ふと思い出したこと

"ふと思い出したこと" でひとこと

23 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

nojapannolife

ふと思い出したこと

巨漢の弟が結婚する前、会社の年末社内販売?で「鮭1匹」と買って帰ったことがあったよ。お母さんにはシャケを捕まえてきたクマに見えたそうな。
LiveinTokyo

ふと思い出したこと

返信先びく
1999年から使っててずっとログインしたままだけどもう10年以上誰もメッセージ送ってこないね。
IDは 429211691 です。
f:id:LiveinTokyo:20181213171247j:image f:id:LiveinTokyo:20181213170824j:image
bic

ふと思い出したこと

返信先うじゅ吉
それです! モヤモヤがスッキリしました。 ありがとうございます!
ujuki
bic

ふと思い出したこと

あのサービスなんて名前だっけ、あの緑色の花のアイコンで、花びらが1枚赤いやつ、チャットとかそんなんだっけ?
riverwom

ふと思い出したこと

明日は朝一から、前から決まってた休日出勤なのである。
nojapannolife

ふと思い出したこと

霜降り明星はユリアンレトリーバーが公開告白していた人かあ。
見る目あったんだなあ!
riverwom

ふと思い出したこと

バニーさんのカピバラの写真を見ていて「伝染るんです。」の山崎先生の凛々しい目を思い出したんだけど、平成元年の冬頃って「さいとうさん」って呼ぶだけでカブトムシの斎藤さんを連想して、真面目なシチュエーションでは斉藤さんの呼びにくい雰囲気が、超ローカルな範囲であったなあ。
hide-psy

ふと思い出したこと

早坂好恵!>(´∀`∩
hide-psy

ふと思い出したこと

返信先をん
無粋かと思いましたがぼんやりした記憶(最終回だけ聴いた)を明らかにしたくて。。
「こんばんは。『中島みゆき』です」でしたー
riverwom

ふと思い出したこと

中島みゆきのオールナイトニッポンの最終回の最後で「私はこれから『音楽』に走ります」みたいなことをおっしゃったのだけど、最後の最後でキリっとした声で「はじめまして。『中島みゆき』です」って言って終わったんですよ。あれはちょっとぞくっとなったなあ。(記憶が捏造されていて、そんなこと言ってなかったりしたらびっくりだけど。)
おとついの id:hide-psy さんのこのエントリーを読んで思いだしたんだと思うけども。
riverwom

ふと思い出したこと

野口五郎が「私鉄沿線」とうたってたけども、小学生までいた地元は国鉄しか走ってなくて、そのニュアンスがまるでピンとこなかったですね。
kununurra844

ふと思い出したこと

11月の始めくらいだったかな?
大家の都合で今のアパート解体するので、それまでに新しく住むところ探さなきゃいけなくなり、しょうがないけど、でも嫌だそんなのー、引っ越し面倒ー。って夢を見たんだけど、あれってハイク終了の予知夢だった気がしなくもないな、って今思い出した。
nojapannolife

ふと思い出したこと

一時帰国から中国に戻った私が「名古屋駅でモリゾーにあったよ」と友達に言ったら(今日のような状況で)、友達は「幻想を見た」と思って心配したらしい。
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nojapannolife/20181117/20181117100703.jpg
a-cup-of-snow

ふと思い出したこと

本のプレゼントで思い出した
子供の頃、実学年と同じ学年がタイトルになっている本を母がプレゼントしてくれていた
覚えているのは「ミス3年2組の誕生会」と「4年3組の旗」だけど、5年、6年でも買ってもらったと思う
割と最近まで5年、6年のタイトルも覚えていたと思ったんだけどなぁ
you_cats0712

ふと思い出したこと

返信先you_cats0712
「銀河鉄道の夜」も大人になってから読もうと思って文庫本を買ったのに、途中まで読んで放り出していたら母がそれを読んで、すごく面白いと言っていた。
いろんな星座が出てくるけれど、それがみんな実際の星座のとおりに現れるとか何とか言ってたな。
あの本、どこに行っちゃったのかしら。
you_cats0712

ふと思い出したこと

宮沢賢治で思い出した。
確か小学校3年生の誕生日に、弟も私も母から誕生日プレゼントに本をもらった。(弟と私は誕生月が同じなので同時にもらった)
その時の本が、弟は宮沢賢治童話集、私は森鴎外作品集だった。森鴎外の方は子供向けに平易に書き直したやつとかじゃなく、仮名遣いこそ現代仮名遣いになっていたけれど本文はオリジナルのまま。全部は憶えてないけれど「山椒大夫」「ぢいさんばあさん」「護持院原の敵討」があったのは憶えている。子供には少し難しかったかもしれないが「山椒大夫」はなにしろ地元(?)の話だしとっつきやすかったのかな。
それ以来、鴎外の作品には親しんで、少なくとも小説はすべて読んでいる。翻訳小説や史伝も。
逆に、宮沢賢治の方は弟の本を借りて読んだとは思うが、それ以上親しむことがなかったのは、それこそ「縁」というものなのかな。
PlumAdmin

ふと思い出したこと

大根おろし、たくさん食べると、強烈に胃もたれするんだったわ。
鬼おろしを手に入れて喜び勇んでおろしたっぷりの食事をして思い出したわ。思い知ったわ。たしか、加熱すればもたれないんで、鬼おろしは無駄にはしません。
ion248

ふと思い出したこと

小学校低学年のときに近所のせんべい工場(栗山米菓)へ社会科見学に行って、帰りに無料でせんべいをもらったことにいたく感激して、感想文にそれだけを延々と書いていた気がする。見学の本体はどこへ行った。
riverwom

ふと思い出したこと

イスラエル人の友人が、イスラエル語教室のバイトをしたんだけど、教室では講師の先生の指示で、指示されたことばを発音する以外には何もしてはいけなくって、楽といえば楽ではあるけれどもなんともやりきれない気持ちになると言っていたなあ。(何かのエントリーを受けてではなく、ふと思い出した学生時代の記憶。)
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択