神経質なハイカーの日常

"神経質なハイカーの日常" でひとこと

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

luis_tan

神経質なハイカーの日常

ワタクシとペットクリニックの先生との会話。

ニャンを飼いはじめて間もなく
「棚や机からとび降りたとき、着地に失敗するのですが。」
「運動機能に問題はなさそうなので、そそっかしい子なのだと思います。」

四ヶ月目くらい
「毛繕いするとき、バランスを崩してひっくり返るのですが。」
「そそっかしい子なのだと思います。」

その後間もなく
「いつまでもお尻のお手入れが巧くならないで、飼い主が拭いてやらなくてはいけないのですが。」
「おおざっぱな子なのだと思います。」

七ヶ月目くらい
「走りながら向きを変えるとき転ぶのですが、足を傷めているのでしょうか。」
「そそっかしい子なのだと思います。」

その後間もなく
「走りながら向きを変えるとき壁にぶつかるのですが、やはりどこか悪いのでは。」
「おおざっぱな子なのだと思います。」

一歳半くらい
「爪を切ろうとすると激しい勢いで足を引っこめるのですが、強くつかみすぎて捻挫とかさせてしまったでしょうか。」
「嫌がっているだけです。」

二歳半くらい
「寝転がったまま届く範囲のおもちゃにしか反応しないのですが、病気でしょうか。」
「横着な子なのだと思います。」

三歳くらい
「十時間以上寝たまま起きてこないのですが、病気でしょうか。」
「よくあることです。」

先日
「食べこぼしが激しいのですが、歯が痛かったりとかするのでしょうか。」
「異状はなさそうなので、おおざっぱな子なのだと思います。」

気にしすぎだ、この程度で連れてこなくても大丈夫だ、と毎回宥められてニャンと帰宅するワタクシ。
でも、気がかりで落ち着かないんだもの… (続きを読む)
LiveinTokyo

神経質なハイカーの日常

小学生のとき給食の時間にソフト麺があまると争奪戦の結果半分こにしようということになって、
袋の上から手で切ろうとしたところの麺が潰されてる部分がいやで半分ならいらない、と言っていた。
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択