書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

luis_tan

油断してると間違える

対応は間違えないのに、応対は応待と書き間違える。
接待という語につられるのだろうな。
luis_tan

luis_tan へなちょこるいスケ

ふと自分はレイ・ブラッドベリが好きだったと思い出すなど。
luis_tan
luis_tan

luis_tan へなちょこるいスケ

あ、蒸気機関とかも好きかも。
luis_tan

あなたがときめく4文字を教えてください

機械仕掛
発条仕掛

ほんとうは「仕掛け」で5文字なんだろうな。
luis_tan

うちの猫

明日の準備をしにいった隙に椅子を取られた。
f:id:luis_tan:20181210202305j:image
/ 飼い主はパソコン周りを片付けたがいいのにゃ。 \
luis_tan

物持ちがいい

親の持っていた古語のテキスト。
大伯父の使ったのを親が譲り受けたのを自分が譲り受けた。
自分の使ったテキストより分かりやすい。
f:id:luis_tan:20181210200305j:image
f:id:luis_tan:20181210200255j:image
でも、昭和三十三年か。それほど古いものじゃないな。
luis_tan

うちの猫

着る毛布の裾にのってお昼寝中。
どこが頭なのか分かりづらい。
f:id:luis_tan:20181209135816j:image
luis_tan
luis_tan

luis_tan へなちょこるいスケ

またまた。騙されませんって。
Haiku!ボタンのそばにアナウンス? そんなもの表示されていな…
…あ、もしや… (広告ブロッカーをオフにしてリロード。)
ぅうわああぁぁっっ! 本当だあぁぁっっ!
…いっ、いやいや、落ち着け私。
今日は何日だ? 12月6日? 12月6日って何の日だっけ?
そうだ、エイプリル・フールだ。
はっ、はっはっは。危ない危ない、また騙されるところだった。
運営まで一緒になって悪い冗談を………
…えっ、エイプリル・フールじゃないよおぉぉっっ!!!
luis_tan

うちの猫

かわいいお顔をリクエストした結果。
f:id:luis_tan:20181205205245j:image
luis_tan

luis_tan へなちょこるいスケ

ハイクがなくなるって、本当なの?
いつものブラックなジョーク?
luis_tan

今聴いている音楽

成田賢 - 誰がために-2012ver.-
R.I.P.
luis_tan

luis_tan へなちょこるいスケ

また豆乳にお手々をつっこまれてしまった。
実は豆乳が好きなんじゃないか?
luis_tan

うちの猫

ここはアンヨかにゃ?
ここはオッパイかにゃ?
とか言いながら、ハンモックの下からニャンを撫でさするのが好き。
あまりしつこくすると、ニャンに頭をベシッと叩かれる。

f:id:luis_tan:20181023074654j:image
 / お触りはメッ!なのにゃ。 \
luis_tan

うちの猫

ティッシュペーパーの上にger○をするなんて、さすがもうすぐ6歳さん。
でも、ボックスティッシュの内容がほとんど全滅したのは悲しい。

f:id:luis_tan:20181022074303j:image
 / 欲は身を失うなのにゃ。 \
luis_tan

luis_tan へなちょこるいスケ

おつかれ。
非常持ち出し品、だいぶ中身を抜いて出かけたのだけれど、けっこう重かった。懐中電灯め。
いちばん重要な非常持ち出し品はニャンなのだけれど、今回も留守番を務めていただいた。
水消火器の訓練と心肺蘇生・AEDの訓練とをがんばってきた。なかなか良いとのお褒めの言葉をもらって、ちょっと得意。
備蓄食料の配付訓練としてお茶のペットボトルと乾パンの缶詰とアルファ米のパックとを渡され、それをお土産に帰宅した。
luis_tan

luis_tan へなちょこるいスケ

きょうは地区の防災訓練。
『○○(ルーにゃ家)は家族2人とも無事です。小学校体育館に避難しています。』という貼り紙を作ったところ。
非常持ち出し品を持って、いってきます。
生活が変わったことにニャンも飼い主もまだ慣れなくて、とても怠いのだけれど、参加しなきゃ。
luis_tan

うちの猫

返信先へなちょこるいスケ

今朝は飼い主がミルクの気分ではなかったので、豆乳だった。
先にニャンのホットミルク(正確には生ぬるミルク)を用意してから、自分用に豆乳を注いだ。
するとニャンが自分のミルクを飲みかけで口周りを濡らしたままテーブルに跳び乗ってきた。
豆乳のにおいを嗅いで、飼い主に怪訝な顔を向ける。
違ったでしょ、自分のをどうぞ、とニャンをどかそうとしても、まるで動かない。
器にお手々をつっこんで引き上げ、ピッピッと振るって滴をとばし、疑わしげに肉球を見つめてからペロペロと舐めとる。
それを4回ほど繰り返したのち、ニャンは飼い主の手でテーブルから強制退去させられた。

f:id:luis_tan:20181019075809j:image
 / 隣の芝生は青いのにゃ。 \
luis_tan

うちの猫

朝食のシリアルの準備をするとき、ミルクを後がけすると注ぎすぎてしまうので、先にこれくらいが良いかなという量を器に注ぐ。
するとニャンがテーブルに跳び乗ってきて、今まさにシリアルを入れようとしている器に屈み込んでミルクを舐めはじめる。
それ冷たいからっ、ホットミルクをあげるからっ、と押しとどめようとしても、聞く耳を持たない。
明日はホットミルクを先に用意しよう。
▼はてなハイクの今月のスポンサー

表示内容を選択