かぐや姫

"かぐや姫" でひとこと

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

dowakan

かぐや姫

「かぐや姫」を読んでいただきありがとうございました。

「かぐや姫」の物語が、なぜ書かれたのか?
下記の本を読んでいただきたいと思います。

斎木雲州著「古事記の編集室」

https://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4901596098/ref=sr_1_6_olp?s=books&ie=UTF8&qid=1517532788&sr=1-6&keywords=%E6%96%8E%E6%9C%A8+%E9%9B%B2%E5%B7%9E
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 133  帝、不死の薬を高い山で焼く

帝の命令で、おおぜいの兵士を引き連れて山に登ったことから、この山を「士に富む山」(不死の薬の山)、「富士山」と、いうようになりました。

そして、帝がかぐや姫からもらった不死の壺を焼く煙は、今も雲の中に立ちのぼっているそうです。

       おわり
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 132  帝、不死の薬を高い山で焼く

勅使の調(つき)の岩笠を呼び、駿河の国にある山の頂きに、壺と手紙を持っていくように、命令しました。
帝は、その山頂ですることを、勅使に教えました。
不死の薬の壺と手紙を並べて、火をつけ燃やすようにと、命令したのです。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 131  帝、不死の薬を高い山で焼く

帝が、歌を詠みました。

  あふこともなみだにうかぶ我が身には
  死なむ薬も何にかはせむ

かぐや姫からもらった不死の薬の壺に手紙をつけて、御使に渡しました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 130  帝、不死の薬を高い山で焼く

帝は、かぐや姫の手紙をみて、悲しみのあまり何も口にしなくなりました。

「天に一番高い山は、どの山じゃ」
帝は、大臣たちに聞きました。
すると、ある人が、
「駿河の国にある山が、都にも近く、天にも近いといわれています」と答えました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 129  帝、不死の薬を高い山で焼く

中将は、翁の家に派遣された二千人を引き連れ、御殿に帰りました。そして、月の都の人たちと戦ったが、かぐや姫をひきとめることができなかったとを、帝に報告しました。
そして、不死の薬が入っている壺と、かぐや姫の手紙を、帝に渡しました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 128  帝、不死の薬を高い山で焼く

すると、おじいさんが、「これから何をするために、命を大切にしなくてはならないのだ。誰のために、命を大切にするのだ」といって、薬も飲みません。
おじいさんは体が弱ってしまい、ずっと寝室で横になっています。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 127  帝、不死の薬を高い山で焼く

かぐや姫が、月に帰ってしまった後、おじいさんとおばあさんは、毎日泣いています。  
二人がどんなに泣いても、かぐや姫が月から帰ってくるわけではありません。

二人のことを心配した人たちは、かぐや姫が残した手紙を読んで聞かせました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 126  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

すると、ふしぎなことに、悲しい気持やなごりおしい気持が、かぐや姫の心からすっと消えてしまいました。

姫は、月の車に乗り、百人ほどの天人と一緒に、月の世界へ帰って行きました。
帝の兵士・二千人とおじいさん・おばあさん・使用人たちが、かぐや姫を見送りました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 125  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

   今はとて天の羽衣着るをりぞ
   君をあはれと思ひいでける

かぐや姫は歌をつけ、帝への手紙に、壺に入った不老の薬を添えました。
そして、帝に献上するようにと、頭中将を呼び依頼しました。
中将が、壺を受け取ったので、天人がかぐや姫に天の羽衣を着せました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 124  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

「このように、おおぜいの兵士を、派遣していただきありがとうございました。みんなで、月からの迎えをとめていただきましたが、月から迎えがきて、これから月に帰ります。くやしくそして悲しいです。帝のおそばにお仕えできなかったのも、私が月の国の人だったからです。命令に従わない無礼なやつめと思われているのが、ほんとうに残念です」
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 123  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

「ちょっと待ってください。天の羽衣を着ると、心が変わってしまいます。ひとこといっておかなくてはならないことがあります」

「姫、早くしなさい」といって、天人たちがいらいらして待っています。
姫は、帝に手紙を書きました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 122  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

「さあ、姫。壺に入っている薬を飲みなさい。穢れた地上の物をたくさん食べたから、気分が悪いことでしょう」と、薬を持ち、姫のそばに寄りました。

姫は、その薬を少しなめ、少しだけ薬を形見として残しておこうと思いました。
姫が、薬を形見の着物に包もうとすると、天人がとめました。
そして、天の羽衣を取り出し、無理やり姫に着せようとしました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 121  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

月がでた夜は、月をながめてくださいね。大切に育てていただいたのに、このような形で、月に帰って行くのは、心苦しく思います。空から落ちてしまいそうな、そんな気持です」

天人が持っている箱の中には、天の羽衣が入っています。
また別の箱には、不死の薬が入っていました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 120  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

「じい、手紙を書いて、お別れします。私を思い出した時には、手紙を読んでくださいね」といって、姫は泣きながら、おじいさんに手紙を書きました。

「私が、人間の国に生まれていたならば、二人といつまでも一緒に暮らせたでしょう。ほんとうに残念です。私が着ていた着物を、形見に置いていくのでみてください。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 119  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

「なぜ見送りをしなくてはならないのだ。悲しくて、見送りなどできない。なぜじいを捨てて、月へ帰ってしまうのか。じいも一緒に連れていっておくれ」
おじいさんが泣いている姿をみて、かぐや姫はとほうにくれました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 118  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

姫を閉じこめてあった塗籠の戸も、自然に開いてしまいました。
おばあさんは、抱いていたかぐや姫が、籠の外へ出てしまったので、泣いています。

かぐや姫は、泣き伏しているおじいさんのそばに寄り「心ならずも、月へ帰らなくてはなりません。じい、私が月へ帰るのを見送ってください」といいました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 117  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

「かぐや姫を大切に育て、二十余年がすぎました。わずかな時間と聞き、疑わしく思います。別の所に、かぐや姫という人がいるのではありませんか。ここにいるかぐや姫は、重い病気にかかっているので、外には出られません」

屋根の上に、かぐや姫が乗る車を寄せると、
天人がいいました。
「さあ、かぐや姫。こんな穢れた所に、なぜ
長い間いるのですか。出てきなさい」と。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 116  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

月の王が、おじいさんに、
「おまえは、未熟者だ。おまえが、つつましく真面目に生きていたので、わずかな期間だけと思い、姫を下界におろしたのじゃ。おまえは、竹からたくさんの黄金を得て、大金持ちになった。

姫は、月の都で罪をおかしたので、賤しいおまえの所に住むようになったのじゃ。姫の罪の償いの期間が終わったので、姫を迎えにきた。おまえは、泣き悲しんでいるが、今更どうすることもできない。早く姫をだしなさい」といいました。
dowakan

かぐや姫

かぐや姫 115  帝、かぐや姫の昇天を確かめる

かぐや姫が乗っていく車が、一台用意してあり、薄絹をはった天蓋がさしかけてありました。
その中にいた王が、「翁、でてこい」と、いいました。

猛々しく構えていたおじいさんは、その声を聞くと、何かに酔ったようになり、うつぶせに伏してしまいました。
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択