sisuiさんのエントリー

id:sisui_ro
EntriesProfile
sisui_ro
【技術的なぼんやり】
http://anond.hatelabo.jp/20160509120018

概ね、タスクスケジューラの中に↓みたいな自動メンテナンスのタスクがあって
Microsoft\Windows\UpdateOrchestrator\Reboot
そういったタスクの中の
「このタスクを実行するためにコンピュータのスリープを解除する」
というオプションが有効になってしまっている、というのが定説。

問題なのは、「見た目上はこのオプションが無効になっている」
「有効になっていたので無効にした」
のに現象が回復しないケースがあること。

回復しないのはなぜかというと、
「見た目は無効でも実際は有効になっている」
とか、
「再起動の際であったり特定のタイミングでこの設定が有効に戻っている」
ケースがあるようだから。

なので、海外のフォーラムなどを見ると
このオプションを定期的に無効化するタスクを別途組んで
走らせておくという中々アレな措置を取っているケースが見受けられる。

が、前者の状況であればバグっぽいんでそんな手法しかないんだけども
後者の場合はグループポリシーによってそれが制御されている可能性があって
そこを確認することをお勧めする。
グループポリシーと言って意味が分からないとか
ピンとこないんだったら勉強してください(適当)

ドメイングループポリシーで制御されていると
ADドメイン管理者に言うしかないんだけども、雰囲気的に自宅の話のようだから
それはあるまい。(自宅にドメイン構築してるならアレだが)

とりあえず、gpedit.msc叩いてローカルグループポリシーエディター開いて
コンピューターの構成\管理用テンプレート\Windowsコンポーネント\メンテナンススケジューラ
ってのがあるから、そこの「自動メンテナンス スリープ解除ポリシー」の
状態を見て欲しい。
これが有効なのだとしたら、タスクスケジューラにある自動メンテナンスの
スリープ解除オプションを手動で無効にしても、再起動とかのタイミングで有効に戻る。

逆に言えば、ここが「未構成」なのだとすれば「無効」にしてしまうと
自動メンテナンスのスリープ解除オプションは「無効」で固定されるはずなので
現象が回復するかもしれない。

あと増田の記載内容には電源プランに関する記述が無いので
念のためそちらも確認されたい(ノートPCじゃないとまず関係無いだろうけど)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20150901_718901.html
by sisui 2016/05/09 22:58:51 from koHaiku 返信 sisui_ro


[emoji:529]メール投稿
[emoji:553]イマココ
書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。初めての方へ

[emoji:B95]規約違反を通報