nagaichi

昭和元禄落語心中

これは凄いというか、出来すぎていて痛いというか。
仕事にのめり込む優男と豪放磊落なちゃらんぽん男と男に依存してしまう女という「心中」構造が古いんだけど、
そこが昭和で元禄なリアリティなわけで、山寺宏一という役者の演技があいまって、しんみりと切々と胸を打つわけですよ。もう。

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
nagaichi id:nagaichi
書いた日数: 363はてなハイク市民 (金)
豫州松山の人、号は枕流亭亭主。1973年9月生♂、おとめ座B型の中国史好き。

表示内容を選択