nekoana

nekoana ドアのブ

[著作権について思うこと]

著作権法は「剽窃した者を罰する」ことが その主な目的ではなく
「著作権者を守る」 ためにあるものなのよ ということを
もう義務教育のうちから教わっても、早くないと思う
おんなじことのようで、大きく違うよ?
そのくらいから始めたほうが絶対いいって

昨今、怖いなと思ってるのは
海賊版、無許可で模倣を作る/売る/買う、それらをオリジナルと騙る。。。という 「著作権を侵害する行為」は当然無くさねばならんことだけど
著作者でも著作者に認められた共同権利者でもない、無関係の者(多くは野次馬)が
当事者同士で解決すべき案件に勝手に 「犯罪者」を見つけ出そうとすること、
例えば「まとめサイト」なんかを作って おおごとにしてしまうことです
こんな「著作権の拡大解釈行為」みたいなものが、すごく怖いです
(自分も過去、嫌な思いをしていまして...)
いわば魔女狩りみたいな「見てみて、この絵とこの絵似てる!パクリだ!広めろ!」みたいな、話題と熱狂だけが先行して 晒し・つるし上げ行為になるのを防ぐために、
「著作権違反は親告罪」
というのも決められていて
twitterだって 「著作権者ではない、第三者からの「著作権違反」という名目での通報」は出来なくなっているのです
(殺害予告、暴言などの暴力行為、犯罪を奨励助長する内容などは、誰でも通告できます)
それ、もっと周知されないとねえ...学校で習ってもイイよね..?と思うんだ

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
ドアのブ id:nekoana
書いた日数: 3,462はてなハイク市民 (プラチナ)
連続: 6(から)
ドアノブです。らくがきとドット絵などが好きです

表示内容を選択