ken_wood28 はてなハイク市民 (銀 165日)

id:ken_wood28

"id:ken_wood28" でひとこと

12 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

本田さんや香川が志向したと言われるパスをつないで崩すサッカー、その崩し方と言うのも本田さんらの頭の中にあるイメージと我々の頭の中にあるイメージが乖離していた可能性はある。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

2018ロシアワールドカップ
イングランドやベルギーや、3バックの復権をどう分析すべきか。
出てないけどチリもそうか。
ken_wood28
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

すっかり忘れてたけど【2018ロシアワールドカップ】をアンテナから一時的に解除。
終わったらまた入れます。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

ハーフスペースを使用するためには、ハーフスペースをハーフスペースたらしめる存在、つまりは4人のディフェンスを引きつける4人の攻め手が必要な筈だ。
ディフェンスが人を見ず陣形の保持だけを志してない限り。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

浦和は何とかしてレッドブルと組めないものか、と思ったら既にセレッソのトップパートナーになっていた。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

[https://twitter.com/hayashi_bfc/status/994729973834534912
:title=「要するに、組織力がない。特に、最初と最後の30mは何もない。何も。」
]

そうだよなぁ、一番肝心な深い位置で連携がしっかりしてない。Jリーグでも。
相手の陣形に応じて分岐する、型の決まったパスワークをポンポンポンと素早くやればかなりDFは止め難いだろうし、そのパスワークを発動させる前の崩しの動きとセットで組めばいいのに。とよく思う。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

返信先ken_wood28
セットプレイデザイナーと言うか、AIでできないだろうか。
誰がどう動くと相手がこう変化してこう隙ができるのでそこに…みたいな。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

最近のサッカー理論はかなり進化して、何言ってんだか即理解できないクラスなのだが、一方で「サッカーの戦術はいたちごっこ、いずれマンツーマンもリベロも復活するかも」との意見もあり、これは僕もそうだかもなぁと思う。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

返信先ken_wood28
現代サッカーで一番大事なのは「攻守の切り替えの速さ」であると言われる。
これは攻→守だけでなく守→攻の速さも含む。両方だ。
それにより、「守備に切り替えやすい陣形で攻撃する」「攻撃に切り替えやすい陣形で守備する」ことが求められる。これは個人の才覚ではなし得ない。ピッチ上11人の統一した判断が必要になる。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

ACL
浦和はこのところ、満員の埼スタ大一番にひどく弱いので(ルヴァンカップ決勝も勝ってはいない)、とても不安ではあるが、
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

サッカーもいろいろ進化した結果、1試合90分は長くなってしまったのではないかと言う感じはしてる。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

海外のサッカー論文を翻訳して研究する仕事、ってのは今誰がやっているのだろう。
日本サッカー協会や浦和の様に金のあるところが行う必要がある。
しかもクラブチームでそれをやれば最新戦術を独占できる。で、一年後とかに無料公開すれば感謝もされる。まぁ販売してもいいが。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

返信先ken_wood28
サッカーとは「次にどこに行くか」と言うスポーツだと考えていい。それが9割だ。
それぞれがどこに行くかが見えれば、自然とどこにパスを出すかもどの向きでパスを受けるべきかも見える。
それを数手先まで予測する。その辺がキーだ。
そこの重要性に比べれば高さ速さ巧さなどは一段落ちる。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

返信先ken_wood28
何となく、考えてる事と近い事をやってた所があった。optaだ。
ゴール期待値モデル分析 | ゴール期待値とは?
>過去5年間のPremier Leagueシーズンのシュート成功率に基づけば、ビッグチャンスでのxG値は0.387(38.7%の確率で得点が入る)、ペナルティエリア内からのシュートでの値は0.070、ペナルティエリア外からのシュートでの値は0.036となります。
そこから考えると、確率10%のシュートを十把一からげに1とする事は良くないなー。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

返信先ken_wood28
VR練習の弱点は、肩のぶつかり合いを再現しづらい事だ。
まぁボールを蹴る感覚もそうなんだが。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

ミシャ解任がもう1年早ければ、大久保嘉人を獲得して興梠慎三と組ませる事が出来てたかも知れぬ。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

返信先ken_wood28
VR練習が実用化されれば、CKから弾き返されたボールを拾ってから、ロングシュートするのか折り返すのか、サイドから崩すのか、中に付けるのか、高度な判断を要するが再現性の難しいシーンの練習も繰り返しできる。
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

返信先ken_wood28

・的確な目標設定によるモチベ維持
ken_wood28

ken_wood28 id:ken_wood28

一般的に「監督に望む事」は何だろうか。

・適材適所の起用
・コンディションを考慮
・守備におけるブロック作成、プレスコンビネーション、その切替タイミングの統一
・攻撃における型の作成、そのバリエーションと質の向上

えーと他には…

▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択