今日の夢

"今日の夢" でひとこと

109 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

taddy_frog

今日の夢

スパイク付きのキャタピラの戦車が、
山に登るテストをしていて、
キャタピラの代わりに脚が生えた戦車の開発が決まる。
matcha_shiratama

今日の夢

24時間テレビに宝塚が出てきて全く違う趣旨の番組になってたり、堺正章が2回目の?100kmマラソンしたりライブしたりと盛りだくさんでした。
jerich

今日の夢

返信先イェリク
7/19の夢
※やや悪夢※
①見知らぬホームセンター?に行く。ほとんど照明が点いていなくて暗いけれど変だとは思わない。しばらくペットコーナーをうろうろし、冷やかしているだけっぽかったのに、私は急に「白いポメラニアン下さい」と店員に言う。おばちゃん店員は店の一角にバリケンに入れて積まれていた2~3頭の中から「えーっと…」という感じでポメラニアンを探すけれど、そこはショーケースに展示する前の慣らし段階の仔犬が居るようだったので(入荷したばかり)、「(ショーケースに居た仔犬を?)予約してたんです」などど説明する。どうやら予約したのは母で、すごく若いのか何だか別人のような母が私の近くに来てようやくどの仔犬の事か伝わったらしい。私は母より大きいので多分子供ではない。
その後、母ではなく見知らぬ30代位の父とまた店内を見ていて(仔犬は連れていない)、父はガラスケースの上に平置きされた何かが気に入り、私に買っておくようにと言ってトイレに?行ってしまう。
平置きされていた物は幾つかあり、最初私はこれだったっけ?と革のキーホルダーを手に取るけれど(何故かその全然犬モチーフではないキーホルダーも犬用のグッズだと思った)、裏返して値札シールを見ると¥40,000位の値段で、そんな大金渡されていないので違うんだなと思う。そしてその隣の、水色の?立体的なハーネスだったと思って手に取るけれど、こちらは腋の下にかかるナイロンテープの角度が痛そうで(実際には無いデザイン)、先代の愛犬なら嫌がったと思うので父にそう言おうと思う。でも父親は元ヤンキーなのか機嫌を損ねないうちに言えるか、納得してもらえるか不安になる。ここでは私は子供だったかも知れない。

②物件ファンで?珊瑚礁の綺麗な海がすぐ近くにある団地を見る。東大和市らしい。津波が来たらどうするつもりだろうと思う。

③そこがおばけ屋敷になり?傍観していると、敷地内にセダ... (続きを読む)
jerich

今日の夢

返信先イェリク
7/17の夢
面接をしたらしい会社で筆記試験をすることになる。行ってみると、だいぶ高齢の灰色の髪の女性と私、どちらを採用するか決めかねて試験をする事になったらしい。

何故か私は長テーブル?に着席してからスーツに着替え始め、上は着替えたけれど下は無理だと気付き、ちぐはぐの格好で居る事になる。元々の服装が実際持っていないし普段着にもしないようなかなりフォーマルな物で、黒と紺の色の違いが気になる。半分だけ着替えない方がまだましだったかも知れない。

あれよあれよという間に人が増えていき、結局面接した全員(5人位?)が揃ったっぽいので、1次面接で2人だけ残れたのでは無かったのでがっかりする。ここでは何故か学校の体育館の舞台のような場所に居る。

試験が始まり、ふと壁の時計を見るともう13:20位だったので、1番後に来た若い男性(会社にしてみたら本命だろうと思われる雰囲気)は13:00から試験だったのに遅刻しただろう、と思う。

ペンの出が悪かったらしく?私は本名フルネームを「山田 イェリク」と書いたつもりなのに(勿論仮名)「 田 イェリク」のように掠れてしまう。そのせいで減点されるかもと思い、幸い名前欄の下はもう1人分書けるようになっていたので(イミフ)もう1度書くけれど、やはり「 田 イェリク」になってしまい、しまった見苦しくなっただけだ、と思う。



若い男性と私は不採用だろうな~。わざわざ祝日に試験受けたのに!(知らんがな)
jerich

今日の夢

返信先イェリク
7/15の夢
皇族の方々と食事会。
その割には質素な木造旅館の2階のような場所で、窓がありおそらく景色は良い(見えなかったけれど)。
悠仁さまが小学校に上がるか上がらないか位の年齢で、さらに小さい女の子とか子供がそこそこ居るイメージ。私も子供なので無邪気に、でもやはりみんな行儀が良い感じで上座の座布団?の方へ歩いて行く。大人達は多分入口の方で子供達に好きにさせている。
ふと我に返り、私は皇族とは釣り合わなかった筈!と思うけれど、そう言えば私はLでヴァイオリンが弾けるし?やっぱり釣り合うから大丈夫だと思う。



