南直哉

"南直哉" でひとこと

1 fan

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

octavarium

南直哉

正しいことというのは当座の話であって、ある一定の条件で成立する正しさに過ぎない。無条件に正しいことなんて世の中にないし、人生に正解なんてものはない。
(南直哉「なぜこんなに生きにくいのか」、P.116)
octavarium

南直哉

自己は他者を根拠に、他社との関係によって成り立つ存在である。
(南直哉「なぜこんなに生きにくいのか」、P.102)
octavarium

南直哉

亡くなった命を価値あるものにするのは、遺された者がどう生きようとするかにかかっている。
(南直哉「なぜこんなに生きにくいのか」、P.146)
sap0220

南直哉

「伝統」と言われるものは、何であれ、所詮、いずれかの時に、誰かが始めたものです。そもそも人間が始めた作り物に、同じ人間が無条件で従わなければならない理由は何もありません。それが必要だったり、好きな人だけ従えばいいのです。「伝統」は、それを守りたい人・守らねばならぬと思う人が守ってきたから、今に伝わったにすぎずません。「伝統それ自体」などというのはただの妄想です。
 「伝統」が尊いのは、いつの時代にもそれが新たな「創造」の糧になるからだと、私は思うのです
(「恐山あれこれ日記」2006/06/10)
umedamochio

南直哉

私は自分の子供に、何でもいいから一つ、生涯好きでいられるものに巡り合ってほしいと思っています。これをやっていれば幸せで、それによって他者との縁が豊かになるもの、それが一つあれば、将来どんなことがあっても生きていけるはずだと思うからです。(「なぜこんなに生きにくいのか」p204-205)
octavarium

南直哉

本来的に人間は、他人を経由しなければ自分を構成できない。
(茂木健一郎・南直哉「人は死ぬから生きられる」、P.155)
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択