happysweet55 はてなハイク市民 (プラチナ 1,817日)

id:happysweet55

"id:happysweet55" でひとこと

355 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

今起こっていることは、全て自分に足りないことの勉強だ。
自分が見ている世界は啓示に満ちてると簿記や会計であったり、
資金繰りであったり、未収金の回収であったり、
マクロ経済学であったり、法務関係の問題だったり、社内調整だったり、
外注の人への気遣いだったり、偉そうな馬鹿と話さなければならなかったり、
人たらしのワンマン経営者の夢に巻き込まれそうになったり、
苦手なこと、面倒なことにぶち当たるたびにこれは将来のための勉強なんだと思うことにした。
人間は嫌なこと、苦しいこと、危機的な状況におかれて始めて成長できるのだ。
冷静に、しぶとく対処して、自分の器をひと回りもふた回りも大きくするのだ。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

グローバル人材になるためには、普段から3ヶ国語くらいに触れている必要があると思って、
とりあえず英語はいつもイギリスのクラシックとニュース番組の放送局聞いてるからいいや、
フランス語と広東語やなとiPhoneの言語設定をフランス語にしたんですが、色々分からなさすぎる。
Google Mapも言語設定を英語にすると、ヒッチハイクみたいなボタンが登場して、ウーバーでタクシー呼ぶ?
としつこく聞かれて、死ぬほど鬱陶しいです。
でも、まあ取りあえず、英語に変えて、しばらく生活します。フランス語は無理すぎるし、広東語はもっと分からないから。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

とはてなハイクがなくなるかもしれないことに大ショックを受けつつも、
筋トレ・座禅・手帳をして、明日からのまた長い一週間に備えます。
ダメでも、失敗しても、諦めずに何度でも挑戦すれば、人生はきっとよくなってくるはず!
頑張ります。おやすみ。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

去年が人生の底で、今年が3度目の人生復興の元年。10年の大半を、ぼくは孤独に過ごしていたんだなと思う。
でも、その時々に、リアルでも、ハイクでも温かい人の手に救われて、現在があることに感謝したいです。
で、何が言いたいかというと、ぼくはもうハイクがなくても大丈夫だと言いたいわけです。全然大丈夫じゃないけれど。
すごく優しくて、温かくて、居心地のいいこの場所がなくなって、
いつか誰とも共有できず、消えてしまう記憶になるのは、とても残念だ。
けれども、ぼくは大丈夫だ。なぜなら、人間はいつも置かれた環境に適応して、生きていける強い動物だから。
適応できなければ、適応できる場所を作ったり、見つけられる生き物だから。
というわけで、感傷的になっても、絶望する必要はないのだと、いつものぼくに戻って思います。
現実世界でバラック同然の小屋で、人生の再建をしているのもあるけれど、何かを失くした時、人は開き直るしかない。
キリッと前を向いて、死ぬまで生きるのだ。しょうもないことを言いつつ。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

たまたま来たら、はてなのトップページからハイクへのリンクが消えていて、少し呆然としました。
増田のように非公式っぽく残るのか、非採算なものとして消えるのか分かりませんが、終了まであまり長くないんだなあと感じます。
気がつけば、約10年、ぼくはこの温かい仮想空間の中で過ごしてきました。
すごく色んなことがあったなと思う。
10年前、20代をかけた夢や業界で敗れて、ボロボロな自分を唯一受け入れてくれたのが、はてなハイクでした。
特に、2008年〜2010年くらいまではネット上のことだけど、リアルに情景を思出せるくらいいい時間を過ごしました。
やがてぼくは新しい世界で成長して、若い頃に行けなかった海外へ行き、夢だった小説の執筆に何度か挑戦しました。
ハイクがきっかけで、結婚したいと思うような人ともめぐり逢い、束の間だけど、すごく素敵な時間を過ごしました。
2013年にもうそういう青春を引きずるような生き方はやめようと覚悟して、人生の方向転換を始めました。
すると、たちまち色んな偶然や事故が重なり、また生きるか死ぬかのサバイバルな世界へと戻って、現在に至ります。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55