木造旅館の2階みたいな建物を物件ファンで見た。窓だけは洋風の格子窓だった気がするけれど、それは7/14の○→△→□を繰り返すの影響。そこからの雰囲気で皇族に繋がった?
Lがヴァイオリン弾いてるとこなんて見た事ないけど(私も弾けないし)、私の中では弾けさえすれば貴族階級なのか…。
kotorinootegami

今日の夢

座っていたこどもが急に立ち上がり、後ろに立っていた私の顎に頭突きする(わざとじゃない、こどもあるある)(犬でもよくある)。人に見られていたのが恥ずかしくて「ねえアゴ割れてない?セクシーになってない?」と近くの人に聞いたら「あーなってるねーケツアゴ……」とワイワイされる。ワイワイしてたのは映画オフのハイカーさんと古田新太でなんだか楽しそうだった。
jerich

今日の夢

返信先イェリク
7/13の夢
①浴室の天井に実物とは違う通気孔や何かの小さい丸い蓋のようなものが3つ位あり、それが天井裏からこじ開けられたようになっている事に気付き、警察を呼んで見てもらおうかと考える。

1度目が覚める。

②誰かから何かを受け取り、「いただきまーす」と言ってかじったらゴリッと言うかなり大きな音と衝撃があり、前歯が欠けた!と驚いて起きる。



①気付いた後もモタモタしていて、誰かの侵入?を許してしまったとしか思えない。
②受け取ったと言うか、私と誰かもう1人で、他の1人から半ば無理矢理貰った気もする。
寝ぼけていて実際に歯ぎしりをしていたかは不明。歯は無事。
起きた時にあまりに暑くてジュースを飲む事にしたけれどアルミキャップが固く、前歯ではなく小臼歯で開けて、歳食って歯が脆くなっているのにようやるわと自分で呆れたからかと。
jerich

今日の夢

返信先イェリク
7/12の夢
夕方一瞬寝ていた時の夢。

見知らぬ広い室内を左右に分ける間仕切りのように、焦茶の木製の鉢台のような、低くて細長いオープン棚があり、棚の上に何かが載せてあるので、棚の左側を通り過ぎる時によく見てみると、キレイキレイとかの詰替用のパウチが寝かせて並べられている。



夢のない夢を見るなよ。
でもこういう夢こそ、いつかデジャ・ヴュに繋がりそう。
neguran0

今日の夢

Eテレらしき講師の多いテレビ番組。
・ゲストにヒャダインがいて、進行役らしき篠原ともえが以前ヒャダインに提供された歌(ないと思う)を本人の前で披露することに。
 フラッシュモブ的に出演の高校生達十人くらいも一緒に踊る。
・皇族だか王族だかを研究する女性学者による風習の紹介。英国の王に連なる姫君が嫁ぐ相手の母の健康を祈って桃?の花の芯?を捉えて贈るのだという。日本のある地方の山間に行列を伴い姫がいらっしゃる。ご近所の方々が普段着で見物している。私たちは番組の協力で登山のこしらえをして林の中を進んでいく。林の合間、刈り入れを済ませた田のようなところが日を浴びて黄金色でそこに姫が踏み込む。風が吹き紫がかった濃いピンクの小さい花が満天に降り注ぐ。めちゃくちゃすごいたくさん。手を伸ばした姫が無事目的の品を捉えた模様。
・眼鏡をかけた男性、理系らしい講師登場。この林の合間の土地は風の巡りか何だかで独特の空気の圧だかを保っており、それを知るために我々は林に登ったらしいよ。風船の中のように空気があるため、ここに一点から空気を吹き込むことでなんか爆発的に起こるとか。なんかそんなお話だったような辺りでどうもこれは夢だと。
tama2015

今日の夢

たぶん部活の合宿っぽい設定で泊まった旅館の夕食がしゃぶしゃぶバイキングなのだけど、具材の多彩すぎて何百メートルも歩くはめになる夢。先の見えない具材の道を進んだ最終地点に肉類があって、なんだかなと夢の中で妙に納得した記憶がやけに鮮明。ちなみに具材を選ぶまでに一時間半かかって、寝起きの感想はなんか疲れたでした\(^q^)/
matcha_shiratama

