iirei

芥川龍之介と『河童』

芥川龍之介と『河童』


『河童』は、内容から言っても、分量から言っても、芥川の文才を綜合した彼の代表作かと思う。ノイローゼに罹りながらも、これだけの集中力を集めて最期の傑作(ディストピア小説)を書き上げるのはある意味「力業:ちからわざ」だ。

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
森下礼 id:iirei
書いた日数: 619はてなハイク市民 (金)
森下礼:環境問題研究家、詩人、エッセイスト

表示内容を選択