karlaの読書メモ

"karlaの読書メモ" でひとこと
Entriesアルバム

[emoji:529]メール投稿
[emoji:553]イマココ
書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。初めての方へ

新着順 | 人気順

karlalou002
『デミアン』に描かれたできそこないの「私」も、サリンジャーが描いたバカと紙一重っぽい天才児ズーイでも、善悪判断が人としてあたり前に自然なところに安堵するんですよねぇ。これを読んで、ああ、そういうことだった、と思うほど、狂ってるのはネット上だけでもないような気がするんですけど、最近は。…と言ってももう、二ケタになるような年数だと思うけど。
by karla 2018/11/02 1:28:46 from web 返信

karlalou002
返信先karla  それでもなお私は、半年ほどもたってから、誘惑にさからうことができず、散歩のおりに父にたずねた。カインをアベルよりよいものと説く人が少なくないのは、どう解釈したものか、と。
 父は非常に驚いて、それは新奇な解釈ではないと説明した。それどころか、その解釈は原始キリスト教の時代にすでに現れていたもので、そう教えている宗派もある。その一つは「カイン宗徒」と名のっている。しかしむろんこの血迷った教えは、われわれの信仰を破壊しようという悪魔の誘惑にほかならない。なぜなら、もしカインが正しく、アベルが正しくないということを信じるなら、神様はまちがいをなされた、したがって聖書の神様は正しい唯一の神様ではなくて、偽りの神だ、という結果になる。実際カイン宗徒はそういうふうなことを教え説いただろう、しかしこの邪教は久しく人類のあいだから消えている、私の学校友だちがそれを聞きかじっているのは不思議だ、いずれにせよ、そんな考えをしないように、真剣に戒めておく、ということだった。p72
by karla 2018/11/01 0:48:37 from web 返信

karlalou002
デミアン:ああいう古い古い話はいつもほんとうだが、正しく記録され説明されているとはかぎらない。要するに、カインはすてきなやつだった、とぼくは思うんだ。ただみんなが彼を恐れていたので、ああいう話を彼にくっつけたのさ。あの話はうわさにすぎなかったのさ。人々がしゃべって歩いたことなのさ。カインとその子どもたちが実際一種のしるしを持っていて、たいていの人々と違っていたという範囲では、まったくほんとうなのだ」

「それが実際に彼の兄弟であったかどうか、それは疑いの余地がある。が、それはたいせつなことじゃない。結局人間はみな兄弟なんだから、つまり強いものが弱いものをうち殺したんだ。」

ヘルマン・ヘッセ『デミアン』1919年、p46
by karla 2018/10/31 18:35:06 from web 返信 karlalou002

karlalou002
返信先karla その”読書会”のコメントより:
"And again I'm reminded of the Romantic movement, with the idea of drawing attention to the artificiality of the work of art and literature, so that the viewer/reader isn't fooled into seeing the work as a piece of reality and being swept along but instead is forced to concentrate on what is being said."
by karla 2018/10/23 21:02:16 from web 返信

karlalou002
サリンジャーはこの本に作家生命を賭けていた:”It is a long-term project, patently an ambitious one, and there is a real-enough danger, I suppose, that sooner or later, I’ll bog down, perhaps disappear entirely, in my own methods, locutions, and mannerisms.”
https://goo.gl/mVJJZL

それはもう半世紀以上も前のことだけど、
2年前にガーディアン・コムにて読書会を開いている。そこでの読者からのコメントはこれから読むんだけれど、発起人として記事を書いた人は、関心はかなり持ってるわけだけど、言うことがどうでもいいことばっかりなところが、人寄せのためわざとなのか、分かってないからなのか。

この本を、self-indulgence とか言ってけなす批評家はいったいどういうつもりなのか。この本を書いてくれたサリンジャーに感謝しきれないです。
分かんないらしい人の数の多さが恐ろしいです。

立派な人権問題だし、人類の進歩を妨げて人類滅亡を運命づけてその終着点への道のりをより地獄にしている勢力のことです。
by karla 2018/10/23 17:38:30 from web 返信 karlalou002

karlalou002
返信先karla [p162] agree they're not harmless. The're lethal as hell, as a matter of fact. God almighty. They make everything they touch turn absolutely academic and useless. Or -- worse -- cultish. To my mind, they're mostly to blame for

 the mob of ignorant oafs with diplomas that are turned loose on the country every June."