今日の夢

ドクロの指輪で求婚されてました。ロックやね!
jerich

今日の夢

返信先イェリク
7/10の夢
はいさいFESTAのような人でいっぱいの場所が、私の学校の文化祭会場で、私は誰か社会人になってからの友人達と歩いている。
すると私の好きなバンドの曲が聴こえてきて、見上げると高いテラス?から見下ろすようにしてライブをやっていたので、友達に「ごめん私これが終わるまでここにいる」などと言う。
CDに入っている曲だったので一緒に歌詞を口パクし、いつの間にかボーカルの真横に居る(私の左にボーカル)。するとボーカルに「ごめん私知り合いが見てると歌えない、親きょうだいも観に来る時はこっそり観てる」と言われてしまい、がっかりして離れるけれど、私のせいでボーカルは変に緊張してしまったらしく次の曲は途切れ途切れになってしまう。



何だか友人にもバンドにも迷惑をかけている…。
私達はまだ在校生だったみたいだけれど(バンドメンバーの年齢は不明、多分今のまま?)、友達は小中高時代の誰かではなかった筈。
jerich

今日の夢

返信先イェリク
7/9の夢
私と見知らぬ数人の仲間は、一般人よりやや小柄な、海洋に棲息する人類。

人間が仲間のリーダー格の?若い男性を捕まえようとするけれど、男性は鬼ごっこでもするように身軽に小さな木製手漕ぎボートの船尾から船首へ、回転するように海中をくぐって(水の中では船の底に足を着けたまま上下逆さまになって易々と走っていた)また船尾へと現れ敵を翻弄している。そのボートの近くにもう1艚船があった気がする。

私は少し離れた海上?から見ていたので多分安全。



寝る前に311の漫画を読んでいて、瓦礫の中で食料を探すけれどメカブばかり…と言う描写があったので海を連想したらしい。前日好きな寿司にハイクしたし。私海産物あまり好まないのにな…。
多分ボートは右を向いていてリーダーは時計回りに走っていたと思う。
海は多分紺碧で、リーダーは多分緑の服ではないのでピーターパンではないと思う。
jerich

今日の夢

返信先イェリク
7/8の夢
道順を覚える程に何度も、都心の方の見知らぬ3駅?の間を往復する。
駅間距離は私が住んでいる郊外のようにそこそこ広く、真ん中?の駅では高架の連絡通路からホームに下りると片方のホームがずっと遠くまで伸びて道になっている。それなのに階段を下りている時、急に頭が混乱して方角が分からなくなり、どちらに進めばいいのか途方に暮れる。そうか、ホームの長い方でいいんだ…と歩き出すけれど逆方向に思えて仕方ない。

そこが目的地だったのか別の夢か、見知らぬ白いフェンスで囲われた場所で複数の中~大型犬の世話をする。1番奥のプレハブ?の前に性格の悪いフォーンのグレートデーンが居て、プレハブ前の80cm位の囲いから出ないようにと言ったのにすぐ跨ぎ越えるので、黒くて細いショーリードでフェンスに繋ぐけれど、それでもこれ見よがしに越えてしまう。何かもっと言い聞かせたいけれど、そう言えば入口の扉を閉めた記憶が無く、他の犬達が脱走してしまったかも知れないと思う。

犬の囲いに居たのか別の夢か、犬を沢山飼っている友人が今度結婚するそうで、結婚式の写真を撮りに来いという話の流れかと思い、撮るよー、と言うと、何だかニヤニヤして理由を当ててみろと言ってくる。どうやら結婚式はもう終わっていたらしい。だったら何でわざわざ話題にしたんだろうと思う。



改札が無いようなので、電車内に料金箱があるのだろうか(夢にツッコミ入れても仕方ないのに)。
性格が悪いフォーンのグレートデーンは別の知人の犬かも。ショーリードは私が持っていたものだと思う。
友人は他県に転居したので結婚式には呼ばれていない。
kinmokusei1113

今日の夢

こんな時間に昨夜見た夢を…
寝る前に去年の夏のサークル合宿でのとある出来事を思い返していて「もしかして、あの後輩カップルが付き合い始めたのはあれがきっかけだったのか!?」と一年越しに点と点が繋がったのが影響したと思われる夢です。

