kinmokusei1113 Hatena Haiku Citizen (Oro 590 días)

キンモクセイ's entries

id:kinmokusei1113's miniblog

82 fans

Para añadir comentarios, elige Iniciar sesión o regístrate en Regístrate Guía para principiantes

kinmokusei1113

デボーション

今朝読んだ箇所から↓

その後、わたしが見ていると、見よ、あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、数えきれないほどの大ぜいの群衆が、白い衣を身にまとい、しゅろの枝を手に持って、御座と小羊との前に立ち、大声で叫んで言った、「救は、御座にいますわれらの神と小羊からきたる」。

ヨハネの黙示録 7:9-10

昨日読んだ箇所では地上が大変なことになっていましたが、神様は人々を見捨てずにたくさんの人を自分の元まで導きました(`・ω・´)
ところで、ずっと何者か分かってなかった羊さんは、どうやらイエスだったみたいです。黙示録難しい…。

長老たちのひとりが、わたしにむかって言った、「この白い衣を身にまとっている人々は、だれか。また、どこからきたのか」。わたしは彼に答えた、「わたしの主よ、それはあなたがご存じです」。すると、彼はわたしに言った、「彼らは大きな患難をとおってきた人たちであって、その衣を小羊の血で洗い、それを白くしたのである。

ヨハネの黙示録 7:13-14

四人の長老たちも神様だったのか…。三位一体どころの話じゃなくなってきたぞ…?(錯乱)
イエスの血によって罪を洗われた人たちは、ちゃんと神様の元に戻ってくることができたようです(`・ω・´)
kinmokusei1113

おはよう

おはようございます( ´ ▽ ` )ノ
やっぱり、ちゃんと寝ないと風邪は長引きますね…。
でも課題やらなきゃ〜〜!!
kinmokusei1113

kinmokusei1113 キンモクセイ

I can’t sleep.
But I have to sleep because I have a headache.
kinmokusei1113

おやすみ

そういえば課題も充実してるんだった…。
また調子が悪くなってきたので明日の自分に任せます…。
おやすみなさいませ(_ _).。o○
kinmokusei1113

今年の漢字(自分編)

「充」

大学の授業にちゃんと参加するようにしたり、サークルの後輩にそこそこ頼りにされたり、新しいクリスチャン友達がたくさん得られたり、と充実した一年でした(`・ω・´)
これからのスケジュールも中々充実しているので楽しんでいこうと思います(`・ω・´)
kinmokusei1113
kinmokusei1113
kinmokusei1113
kinmokusei1113

教えてはてなハイク!

Reply toしましま子
教会は閉じた場所ではなく、必要とする人全てに開かれた場所ですので、是非気負わずにお越しください(^^)
kinmokusei1113

教えてはてなハイク!

Reply toしましま子
クリスチャンな者です( ´ ▽ ` )ノ
教会の前にポスターが貼ってあったり、大々的に宣伝されているものは誰でも歓迎だと思います!むしろ、クリスチャンでない人の方が歓迎されるかもしれません
礼拝の途中で献金が求められるかもしれませんが、気が進まなければスルーしても大丈夫です(^^)どうしても人目が気になるなら十円玉を2、3枚、音を立てて入れれば大丈夫だと思います(他人がいくら入れているかは案外分からないものです笑)
kinmokusei1113

kinmokusei1113 キンモクセイ

(´-`).。oO(オリジナルだと“Doe, a deer, a female deer”だから何も問題ないのよね。)
(´-`).。oO(あ、でも”La, a note to follow so”の"so"の部分は「シ」の音だわ。)
(´-`).。oO(そんなことよりオリジナルで「ソの次の音」としか歌われなかった「ラ」がかわいそうになってきたわ…。)
kinmokusei1113

ドナルドしりとり

「ドーはドーナツーのドー♪」の最後の「ドー♪」が実際は「ミ」の音で歌われていることにモヤモヤするドナルド。
kinmokusei1113

kinmokusei1113 キンモクセイ

諸事情により家に戻ることに…。
夕拝まで寝てよ。
kinmokusei1113

デボーション

さて、今朝も分からないなりにヨハネの黙示録を読みましたよ(`・ω・´)
今朝読んだ箇所では羊が主なる神様から受け取った七つの巻物の封印を解き、「終わりの時」が訪れたようです。

小羊がその七つの封印の一つを解いた時、わたしが見ていると、四つの生き物の一つが、雷のような声で「きたれ」と呼ぶのを聞いた。そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、弓を手に持っており、また冠を与えられて、勝利の上にもなお勝利を得ようとして出かけた。小羊が第二の封印を解いた時、第二の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。すると今度は、赤い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、人々が互に殺し合うようになるために、地上から平和を奪い取ることを許され、また、大きなつるぎを与えられた。

ヨハネの黙示録 6:1-4

世界が終わる時、クリスチャンは「勝利」を得られるけど、地上からは平和が取り除かれてしまうのだなぁ…。
今も色んなところで紛争や人種間の対立や飢餓が起きて悲惨なことになっていますが、世界が終わる時には今よりもっと悲惨な光景を見るかもしれませんね。