C-POPなる言葉があって、中国という国に拒絶反応があるぼくは、
絶対に聴くまいと思ったんですが、意外にクオリティが高く、調べたら、
「中華圏のポップス」であり、主役は台湾、香港の人たちのようでした。
台湾って行ったことないですが、世界一大好きな国です。香港も好きだけど、
理想が潰される現実大事な地域と理想を語れ大人が支援してくれる国家みたいな
違いが文化の根底にも、現れるんじゃないかなと思ってます。
ちなみに香港はあまり本屋さんがない。
韓国に対してはこんな気持ち、絶対に持てないし、軍事最優先の独裁国家や
自由と人権がない官僚中心国家からはこんな音楽は出てこないだろうなと思います。
何が言いたいかというと、人の心を動かす素敵な音楽とは、
ある意味自由を信じられる場所からしか生まれてこないんじゃないかと思ったわけです。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

手帳・卓上カレンダーで予定を管理しているんですが、今までないくらい今月・来月はびっしりスケジュールが入っています。
今までも決して自由気儘に生きてきたわけではないですが、自由気儘に生きてたんだなあと思うくらい多忙です。
そんなわけで、今年後半やること、やらないことを3つずつベースにおくことにしました。
●やること
・筋トレ
・座禅
・手帳
●やらないこと
・帰宅後の勉強(朝か図書館のみ)
・帰宅後の仕事
・帰宅後のFB・ネットサーフィン
まずは4時50分起床、22時就寝を目指します。というわけで、筋トレ・座禅・手帳をして寝ます。今年はとにかく生き抜くための自力づくりに励みます。
ぼくならできる!
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

ハイクに書くことは本当の自分だから安心する。
FBやリアルの自分は、いつも本当のことは分かってくれないだろうから、
それなりでいいんだろうなという諦めの境地で生きてます。
というか本当の自分って何だ?
「自分だけ特別で、いつも自由に生きてたいのだ!」というプライドだけ高い奴なのか?
それとも「人との関わりにおいて、何かしらの価値を常に出したい」と頑張ってる自分なのか?
おそらくその両方なんだろうな。
「相当あなたはこじらせていますね〜」と直近でデートした女の子二人にも言われました。
やれやれ。今年後半の計画を手帳に書いて、寝ます!やるぞ!寝るぞ!
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

ぼくはこの人生、何のために生きてるんだろうか?と予想はしていたものの、
やはり頑張ってた反動で、ズドーンと落ちてしまったお盆休みでした。
ただ得たものが二つあって、一つはぼくはもともとコピーライターなんですが、
誰かの下請けや指示でする仕事が嫌だと、ほぼ日を始めた糸井重里さんと
全く同じ動機で、今の仕事と勉強をやっているということが分かった。
もう一つは、ほぼ毎日実商売・実学塗れなんですが、ぼくが人生で一番価値をおいているのは、
古典文学を読むということです。ぼくは人間・社会観察のプロでありたい。
そして、そういうものを近い将来、仕事にして強く生きられるように、
毎日の仕事があり、勉強があるんだなと思いました。万里の道も一歩から。
2年前に全てに馴染んだ仕事を辞めてから、追い求めてたものが、朧げながら、
ぼんやり見えてきた今日この頃です。でも、おそらく毎日の一歩が大事なんだ。
ということで、明日からまた戦線復帰です。今年後半を必ず生き延びるぞ!
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

明日はリングの上に、再び戻る日。
仕事も、資格も、生きる手段。失っても死ぬわけじゃない。
道は無限にある。でももしその道を選んでいるなら、その先には、
自分が求めるすこしいい未来が広がっているはず。
今自分が元気で生きてること、家族が健康で生きてること、
再び人生に挑戦できることの有り難み、喜びを感じながら、
試験を受けてきます。よくここまで踏ん張れた、よく今日まで生きて来れた。
エライぞ、マングース!よく頑張った。おやすみなさい!
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

