フリーシェアワールド

"フリーシェアワールド" でひとこと

21 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

Erlkonig

フリーシェアワールド

昔からそうなんだけどぶっちゃけキュトスの姉妹としての自分の設定がよく分からないので自分探しの旅に出る必要がある(何)
Sucker

フリーシェアワールド

*量子うどん
珍品。玉数をはっきりさせると全部食べてしまったのかまだあるのかよくわからないが、食べる前や食べてしまったあとではどれだけあるのか、あったのかもよくわからない。
Sucker

フリーシェアワールド

怠惰さんは有名になりたい。批評するのは理路に穴があると即突っ込まれて大変そうなので批評するぐらいならむしろ批評されたいと思うがそうすると物語るのは資料集めや演出や構成が大変そうなので物語るよりはむしろ物語られたいということにもなるのであるが立志も大変そうであるのであきらめた。こうして怠惰さんは小さく生きるのであった。
keiseiryoku

フリーシェアワールド

「千変万化」
 
何遍も何遍も(具体的には千回)
実戦の最中、同一のバンカーから
バンカーショットを打ち続けたものだけが習得し得るバンカーショットの極意。
(てことはスコアが四桁いくのか、それはそれでギネス級)
 
Erlkonig

フリーシェアワールド

crow_henmiさんへ。
ありがとうございます。編集できるようにいたしましましま。
Erlkonig

フリーシェアワールド

nisinaoさんへ。
スターありがとうございます。編集できるようにしました。
Erlkonig

フリーシェアワールド

興味ある人は私に連絡してーというのもめんどくさいと思うので、例の公開編集サイトに興味のある人はこの発言にスターをつけてください。あとはこちらから連絡します。
Erlkonig
Erlkonig

フリーシェアワールド

共同編集ブログ立てました。が、協力者がおらんければなにもできず。どうやって人誘いましょうかのう……。
Erlkonig

フリーシェアワールド

そろそろ有料はてなで共用編集ブログを立てようかと。まあ色々やってみます。
palladion

フリーシェアワールド

「ニュースを眼にするたび私は思うの。どうして死ぬのが彼らだったのだろう。どうして私が死ななかったのだろう、って」
 陰影がにじみはじめる部室で、先輩はそんなことを口にする。
 死ぬ気などないくせに。死ぬことなどできぬくせに。
 すると先輩は冷たい笑顔でこう言うのだ。
「そのために日々呪い続けるのよ、自分自身を」
 ぼくの放課後はだいたいそんな感じだ。
Erlkonig
Erlkonig
Erlkonig

フリーシェアワールド

 年表を捏造したい。FSW年表を。
 時系列である年表は線形を描き、全ての現象は一直線に並ぶ。これは見ていて楽しいけれど、相互に繋がりのないものがあまりにも一緒くたに配置されると、見ていてちょっと混乱する。
 そこで、地図を捏造したい。FSW地図を。
 平面配置である地図は、色々な出来事を一目で見渡すことができる。これは見ていて楽しいけれど、今も昔も未来までもが同じ画面の中に入っていると、それらの繋がり、変化の過程が分からなくてちょっと混乱する。
 そこで、年表地図を捏造したい。FSW多次元年表地図を。
 たとえば、地図の中の一地域を指定すると、その地域の中に限った出来事が年表として出力される。逆に、とある年代の区間を指定すると、その期間の間に生じた出来事のみを記載した地図が出力される。ついでに、人間などを指定すれば、その人間の関わった出来事が年表に一覧されたり、地図上にプロットされたりする。
 
たとえばこんなの?
http://hatenarmaps.com/view/Erlkonig
nisinao

フリーシェアワールド

「ただいまー」
「お帰りなさいませお嬢様。帰ったらまず手洗いとうがいを済ませてくださいね」
「わかってるわよ、節子さん」
「そのあとに私がねぶりますので」
「……ねぶる?」
「はい、手洗いとうがいを済ませたお嬢様の可愛らしく小さな手の指の一本一本まで丹念になめ回し可憐で柔らかそうなその唇とお口の中を思う存分ねぶりたおします」
「……何言ってるの?」
「いえ、お昼のニュースでインフルエンザ予防として外から帰ってきて手洗いとうがいを済ませたあとには誰かにねぶりたおしてもらうようにと」
「ない。それはない」
「……お嬢様」
「いやいや、『何もわかってない』みたいな顔されても。そんなニュース絶対やってないから」
「ダメですお嬢様は知らないだけなのですちゃんとねぶりたおさないといけませんこれはインフルエンザの予防ですからあくまで予防なのですからねぶらないとねぶりたおさないととても危険なのですお嬢様さあお嬢様」
「ちょっ、節子さん顔近い近い! 鼻息荒い!」
「これはお嬢様のためを思ってのことでありまして私は決してお嬢様の指と指の間に舌を這わしたいだとかそういった欲望に流されているわけではないのですそう決して」
「うるさい! 離れろ!」
Erlkonig

フリーシェアワールド

アルセス、わが父、わがあるじ。わが命のつくり手、わが魂のいしずえ。わが心のすべて。わが腕は御身の剣、わが身体は御身の盾。御身の悲しみがわが敵にして、御身の喜びこそわが理由。御身より授かりし呪われたわが身体、そのすべて御身に捧げん。
Erlkonig

フリーシェアワールド

彼らは私の目に理性の輝きがあると言った。しかし私はその時、献立を決めるのが面倒だから晩ご飯は出前でいいやと思っていたのだ。
crow_henmi

フリーシェアワールド

大前提「純粋理性とは絶対に間違いを犯さない状態である」
小前提「絶対に間違いを犯さない人間はいない」
結論「ゆえに純粋理性を体現した存在はいない」

「えーと、これは理性ちゃんの理性なんてその程度のdis?」
「いや、むしろ理性ちゃんの存在の虚構性を表しているのだと思う」
「しかし理性ちゃんは実際にここにいるわけで」
「もしかしたらぼくたちの脳内妄想の産物かもしれないぞ?」
「フォリ・ア・ドゥというやつか」
「理性ちゃんはいってるよ「私は怒っている!」」
「あっ、しまった怒らせた」
「ごめんようごめんよう」
「こらまて逃げるな!」
crow_henmi

フリーシェアワールド

卒業した元理性ちゃんは、新たな理性ちゃんが正しく純粋理性の体現者であるかどうか見守り、時に助言する。この伝統は卒業した理性ちゃんたちにも受け継がれており、理性ちゃんと理性ちゃんOBの間にはシンプルな縦社会が形成されている。一方で、社会に出た理性ちゃんは自らの周囲にいる人物たちに理性の伝道を行い、ネットワークを形成していく。この理性ちゃんネットワークが全世界を多い尽くしたとき、全世界は純粋理性の境地に達するといわれているが、それがいつのことかは、誰も知らない。
crow_henmi

フリーシェアワールド

ところで当学園では創立以来ずっと「純粋理性の祭典」が行われているのだが、もちろん理性ちゃんは3年で卒業する。しかし理性ちゃん卒業の日、理性ちゃんは学園の純粋理性を担うにふさわしい後継者を見つけ、その人物を新たな理性ちゃんに任命するのだ。このようにして連綿とつむがれた理性の伝統は、当学園をまさに理性の伝道としているといえよう。
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択