全部引用しちゃうと長くなっちゃうので次は六つ目の巻物を解く場面を↓

小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、大地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり、天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。天は巻物が巻かれるように消えていき、すべての山と島とはその場所から移されてしまった。地の王たち、高官、千卒長、富める者、勇者、奴隷、自由人らはみな、ほら穴や山の岩かげに、身をかくした。

ヨハネの黙示録 6:12-15

想像すると、中々恐ろしいですね…。クリスチャンである私もこの場に居合わせたら平静でいられないと思います。
終わりの時にもちゃんと、私は神様と共に居られるかしら…。

そして、この投稿をする時にまだ七つ目の巻物が解かれていないことに気がつきました。何が起こるんだろう…。
kinmokusei1113

kinmokusei1113 キンモクセイ

[ひとりごと]
風邪がまだ治りきってない…。
ハイク忘年会で大騒ぎした件、実は今夜に変更されているんですよね…。
はー、どーしよーどーしよー。
kinmokusei1113

おはよう

ゆかり、さむくておふとんからでられないの。
でも、いつまでもここにいるわけにはいかないの。

…はっ( ゚д゚)今誰かいた…!?
気をとりなおして、おはようございます( ´ ▽ ` )ノ
今日は8時に家を出ねばです(*_*)
kinmokusei1113

おやすみ

風邪を治したいので早めに寝ますー。
おやすみなさいませ。
明日が良い日になりますように( ˘ω˘ )
kinmokusei1113

kinmokusei1113 キンモクセイ

(´-`).。oO(そういえば私、小さい頃バスが、特に暖房をつけた冬のバスが苦手だったなぁ…。なんか息がつまる感じがしたんだよね。)
(´-`).。oO(あの赤ちゃんもバスの中で頑張ってたのかも。家でゆっくりできてるといいなぁ。)
kinmokusei1113

知らんがな

バイト帰りにバスに乗ってたら泣く赤子を連れた親子がいて、「あやしてあげたいなー。でもマスク着けて不審者風な見た目の私が近付いたら余計泣いちゃうかなー。」と尻込みしていたらたまたま降りるバス停が同じで、「どうもお騒がせしました…。」と謝るご両親に風邪引きロートーンボイスで「(お子さん)かわいいですね。」と言った私は中々イケメンだったと思います(`・ω・´)
(普段より低い声で言ってしまったので、実際に男性だと思われた可能性があります笑)
kinmokusei1113

デボーション

このデボーションハイクは聖書を読んで感じたことをすごーく素直に思ったままに書いてあるので、正しくないことや思慮の浅いことも書いてあるかもしれません。
今更ですが注意喚起しますm(_ _)m

今朝読んだ箇所から↓

その後、わたしが見ていると、見よ、開いた門が天にあった。そして、さきにラッパのような声でわたしに呼びかけるのを聞いた初めの声が、「ここに上ってきなさい。そうしたら、これから後に起るべきことを、見せてあげよう」と言った。

ヨハネの黙示録 4:1

七つの教会へのメッセージを受け取った後、ヨハネは未来に起こることを見るみたいです。

御座の前は、水晶に似たガラスの海のようであった。御座のそば近くそのまわりには、四つの生き物がいたが、その前にも後にも、一面に目がついていた。第一の生き物はししのようであり、第二の生き物は雄牛のようであり、第三の生き物は人のような顔をしており、第四の生き物は飛ぶわしのようであった。この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その翼のまわりも内側も目で満ちていた。そして、昼も夜も、絶え間なくこう叫びつづけていた、「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、全能者にして主なる神。昔いまし、今いまし、やがてきたるべき者」。

ヨハネの黙示録 4:6-8

一章だけ読むつもりだったのですが、謎の生き物が登場したので思わず先を読んじゃいましたよね。

わたしはまた、御座と四つの生き物との間、長老たちの間に、ほふられたとみえる小羊が立っているのを見た。それに七つの角と七つの目とがあった。これらの目は、全世界につかわされた、神の七つの霊である。

ヨハネの黙示録 5:6

読み進めたらまた新たな謎の生き物が出てきましたよね(笑)
みんな一体何者なんだ…?

小羊は進み出て、御座にいますかたの右の手から、巻物を受けとった。巻物を受けとった時、四つの生き物と二十四人の長老とは、おのおの、立琴と、香の満ちている金の鉢とを手に持って、小羊の前にひれ伏した。この香は聖徒の祈である。彼らは新しい歌を歌って言った、「あなたこそは、その巻物を受けとり、封印を解くにふさわしいかたであります。あなたはほふられ、その血によって、神のために、あらゆる部族、国語、民族、国民の中から人々をあがない、わたしたちの神のために、彼らを御国の民とし、祭司となさいました。彼らは地上を支配するに至るでしょう」。

ヨハネの黙示録 5:7-10

この謎の生き物たちには天国に行ったら会えるのかしら。
一緒に神様を賛美したいな(*´∀`*)

Elige mostrar el contenido