すっごく苦しくて、誰もいない、何もないと考える夜でも、
たった一人、たった一つのことがあれば、生きてけると確信。
ぼくの場合、挫折、分断、絶望、艱難辛苦の連続でも、
「書くこと」だけは手離してない。
全然お金になろうがなるまいが、役に立たないわけがないじゃないか!
とギリギリのところで気づきました。ぼくには書く力がある。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

結局、何をやってても、どこへ行ったとしても、ぼくがぼく自身のために今やるべきことは決まってる。
・体力をつけるために筋トレをする。
・明日することを手帳に書き出す。
・心を鎮め、祈り、座禅をすること。
・早起きして、早く会社へ行くこと。
・体力と気力がある少しの時間を使って、1日1〜2時間学び続けること。
・上記が習慣になるように、繰り返し思い出して、記録すること。
なかなか難しい。1日3つくらいしかできてないけど、まあゆっくり行きます。
今日もよく生きた。エライ、自分。寝ること、休むことも仕事だ。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

好きなもの。文学に関する話。英語の辞書。具体的な仕事。
コピーを書いてる時間。シンプルでよく考えられたデザイン。品のいい明朝体。
青色の水性ボールペン。薄い方眼用紙。
5月の新緑。7月の夜明けの雨の匂い。12月の寒い街。
テントとランタン。牡蠣とエビのアヒージョ。クリームチーズを挟んだベーグル。
ジェノベーゼソースの生パスタ。疲れた時のトンカツ。にしんそば。
白米とお漬物とお味噌汁。温泉あるいはスーパー銭湯。
夜行バスの休憩時間。当てのないドライブ。高速のパーキングエリアの雰囲気。
太平洋の波の音。春先の太陽と風の匂い。
ボブ・ディラン。ラフマニノフ。海外のラジオ番組。
気のおけない友人との電話。はてなハイク。匂いのいいタバコ。
無口な父親と優しい母親。ぼくと似て人づきあいの苦手な妹。
信頼できる友人と仕事のパートナー。
全部ぼくのすぐそばにある確かなもの。こんなに恵まれてるのだ。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

再来年40歳の夏には、ニューヨークへ行こうと思う。
前回行ったのが30歳の時。まさか10年もの時間が経つなんて思ってなかった。
2009年がもう少しで2019年だもんな。
エニウェイ、ぼくはアメリカのニューヨークの空気と雰囲気がとても好きだ。
ニューヨークからシカゴへ電車で旅してもいい。遠い街へ旅に出るのだ。
それは素晴らしい計画だと思う。
そして2020年には、心からこの人生よかったなと思える自分になっていたい。
心から、この人といたいと思える女性にも巡り会っているだろうか。
ぼくはまだまだ弱い。だから強くなりたい。毎日少しずつでいいから。
おやすみ。今日はもう何もやりません。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

経営者と同行する仕事が長かったので、わりに世の中のいいものは、知っていると思うんですが、
今日行った金融機関は初体験で、何だか異様だった。
すごいなーと思うと同時に「よかった。オレ微塵たりとも、金融業界に興味なくて」と思う趣味の悪さだった。
何だか色々勘違いした偽高級ホテルのようにムズムズした。
ぼくが知っている世界一のホテルはマカオの丘の上にあるホテル学校が運営する小さなホテルだ。
マリーナベイでも、グランドハイアットでも、リッツ・カールトンでもなく。
ホテルとは佇まいが大事なのだ。おそらく。そしてスタッフの愛嬌というか心もね。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

