義に走ってもしょうがないような思いもあります。
gustav5

gustav5 id:gustav5

「黒い雨」の中で甲奴郡に戻ってからピカドンの後遺症に悩まされながら、でも田舎だからなにもしないとイヤミを云われるので魚の養殖をしようか、ってことになるくだりがあるんすよ。この国、非生産的な行為や他人との差異がある場合に対しては他人が目ざとく咎める。
で、潜在的に周囲と同質性がない場合、「居場所がないなあ」って感じる人は居ると思うし、井伏さんが描いたように他人と差異がある人の生き難さってのは昔からあるんじゃないかな、という気がしてます。この国の宿痾みたいなものなのかなあ。「生き難さ」があって、今日より明日がよくならないなら今を楽しむというのもありだと思う。でもなんだろ、アリとキリギリスのことを考えるとキリギリスはダメという価値観というか、キリギリスへ行くことをバカにしていいような空気もあるよなあ、と。ごめんなさいって書いてばかりで恐縮ですが、まとまらなくてごめんなさい(関東土下座組)
gustav5

gustav5 id:gustav5

だるいんだけど30秒後に本気出す
gustav5

gustav5 id:gustav5

今日より明日がよくならないという状況でその場を楽しむことを、わたしはあんまり責められない弱さがあって、繰り返すけど渋谷の件をあんまり嗤えないというか。あと同質性について触れてなかった。「居場所がない」という感覚を共有する同質性だけでの結束は弱いので、軽トラひっくり返すという体験を楽しんでるのかなあ、と。系統立てて文章が組み立てられず、あっちいったりこっちいったりでごめんなさい。しごとします
gustav5

gustav5 id:gustav5

返信先闇従(あんじゅ)
私は社会学をやってないので言葉が間違っている可能性もあるのですが、根っこの部分で「今日よりも明日がよくならないかもしれないと感じる」場合に、いまの幸せというか楽しみというのを大事にすることをコンサマトリーという概念で説明してて、そういうところあるよなあ、と思うのです。
「場の雰囲気が仲介して騒いだりできる」ってのはまさにそれではないかなあ、と。話をむりやり渋谷に持っていくと、あと先考えないでみんなでいっしょに軽トラひっくり返して盛り上がっちゃうわけで。繋がってる感覚というのを錯覚でも共有してるのかなあ、と。
alcyone_angeさんはたぶんおとなでふだんは軽トラをひっくり返すようなことを回避して巧く処理してらっしゃると想像するのですが、満たされない感覚がなんらかのかたちでやわらぐ日が来ることをお祈り申し上げます。
なんだかうまく返信になってなかったらごめんなさい
alcyone_ange

gustav5 id:gustav5

返信先gustav5
友達だっているし、仕事だって日ごろそれなりにうまくやってはいる。
でも、何というわけではないけれど満たされない。

満たされない感情なんてものはきっとパズルのようにカタチがあって、
一人ひとりが違うから、集まったって多分うまくははまらない。
場の雰囲気が仲介して、騒いだりはできる。
でもきっと、深いところでは繋がれない。

繋がれないから余計に満たされない。
こんなにもこんなにも世の中には人であふれているというのに。
gustav5

gustav5 id:gustav5

同質性があるとそのコミュニティに溶け込めるんだけど、同質性がないと溶け込めにくい。だから疎外感を感じて渋谷なり新宿2丁目へ行く。そのなかで溶け込めなかったという同質性を見出してチーマーってのができたのではないか。私は新宿2丁目へ行ってもたぶん馴染めないぞという確信があったので行かなかったけど、新宿2丁目も他所で溶け込めなかったという人の集まりなのではないかと思う。
日本では同質性がないと生きていけないのではっていう疑問があって、渋谷のことを嗤う人ってのは、多くの人と同質性あると思える多数派で、幸福な人なのではないかという気がしてならない
うううううう、うまく書けないなあ。なにか零れ落ちてる空疎な文章だ
gustav5

gustav5 id:gustav5

学校や地域のコミュニティみたいなもの、もしくは職場のコミュニティに居場所がない、と考えた人たちが居場所があると信じてずっとたむろしてる、ってのはいわゆる新宿2丁目もそうなんだろうなあ、と。行ったことないけど。あそこ、住んでる属性関係ないはず。
で、「居場所がある人」と「居場所がない人」の間には断絶があって、「居場所がない」と思わせる人を取り巻く孤独というか社会状況ってのはあんまり幸福ではないのではないか。そう考えると自動車ひっくり返すのはなんかわからないでもないのです。やってることは完全に器物損壊だし、自動車ひっくり返したって事態は何ら変わらないのですっごく的外れなんだけど。起きた事件だけ取り上げて「問題ですね」って指摘しただけではなんの解決にもなんない気がしてならない。
私は「居場所がない」方向へ行ってもおかしくなかったので・偶然行かなかっただけなので、渋谷になんかあると思って行った人は正直、他人事とは思えないところがある。おそらく根っこの部分で「怒られそうなことを敢えて言う」のところのハイカーさんからバカにされそうなんだよな。
gustav5

gustav5 id:gustav5

返信先gustav5
ポスト消費社会の行方という本があって亡くなった堤清二さんが上野千鶴子さんの問いに答える形で実は渋谷についてて触れてて、社会構造が変化して、家に帰っても面白いことはない、居場所がないので渋谷に出てきた、って書いてあって。で、私は高校生の頃は吉祥寺にたむろしてて、大学生の頃は千代田区内で週5で働いていたからそれほど渋谷を知らない。つまるところ家庭内じゃないけど「そこに居場所があった」ので、辻井説が腑に落ちたのです。
まったく行かなかったわけじゃなくて、東急ハンズの画材コーナーへ行くと割引券くれてて、渋谷の東急ハンズにはちょっとお世話になってたかな。
gustav5

gustav5 id:gustav5

90年代半が大学生で、ちょうどチーマーとよばれていた人達を含め正直、渋谷に疎いのでさっぴいて聞いて欲しいのだけど。
学校や地域のコミュニティみたいなもの、もしくは職場のコミュニティに居場所を失ったと思った10代から20代がここなら居場所があると信じた渋谷(もしくは池袋?)に集まったと思われるのだけどもちろん統計的な調査は知らない。住んでいる自治体の属性で考えることが妥当かどうかというと正直わからない。
ついでに書いておくと渋谷のヒカリエのところに子供の頃、五島文化会館ってのがあって、プラネタリウムがあった。渋谷、といわれてとっさに思い浮かぶのはプラネタリウムで、いまの渋谷は正直、ついていけない
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択