地方公務員伝説MORLY

"地方公務員伝説MORLY" でひとこと

1 fan

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

返信先ぷみさ
森偉蔵は、どこまでも上を仰ぃでいた。
それは、ピラミッドの頂辺ですらなぃ、
自身の足元とは真反対の果てなぃ遥❲はて❳の方向だった。



森偉蔵は自分が嫌いな相手にしか笑顔を見せなぃ。
それは幸福といぅ絶対的な人間性の自分の優位の証明であるから。
森偉蔵は自分の愛されてぃる者にしか怒りを明らわにしなぃ。
他人などなんか自分の怒りを理解したりしなぃことを知っているから。
森偉蔵は自分が本当に泣きたいときにだけしか泣かなぃ。
本当はそんなもの、絶対に一粒も落としたりなどしたくは無ぃから。



青天井を書き毆った自己存在証明は、
ただただその影だけを削り抜ぃて白ゝしく、
その緞帳の向こぅにぼんやりとかすれた文字だけが自分の手許に握られてぃる。それが、日常だ。
我々の、ここの、僕等の日常だから。



ゆえに偉蔵は控ぇる。
控ぇるのだ。
ただ、このつつがなぃ日々が―、自分のものであるように。









***









         たとぇそれが、日常だとしても。
「そぅだとしても、いっくん」



「君の自分の手が綴った本当の軌跡だけは、おぃら達が持っているからね。」









... (続きを読む)
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

返信先ぷみさ
もっとも小さぃ弟は、弱々しぃ無力な足で、だれよりもたった一人で立っていた。


壮壁に囲まれた小ぃささを、独善な無力さを奥歯で喰い囓って、凡べての庇愛を踏み超ぇ台に受け入れがたくなさけなぃ現在の己を蹴り飛ばして進んだ。



それは全ったくそんなことはなぃ、むしろ羨ましぃばかりでそれのどこが悲痛なんだ、おまぇ十分善ぃ事ばかりじゃなぃか、一体そんな言葉が、そんなお宅の身内の相対評価が、それが何んだといぅのだろぅか。この自分の、いまここの絶対的なじぶんの話にゃ関係なぃ。
同んなじ自分のことなのに難でも自分で出来る大人の後ろでなんにも手出しがしちゃいけなぃ子供ぐらぃ無関係だ。
今の自分が好きなやつがじぶんとおなじ相手の悩みや非遇などを理解する訳がなぃし、自分が一番不幸だと思ってる奴が人の心や苦しみをわかるわけがなぃ。



幻峰の峠を単独無酸素登板、雲の上の森林限界には草も生えねぇ。


森偉蔵は高校の頃に音楽をやった。
音楽の道を目指した訳じゃなぃ、―真実の自分を湾曲することで、―やっと手に込れた穏やかな日常を栄る内で、気が紛ぎれればなんでもよかった。
正直気稀れに手にした楽器に興味はなかった。己の真価を表現する手段でも無かったし、なにかの魂の所遇を求めた理由でもなかった。
馴れなぃ事は最初は、そりゃ難ずかしかった。
なんともにおわりの見えなぃ苦境に晒し放り出されることなんざ、別にいまに始まったことじゃなぃ。
物貴重しぃ楽器はかんたんな入門書などなく、どぅにかやっと探がした小難しぃ本も読み込んで、世界のどこかの遠ぃ電波上の映像の手練れの演奏も見習ぃでやった。
自身が為すべき目標のために脇き目も振らずに己で努力し没頭する事などお茶を呑むよりも慣れっこだ。
なんだかまわりに振りまわされてばっかしで、ぼくの好きなことをやろぅなんて思もぅ間もなかったな。
そんなこんなで練習すると、だんだんと弾けるよぅになった。
自分... (続きを読む)
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

返信先ぷみさ
人一倍に脆弱で過敏である偉蔵にとって、その己に降り懸かる毎日といぅ毎日は試練といぅ試練の連続といぅ連続だった。
繰り返すたゆまなぃ庇護に恵まれたなんてことはなぃ過酷な日々のなか、
極限の精神の状態の元で限りなく生存本能に近かぃ鋭敏さに醒めた選択と行動。


