プレバト!!

"プレバト!!" でひとこと

3 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

yamodoki

プレバト!!

「夜半の冬」ってええ季語やねいと思って歳時記みたら、季節それぞれに「夜半の春」とかあるわけよ。これがー! こいつがー! 俳人のこだわりってやつか! と思た件。夜半は季節ごとに違うというわけかYO。そして「冬の夜半」ではなく、あるいは「冬の夜」とも違い、という。
a-cup-of-snow

プレバト!!

「みんみん」っていうのは松山の言葉なのかしら
雪の窓と、窓の雪の心象の違い
村上ポンチ君
ペロちゃんは幸せなわんこだと思います
a-cup-of-snow

プレバト!!

月冴ゆや だと、季語の冴ゆに“や”が付いているから、“冴ゆ”の皮膚感覚が際立つ
冴ゆる月は、“月”に焦点が当たるので、映像が前に出て来る
a-cup-of-snow

プレバト!!

篠田さんの句
5時間待ちを雪晴れにくっつけて、雪晴れの嬉しさを
雪晴れとテイクオフをくっつけて、鮮やかに
yamodoki

プレバト!!

パックンキタ
a-cup-of-snow

プレバト!!

過去の句を探したいのだけれど、どうしたらいいのでしょう
公式サイトに残っていたらいいのになぁ
a-cup-of-snow

プレバト!!

返信先雪杯×すのう!
千賀さん、すごいなー、すごいなー
あれは、もう発想力とか言葉のセンス以上に、自制心の賜物だと思う
すごいなぁぁぁ
a-cup-of-snow

プレバト!!

返信先雪杯×すのう!
十七音中の十六文字までは平易な言葉なんだよなぁ
最後の最後に、びしっとした一語を持ってくるとか、すごいなぁ!
a-cup-of-snow

プレバト!!

季語:雪の声の正確な意味、くら谷、春永

映像のない時候の季語には物

季語ではない名詞をやで上五にすると、残りとのバランスが難しい

千賀さん、すっごいなぁ!
「発想を飛ばしても、それを映像に残す」
映像を一語一語使って変化させることで、発想の飛躍を丹念に追っていて、最終的の句の言葉や、読んだ人の頭の中ではなくて、ちゃんと句の中の映像として表されていて、すごーい
言葉選びがいいんだなぁ
この一言で人が何を想像するかがわかっていて、力技じゃなくて読み手を導くかんじ
繊細な人なんだねぇ
yamodoki

プレバト!!

うわーよこおーどうしたんやよこおー
yamodoki

プレバト!!

それでもなお石田はやりたいこと貫いたらええYO
yamodoki

プレバト!!

んなーんや窪田正孝はやらんのかー
yamodoki

プレバト!!

スタジオ中で「んなーるほどー!」て言うのがおっかしくて笑う。
a-cup-of-snow

プレバト!!

わかっててやらないのは、「今にしてみれば、わかる」のであって、その時には判断がつかないんだよ〜
手遅れにならないと、切実に気がつかないんだよ〜
推敲の時に、もっと追い込まないとダメってことかぁ
a-cup-of-snow

プレバト!!

浜ちゃん、すごいなー
a-cup-of-snow

プレバト!!

岩永さんの次回作にご期待ください
a-cup-of-snow

プレバト!!

華やか が 雪 と響く
ほぇ〜…
すごいなぁ
yamodoki

プレバト!!

「が」と「は」の使い分けって、わりと明解に判断できるときと、どっちとも見分けがつかないときと、全く納得できないときがある。これは俳句に限ったことでなく日本語全般で言えること。日本語話者でない人が日本語を学習するにあたっても難しいところだし説明する方も難しいと聞いたことがある。日本語を母語として育ってるとなーんとなくこれはこっちやなって判断できるようになっていくけどもその根拠を全て説明できる人は多くないだろう。
わしは多分「が」が好きなんやな。これは俳句向きではない嗜好のように思う。
yamodoki

プレバト!!

社長はまああんなもんやろ安心した
yamodoki

プレバト!!

わしはもう横尾先生と呼ぼうと思う。そのうち横尾先輩と言い始めるであろう…
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択