Here Zooey, still looking at the ceiling, simultaneously grimaced and shook his head. "But what I don't like -- and what I don't think either Seymour or Buddy would like, either as a matter of fact -- is

 the way you talk about all these people.

I mean you don't just despise what they represent -- you despise them. It's too damn personal, Franny. I mean it. You get a real little homicidal glint in your eye when you talk about this Tupper, for instance. All this business about his going i... (続きを読む)
by karla 2018/10/21 22:29:50 from web 返信

karlalou002
返信先karla [p149] I can't take it easy! You make me so mad! What do you think I'm doing here in this crazy room -- losing weight like mad, worrying Bessie and Les absolutely silly, upsetting the house, and everything? Don't you think I have sense enough to worry about my motives for saying the prayer? That's exactly what's bothering me so. Just because I'm choosy about what I want -- in this case,

enlightenment, or peace, instead of money or prestige or fame or any of those things -- doesn't mean I'm not as egotistical and self-seeking as everybody else.

If anything, I'm more so! I don't need the famous Zachary Glass to tell me that!" Here there was a marked break in her voice, and she began to be very attentive to [p150] Bloomberg again. Tears, presumably, were imminent, if not already on the way.

――――――
たとえ同じ... (続きを読む)
by karla 2018/10/20 18:47:50 from web 返信

karlalou002
返信先karla 参照:
She tells Lane that she is sick of the phoniness at school and of the egotism of the faculty
(From: https://www.sparknotes.com/lit/franny/summary/)

ego
1.自我、我;《哲》自我、《精神分析》エゴ
2.自尊心、自負;うぬぼれ〔1986年版プログレ英和では《口語》としていたのが今はない〕

egoism 利己主義、自己中心、身勝手(⇔ altruism);うぬぼれ
倫理、哲学などで専門用語としても用いられる。一般的には、egotism と同義にされる。

egotism 自己中心癖? I, my, me を多用して自己を語り過ぎること
自己顕示性を強調するもの

(主に、1986年版プログレ英和を参照)
by karla 2018/10/16 20:13:17 from web 返信

karlalou002
返信先karla 言い切れない間というのは、「もしかしたら」と多大な期待もかけてしまうというもので、気になって読み通すことになってしまった。

いたって当然のごとく、”フラニー”の問題を(母親にせっつかれて)ズーイが渋々、手探り状態で解決するという物語でした。

どこだったか、ウィキペディアあたりに、心理学らへんの専門用語を駆使した大仰な解説があったように思ったけど、再度、探し出せない。気のせいだったのかもしれない。

「自我」というときに「自意識過剰」と関連があるのか、そのへんを私は知らない。
思春期の問題らしいけど、私の感覚ではほんの一部、5%くらいの子じゃないかと思うんだけど、人の文句ばっかり言ってる子のこと。

でも、見かけしか見れない人の問題でもあると思うんですよね。口に出して言わないようになれば解決しているのか?

ネットに氾濫する問題児が、しっかり最後まで読んで、作者の意図を正しく理解したら、その分だけ、世の中がよくなる。
by karla 2018/10/15 11:53:05 from web 返信 karlalou002

karlalou002
返信先karla [p169] All I am is against why and how and where you're using it.(...) Worse than that, though, I can't see -- I swear to God I can't -- how you can pray to a Jesus you don't even understand. (...) There'd be some excuse for it if you were either a very simple person, like the pilgrim, or a very goddam desperate person -- but you're not simple, buddy, and you're not that dammed desperate." (...)

If you're going to say the Jesus Prayer, at least say it to Jesus, and not to St. Francis and Seymour and Heidi's grandfather all wrapped up in one. Keep him in mind if you say it, and him only, and him as he was and not as you'd like him to have been. You don't face any facts.

 This same [p170] damned attitude of not facing facts is what got you into this messy state of mind in the first place, and it can't p... (続きを読む)
by karla 2018/10/14 13:08:12 from web 返信

[emoji:833]

karlaの読書メモ