偉蔵は兄のことが大好きだった。
肉親といぅすべてであり、保護者といぅ絶対的信頼であり、ひとりの少年としてどこまでも純粋な覚めなぃ夢のよぅな存在だった。
じぶんのことを守ってくれる、大きな力と偉大な覇気を持った、かっこいぃ兄に憧れてぃた。

それがいつまでもはるか遠おぃ憧れの強靭な剛ぃ力を持つ上兄の匹つての鍛錬に匹敵したものだったことなど、当人には自覚はなぃ。


彼にとってのかっこいぃものとは、ほかでもなく自分の存在ひぃては―すべての危機から自己を奪っし―生命を守るものだったのだ。
それは生きるためにかっこつける等といぅ生易しぃものではなぃ。
当人にとっては命懸けで歌舞ぃていたのだ。
それはただ恙がなく儚かなぃ希みをいだく偉蔵にとっては願望や理想ですらなぃものだった。
そしてこの世の宇宙の摂理に許づぃた大自然であり超自然だった。



それは森偉蔵にとって無自覚なほど極自然だった。
己の人生と魂を全力で懸けた舞台上のアスリートが必ならずしも人の情念を鼓舞するよぅに、
そのみぇぬ努力を幾ども幾ども深かくかさねた天才と呼ばれるものがそれを眺めるものに一定の衝動を与えるよぅに、
森偉蔵が彼をみる者をおのずと魅了するのは至極真っ当う理屈に敵ったこと、それがどぅしたなんか文句ありますか。
あるんなら某匿名大型掲示板で掃溜めの気の合ぅお仲間同士ゲロでも吐き合ったらどぅですかそっちのがこっちが片手間のポテンシャルですらあんたには決して勝てなぃ試合するより貴方は楽しぃんじゃなぃですか。えぇ?あっ返事はいぃですこっちは既に... (続きを読む)
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

森偉蔵は孤独であったことなど一度も無ぃ。
物心つぃたときには里の山の生き物達に追ぃ掛け回され、幼少時にはいぢめっ子達に追ぃ掛けまわされ、青春期には彼の魅力(カリスマァ)を慕ぅ者(ファン)達に追ぃ掛け回されてぃた。
また、いついかなる時でもそんな己を守ってくれるすぐ上の兄が有ったし、やがて出遭ってからは過保護を通ぉりこして何んかもぅ色々と過剰ないちばん長の兄の姿が在った。

偉蔵は孤独を知らなかった。
たくさんの人々に囲まれるてぃることのありがたさ、この世に自分がたった一人である感覚、本当にそのことではなぃことなど、決っして知ることはなかったのだ。
それゆえに偉蔵は、いつまでも孤独であった。
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

ぷみささんちの地方公務員郷想譚森兄弟=地方公務員伝説MORLYいままでの過去のログ*コピくだしhttp://pms0ls.web.fc2.com/mor3/SPMORIMATOMEH309.html
ここのシステムだと一番古ぃところから遡ることがとても大変なのでただ本当に斯々とコピペしたまんまのやつを自分用に纏めてたのをせっかくなのでHtml化しました。
いっそブログにつくろぅかな、いゃでも逆にこの不便なフォーマットで楽しむといぅところが趣かもしれなぃといぅことで
一覧としてテキストだけ見る中ではっはこぃつイカれてんなといぅ発言があったら
ぷみささんの名*はてななどを添ぇて気になる文言をGoogle先生に委託するとエシュロンが周囲の梗概を発見してくれるかもしれなぃ筈(訳:自分用さくいんにつかぇる。)
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

もりらたぃ事情~自分用メモ
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pms0lsxm/20180921/20180921171924.jpg
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

ちょぅなん森侃蔵(長男)にそぅいうのはとくになぃ。
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pms0lsxm/20180921/20180921024352.jpg
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

森甚蔵(弟)の自分はわりかし簡単。
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pms0lsxm/20180921/20180921021510.jpg
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

森いぞー(三男)の家庭は複雑(三男にとって)。
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pms0lsxm/20180921/20180921010052.jpg
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

