machizumi

machizumi トシヲ

父が阪神大震災後に都市整備に関わった時の話をこの一ヶ月でじわじわと聞いていて、これは多分書き留めておくべき事柄だと思うんだけど、一体どこから書き留めるのか。

ただ、復興の青写真を作る作業を現地の人にさせるのは、精神的にも物理的にも大きい負担がかかるだろう。
(青写真を作るためには被害の規模を素早く調査してそれを大まかな被害額にせねばならず、そのためには被害を正面から見て、しかもそれをある程度他人事のように客観視する必要がある)

青写真にはどんどん上書きができるからそのたたき台の部分を早く作って、そこからみんなで何度も話し合い、工夫や知恵が出てくるんだと思う。

阪神の時、父の会社では人海戦術でとにかく入れ替わり人を入れて調査や測量をして、最終的にその土地と相性が良さそうな人が都市計画のチームとして残っていったそうだ。
土地との相性というのも、多分、現地の人とニコニコ話せるとかじゃなくて、その土地で一番頑なな人々と、腹を割って話せるかどうかなんだと思う。

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
トシヲ id:machizumi
書いた日数: 407はてなハイク市民 (金)
報告いたします!幼稚園児に超褒められました!!!しかしいまだ小学生から誉め讃えられる事あたわず。もうちょっとがんばります。

表示内容を選択