偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

"偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話" でひとこと

334 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

Mmc

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

返信先Mmc
しかし、チベット人は「妖精」というものがリアルに想像できるだろうか……。そして、モッツアレラチーズを「ムーミンの肉だよ」と出してみたらどうなるだろう。
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/Mmc/20180913/20180913131215.png
Mmc
itochan
Mmc

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

又聞き編。チベット人と埼玉のムーミン公園に行った人の話。
「行くまでは『公園? そんなとこいいですよ、早く蝙蝠洞窟とやらに行きましょうよ』って言ってたのに、いざムーミン公園に着いたら大はしゃぎ」(チベットの聖人は洞窟で修行しがちなので、チベット人は洞窟にロマンを感じるようです)
「で、聞かれたんですよ、『ムーミンって何? 何の動物?』って」

日本語で言えば妖怪なのだが、うーん。そしてムーミンは世界のどこらへんで人気なのか気になる。アメリカとかどうなのだろう。
pictures126

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

街中にて若者たちの会話
男性A「俺Amazonで働いてるんだけど、めっちゃ使えないやつって思われててさ、最近、はしっこにおいてあるでっかい段ボールを移動するぐらいしかしてない」
男性B「めっちゃ雑用じゃん」
男性A「仲いいひといないしさ、つらい。基本的に男性しかいないしガタイのいいひとばっかりだし、むさくるしくてやなんだよね」
その男性自身は細いけど腕の筋肉がたくましいから細マッチョなのかも
trainrock

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

パン屋の入店待ちの列で
後ろに並んだ祖母、母、孫の3世代親子連れ。
孫「○○ちゃん、はやくおいちいパン食べたいなー」
母「そうだねー。○○ちゃんの好きなアンパンマンのパンあるかなー」
祖母「あー、美味しいにおいしてきた!
家帰ったら美味しいパン焼こうっと!
焼きたて食べたい!!」
母「え…じゃあなんで今並んでんの…?」

ちなみに、アンパンマンの顔をした
「クリームパンマン」(商品名)は
ありませんでした。
おばあちゃんに作ってもらってね!
o_ne_i

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

しゃぶしゃぶ食べ放題の順番待ちにて、若い女性二人組が、食べ物にお金を使うことの素晴らしさを熱く語り合っていた。

「物買って後悔するみたいなこのは食べ物では無いからね」
「食べ物っていいよね〜」
「ねー、私たち気が合うね〜」

多幸感溢れる会話で、大変よろしゅうございました。
AntoineDoinel

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

某所にて、若者が携帯料金について話しているのが聞こえ、曰く、SoftbankとY!Mobileとで料金が違いすぎることに腹が立ち、携帯ショップの人に「なんで おんなじ会社やのにこんなに料金違うんですか」と訊いたところ


携帯ショップの人「ユニクロとGUみたいなものだと思っていただければ……」


という答えが返ってきた、とのことでした。
fuyuri19741019

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

歯科の待ち合いにて

次に来れるのはひとつき後だという親子いたけど
むしば
治療する気はあるのか…
poolame

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

書店の詩〜短歌〜俳句〜漢詩の辺りで、二人のマダムが。
「大岡越前、亡くなっちゃったわね」
「そうね……!」
「あたし、あの方大好きだったわ!」
「あたしもよ……」
私もです。多分(加藤剛さんのことならば)。
otane-66

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

「あ〜やだやだ、大嫌いな男のとこに帰らなきゃなんないなんて」
「電気もつけないでテレビ見てると思うわ」
「うちもよ、暗くなっても電気ひとつつけらんないんだから」
「あ〜やだやだ!」
「あっはっは!」

と、二人のおばさまが元気に駅ナカカフェから出て行かれました。
主婦として妻として、まだまだだわと思いました。
today_k2

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

赤の他人というか、来店されたお客様同士のやりとりですが。
私のレジに少年(就学前)とお母さん、隣のレジにスーツの男性がいらっしゃいました。
少年と男性が軽くぶつかってしまったとき、男性が怒られたりしたらどうしようかと少し緊張しましたが、怒るどころか「ごめんね、大丈夫?」と声をかけられていて、いい人でよかった…と勝手に安心しました。
2組が会計を終えられた後、お母さんが袋詰めをしている間、少年はサッカー台に手を滑らせながら行ったり来たりしていました。
途中でまた男性と顔を合わせたときに、男性としていたやり取りが、大変にほっこりしました。
男性「なんさい?」
少年「よんさい!」
男性「ママと買い物、たのしい?」
少年「たのしい!」
もちろんお母さんも気付いてらして、笑ってらっしゃいました。
こういう優しい世界は見てるだけで幸せになります…
kichiza