返信先ぷみさ
相方さんきっと町の食堂のおばちゃんのおいしぃご飯に憧れて料理人を目指して
うっかり実力があったからトントン拍子でわりといぃとこのシェフになってしまったけど厳格に格式立った世界とと競争序列社会につぃていけなくなり
「ちげぇんだよ!!じぶんはジモティーの気の置けなぃ住民へ飯こさぇながらテレビ中継眺めつつきゃっきゃするのがやりてぇんだよ!!!」とドロップアウトし
ひびおくりがもちのお郷でいきだぉれて「すみません…おぅちの食材でなんかつくります。」「こぅいうのってこっち側がごちそうするもんじゃなぃの!?うめぇ!」「泥付き人参の香りと穏やかな陽射しの中の
総ての店主の好みと慈しみが蒐集するカヲスに近ぃ空間…
これだよこれこれじぶんがやりたかったのはひゃっほー!!!」ってなってこぅしてそぅなる
(ボケ防止覚描き)
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

かつての親父さんの収集物であったなんともいぇない珍奇なモノばかり置ぃてるお店屋さんの
跡継ぎの店主さんがふるさとなんかやらない課の運用してる役所のおっさんと
「自分はこぅいうの全然わからなぃけど、親父の大切にしてた形見だから、わかってくれる人にわたしたぃ。
だからここで商品にしてて、道の駅さんにも紹介してもらってるんだけど
ちっとも売れなぃ…。」って話してたところ
お店のそんな物々一つ一つすべてが大好きの相方さんがやってきて
ちょぅなんが「成程、これはおやっさんがここから手放したくなぃんだな」と感づき
最終的に内装の雰囲気の面白ぃ小料理屋さん開く話
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

最近ゃってるCMのやつが田舎あるあるすぎて見る度爆笑してるので
うちのちょぅなんに大喜利して戴きました。
とりま沼津港深海水族館のお土産コーナーはとり急そぎ即急に支払ぃカード対応にすべき絶対にそぅすべきがあるがごときたっけきことやんごとなし。
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pms0lsxm/20180920/20180920044104.jpg
pms0lsxm
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

特別臨地実験顧問とかだったっけちょぅなん←全部かいてるひと
さぃきん人物像の堀り進ムくんばっかりだったんでインフラが整ぇんの捗ってねぇな全然。
一人パブリックワープアだしひとりオーバーワークだしさんなんはしごとを私有化するのがうまぃ
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

すっかり既に忘すれてたりご存知なぃ方もいらっしゃるかもしれなぃので真面目に紹介すると
森の兄弟達は地元でいちおぅ真面目(個人差)に公務を生業ぃとして仕事をしてぃるおっさんたちです
http://h.hatena.ne.jp/touch/pms0lsxm/83458241603294389
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

>ちょぅなん?ぅん。(ちょぅなんだし)
ほらやっぱ仕事仲間の布仕事担当はお婆ぁちゃん多ぃしお母さんっ子(意味深)だし…。
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

っていぅか恙叶市日々奥里ヶ以郷自体がぼくの脳内の架空の地方都市な訳でジモティーといぅ可能性も
むしろぼくのおつむのなかみだしもちぶんおぉいにあらぢかさたりてもうしぶんいささかたり。
でもそしたら絶対ぃしょっちゅぅ二男帰ってきそぅ。逆に地理的にリアルそぅ。
日本中のそうぃう感じの雰囲気のいぃ所の様々な記憶が混在してる。ぼくの考がぇたさいきょぅの林業を主体とする山間部村里。
日々奥里ヶ以方言は日本昔ばなしと山陰のミキシング。 地元弁で実は『おら~だぁ』系は女言葉で『わぃ~じゃ』系は男言葉といぅ傾向分けがある。
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

返信先ぷみさ
二男ジモティーニじゃん~。ふっはっは。
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

返信先ぷみさ
ぇっ、っていぅか陸自の高工校(おもしろぃ)って横須賀にあるのでなんかそこら中にいっぱぃあるのかとおもったら
日本で唯一…?マ?
pms0lsxm

地方公務員伝説MORLY

そろゝ甚さんの学生時代の制服をちゃんとした資料で描かなきゃな~と思ったえらぃぼくの目に突如飛び込んで来たぼくへのご褒ぅ美び
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pms0lsxm/20180918/20180918005725.jpg
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択