夢の中で私は同期♀(仮名:リンダ)とカップルの片割れ(仮名:椎名)とサークル会議の合間に話していた。私は椎名に「そういえばジャック(仮名)と付き合い始めたのって夏合宿のあの出来事がきっかけなの?」と問いかけた。すると椎名は恥ずかしそうに頷いた。と、その瞬間ジャックと仲がいい後輩男子(仮名:ラスカル)がやってきて「でも最初にアプローチしてのはジャックの方だよな!?」と横はいり。私はリンダと一緒に「おいおい、まじかよジャック!」とジャックに呼びかけた。普段はつかみどころのない態度なジャックが珍しく素直に照れていた。

私の夢にしてはシチュエーションに現実味があり、起きた後「あれ、私ホントに椎名やリンダとこんな会話したのでは…?」と混乱しました_(:3 」∠)_
junshoku-159

今日の夢

午睡中。「脳外科呼んでくれーっ!」と叫ぶ猛烈な頭痛の発作の夢を見ていた。
tokoharukun

今日の夢

草刈り機の音が異様にうるさい夢

うるさいと思って目覚めたら、草刈り機の音ではなく、族が前の道を通り過ぎて行った音だった。
tokoharukun

今日の夢

若い頃に恋人を亡くし、
その後、加齢による症状で悩まされ続ける平安時代の女房になっている自分、の夢。

昨夜、「建礼門院右京大夫集」を読みながら寝たからか?
(文庫本より多少字が大きいから、まいいか、と思って。今日、目が変。。。)

jerich

今日の夢

返信先イェリク
7/4の夢
※閲覧注意※
①左を向いて横になった姿勢で物音に目を覚ますと、菓子折の箱の上をGが歩いている。

その後うつらうつらして、ふと目が覚めたのが2度。

②火が何かに燃え移る。ちょっと考えたら分かる事なのに…。と自分の馬鹿さに腹を立てて目が覚める。

③かなり長い麺類を箸でぐーんと持ち上げて、口を開けたらちょうど現実でもぽっと口が小さく開き( ̄o ̄)その音で目が覚める。



舞台は全部自宅。猛暑で眠りが浅かったらしい。
①実際はそんな場所に箱は置いていない。ちんすこうの箱みたいな黄色い箱だった気がする。Gは、やや怪しい物音は聞いたけれど今年はまだ目撃しておらずとても幸せ(去年はGWに飛んだ奴が居て最悪だった)。
②最近タブレットの充電ケーブルがささくれだっている事に気付き、寝ゴザに横になって充電しながらタブレット見ていて寝落ちしたら危ないかもと思ったから。
③空腹だった。
jerich

今日の夢

返信先イェリク
7/2の夢
私は中学生か高校生。遠足の朝の筈が、何かの準備が出来ておらず、 30代位の色白で背の高い男性教師の後について実家の前のような所に行き、それぞれ何か荷物を持って西へと戻る。
私は左腕にそこそこ大きい何かを抱え、歩き出そうとして玄関近くに脚立のようなものが立て掛けられている事に気付き、2度手間になったら教師が可哀想だからと?少々無理をして右腕に脚立?を抱える。
夢だから重くはないけれど、教師が普通に歩道を歩いているのに私はその左側の実在しない塀の上?を歩いていて、塀の幅は私の腰幅程度はあるのだけれど、両手は塞がっているし左から緑の葉いっぱいの木の枝が張り出していたり、歩幅程度もない位ではあるけれど切れ目があったりして怖い。私は荷物のせいか妙に左右にぐらついて何度も落ちそうになる。

その後、見知らぬ田んぼの中の舗装道を普通に歩いていると、見知らぬひょろっとした男子中学生が私を追い抜きざまに荷物の事で何かアドバイスして来て、私は咄嗟に返事が出来なかったけれどなるほどと思う。
男子中学生は紺のブレザーの冬服姿だけれど変だとは思わない。

ほぼ目的地(学校の門の近く?)の辺りで歩道はヘアピンカーブしていて、生徒達?が私達とは反対方向に歩いて行く。その中に以前の会社の同僚(夢では私同様学生らしい)を見付け、向こうが私に気付いていなかったので腕を掴んでまで(荷物はどうした)?引き留めて何か話し掛ける。

その後同僚と幼なじみがごっちゃになり(全然似ていないのに)、幼なじみは不登校なので(実際は違う)遠足は行けません、との伝言を幼なじみのお母さんから預かる。その伝言、教師に伝えにくいなーと思う。



この教師は高校の英語教師?
歩道がヘアピンカーブしていたら普通はショートカットしそうなのに、みんな律儀にぐるっと歩いていた。
幼なじみは6月末、ブログにブレーメンネタを書いたか... (続きを読む)
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択