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

会話じゃないけれど。
偶然見つけてなんかツボった商品。

「幕末の香り」って…
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kichiza/20180806/20180806122929.jpg
AntoineDoinel

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

昨日、某所にて
高校生ぐらいの女の子2人組が、テレビの話でもしていたのか

「EXILE見分けられへんかった、あいつら すぐ髪型変わる!」

などと話してました。
quadratus

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

A 「てゆーかさーこーゆーのなんかやってらんないよねー」
B「だーよーねー」
A 「可及的速やかにおかねがほしいよねー」
B「あーそーねー」

ひらがなトークに突然漢字が混ざった感。
AntoineDoinel

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

昨日、某所にて

小学校低学年くらいの男の子とそのお母さんが一緒にスマホゲームをしている姿を見かけ、微笑ましいなと思っていたところ、うまくいかなかったのか なんなのか (そのゲームをしていない私にはよくわかりませんが)、男の子が「なんか…… やっぱり あかんかも……」みたいなことを言い出しました。すると お母さんが、あんたの言うことは全部お見通し、と言わんばかりに


「 “あかんて言うといたら案外いける” とか、自分の中で そういうの あんねやろ? 知ってんねん、お母さん 」


と、ドヤ口調。「うん……」と (なぜか) 小声で答える男の子。そのやり取りに 思わずちょっと笑いそうになってしまいましたが、聞き耳立ててると思われないよう、我慢しました。
AntoineDoinel

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

先日、某駅構内にて 会社員風の3人組が話していることが聞こえてきたのですが


「ネガティブな意味で “暑い” って言うてるんじゃないねん、“これおいしいね” ぐらいの感じで言ってるから」


と言ってて、たしかにね、と思いました。

誰かが暑いと言うと、それに対し「夏は暑くて当たり前」「いちいち暑い暑い言うな」とか「わかりきったことを言うな」などと反応する人もたまにいますが。しかし実際『暑い』と言う時、それは 言ってもどうにもならないことに対する文句をわざわざ言っているわけではなく、今 まさに 置かれている状況の感想を述べているだけ、という場合が案外あるわけですよ。私もどちらかといえば感想派です。感想を気軽に言いたい派。


ということで、暑いですね。
al_love

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

ココイチにて。
最近のココイチって漫画たくさん置いてあって、後ろの席の親子が

母「ワンピース、何巻まで読んだか覚えときやー。」

息子「うん、5巻まで!」

母「ちゃーんと綺麗にお片づけして、整理整頓してスペース作ったら」

わたし(あ、買ってもらえるんかな?)

母「レンタルで借りてあげるから。10冊ずつくらい。」

わたし(買ってもらえるんやないんかーい!!)

ワンピース全巻やと場所も取るしお金もかかるし、今は何でもレンタルできる便利な世の中やしねー。
(続きを読む)
poolame

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

デパートからお中元を発送してきたマダムざます。
お中元お歳暮のたぐいは同じデパートから送っているので、送り先のデータがあるんです。係の人に「○○様宛ですか?」とか尋ねられて、そうですそうで、これはどこそこへ、こっちはどこそこへ送ってくださいってお願いするシステムです。
今日は隣のブースに正真正銘のマダムがいて、
「あっ、その送り先なんだけど、今(男性の名前)宛になってるでしょう。連名で奥さんの名前を入れてほしいのよ」
と、かようなリクエスト。ここまではふつう。
「かしこまりました」
「なんでかっていうとね、○○って私の息子なんですけれど、海外に長期で出張しているの。だから今家に奥さんしかいないのよ」
「さようでございますか。おk」
「彼女の名前はね、きれいな名前よ〜」
「さようでございますか……」
というわけで、私は縁もゆかりもない方のフルネームを漢字こみで覚えてしまいました。確かにきれいなお名前でした。
AntoineDoinel

偶然聞こえてなんかツボった、赤の他人の会話

昨日、某所にて

「水がカッパにしみこんできて……」

という会話が聞こえてきました。なにしろあれだけの大雨でしたから、カッパとはつまり雨ガッパの話をしてるんだろう、というのは容易にわかることなのですが。

しかし私はなぜか、それをわざわざ脳内で〈河童〉の文字に変換してしまうことを止められず、

( ´-`)。o 0 ( ……河童……河童に水が……河童…… )

と、しばし ひとりでツボってしまいました。
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択