心が荒みきってるので、座禅。
100呼吸を、心の中から甲高い声で、ゆっくり100ー、99ーと逆に数えてく。
大体20分。数になる。座禅をしてる途中も心にさざ波のように
色んな事柄が思い浮かんでは消えてく。
数だけ考えろ。また雑念。戻る。また雑念の繰り返し。
でも、やってると、心の状態がよく分かる。よいことも思い浮かぶ。
すぐ手帳に書こう。すぐやろうって。やるのだオレ。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

ふと本を読んでて、「勝者には何もやるな」という言葉に出会って、救われる。
すごく頑張ってるけど、ぼくは賞賛も評価もない代わりに、批判と非難だけある
といつも今に見てろよバカヤローというムカつきしかないんですが、
何かを頑張ってる最中には、他の人が何年も気づかないような知恵や技術を身につけられるのだ。
勝者には、何もなくていい。勝った瞬間に見てるのは、もう次だ。進もうオレ。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

ほんの少しの成功で、何か人生のすべてを悟ったようなことを言うバカ起業女子が昔から嫌いだし、今も嫌いだ。
年商200万円でも社長だし、年商10億円でもサラリーマンだ。10億稼いでもサラリーマンは大した給料は貰えません。
でもサラリーマンだって真剣に生きてるし、真剣生きてる人の目の前には、常に乗り越えるべき壁がある。
だから興味の対象は壁でしかない。なぜ、そんな明解なことが分からないのか。
壁の下の石とか背後のことはどうでもいいのだ。
生きてたら後悔なんか一杯あるし、喜びがあれば悲しみもあるし、いい日があったら悪い日もある。
外に出て遊んでる人もいれば、外に出ないで頑張って生きてる人もいる。
どっちかが優れた感情や経験だとぼくにはどうしても思えない。しかも心が数ヶ月で一気に成長するわけない。
一年以上、デール・カーネギーの本を毎日朗読か般若心経を唱えるくらいしないと、平安なんて訪れない。
ぼくは毎日20分座禅してるけど、心の平安とはほど遠い人生です。どうすればいいかなんて人には聞かない。
般若心経を100回唱えたり、デール・カーネギーやアドラーの本を朗読するのですだよ。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

FBでハイクのノリで、汎用性のあるテーマで投稿をしたら、めっちゃウザいコメントが沢山付いて凹む。
大体疲れてるし、大体悩んでるし、大体フラストレーションの塊なので、
一番寄せつけたくない人の寄せつけたくないコメントを寄せつけてしまいます。
ますます精神を病みそうな感じです。
というか上から目線で、人に何か言ったり、批評する人間の心理が昔から分からない。
お前はどんだけ悟ってるのだと思う。あるいは、どんだけ想像力がないのかと。
と全部ブーメランですが思います。君子危うきに近寄らずとはよく言ったもの。
ぼくはしばらく人に会いたくないし、会わずにいようと決心。
今は自分で、自分の問題を、淡々と毎日1ミリずつ解決する時期なのだ。
happysweet55

happysweet55 id:happysweet55

素敵な女性と、高層ビルの夜景が一望できるレストランで食事をして来ました。
はじめは良かったのですが、話し込んでいくうちに限界まで頑張ってる自分を、
やさしく否定されてるような気分になり、超悲しくなる自分がいました。
ぼくは複雑でデリケートな心の持ち主なのだ。
それにぼくは女性と会う時には、全力で楽しめるように頑張るので疲れる。
帰り際に、外の夜景を見て、「うおーっ、めっちゃ絶景じゃん」と
感動するくらい話に集中していました。
ぼくはバカでロバのウンコくらいノロマなりに頑張って生きてるのですだよ。
結局、「ハッピーさんはカオスですね」という結論で会食は終了しました。
ドストエフスキーの小説に出てくる30頁くらいの長い独白を読んだ後の感想みたいだ。
はい。そんなこと10年くらい前から知ってますよ。ということで、おやすみなさい。
色々あるけど、ぼくは真剣に頑張って生きてます。これでいいのだ。
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択