精霊の守り人

"精霊の守り人" でひとこと

8 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

A-chi

精霊の守り人

・ヤズノ砦の攻防は古代・中世史好きにはたまらんかった!3-7。
・でもタルシュの軍装、無駄に金使ってるわ相変わらずデザインダサいわ…(苦笑)。
・それにあのデカい石飛ばし機、どうやって持って来たん・・・(タルで組み立てた説)。
・非戦闘員の抱き込みはうまいねー。人材も貴重な資源だと解ってますな黒王子。
・ああ・・・皆難民化してる(涙)。でも商売の文字には敏感なマーサおばさん、彼女ならどこ行っても大丈夫だろう。
・意味のないことやってるって、帝自身が一番自覚してるんだろうね。そして他に何もできない自分の無能さも。
・てか二ノ妃ってこんな考えなしだったか?結構がっかりなんだけど。
・肝心の星読の皆さんも手詰まり感が半端ない件。トロガイもがっかりするわな。
・そんな中ヒュウゴ、貴方が一番しっかりしてて怖いんですが…(汗)。
・こんな時にナンですが、バルサ、それは愛の告白だな!告白だな!(ヨーナちゃんごめんよ)
・あのタルシュ兵、剣取戻しに行ったのかと思ったら手伝ってくれてた(驚)!
・そして戦闘シーンより生々し過ぎました切断シーン(滝汗)。ただあれだけ壊死進んでて大丈夫なのか(不安)。
・このまま絶望的に終わるのかと思ったらワイルドチャグム来たー(嬉)!!
・ただあのデカい銛、どうやって撃ったん・・・(謎)。
A-chi

精霊の守り人

・うわー、詰め込み過ぎだよ(汗)3-6。
・視野の狭い国王を持つと広い視野を持つ王子が育つのがお約束らしい(苦笑)。
・トト、貴方結局何者…。
・遂にチャグムがバルサから卒業してしまった…(涙)。
・でもそんな教え子を「どうです、うちの子!」みたいなドヤ顔で見るバルサが可愛かったわ。
・一方新ヨゴは戦闘…にもなってない、一方的な虐殺だった件(呆然)。
・てか臣下の皆さん本気で帝のご威光信じてたの!?それとももはや自棄!?
・こうなると虚勢を張るしかないよな帝、と初めてちょっと同情。いやそれでもダメ男なんだけど。
・ガカイ、慣れないことはしない方が…。
・二ノ妃もなー、何故にここでガカイの言う事聞くかね。S1で嫌ってなかったっけ?
・確かにタンダのただいま、はほのぼの過ぎて辛かった(涙)。
・ふーむ、父親がやっぱりNGワードらしいな黒王子。
・一見カッコいいけど国内まとめられないわ側近もいないっぽいわ大丈夫かイーハン。
・そもそも、カンバルもロタも軍を率いたこともないチャグムに全てを託すしかないってのがね…(不安)。
・しかも新ヨゴの軍人ポンコツばっかりだよ!いいのか?大丈夫か!?
・そんな殺伐とした中タンダに綺麗なお姉さん当ててくるとは結構えげつないわねこの話(笑)。
saku-ra-id320

精霊の守り人

終わった…3年長かった。
バルサに「おかえり」って言ってくれる人がいて良かった。
帝とチャグムがちゃんと親子になって良かった。浮き世離れしてる帝は王というより神になるべくしてなったのだなぁ。
ラウル王子の描き方はあれでいいのかな?冷徹な王子で最後までいくかと思いきや、なんか改心しそうな感じで終わったけれど。
あとヒュウゴの裏切りはそんなに意外ではなかったけど、ラウル王子に対する裏切りの葛藤とか、そういうの無かったのかなぁ、と気になりました。
大河ファンタジー楽しみました!
saku-ra-id320

精霊の守り人

えーとようやく最終回の前まで見た。
帝ーーーーっ!!何故何故そうなるっ!ああ聖導師…いやでも元はと言えばあなたね。これでチャラ!?
ラウル王子とヒューゴの関係がヒリヒリするよ。緊張感ただよう2人のシーン。
バルサとタンダお互いを慈しむシーンが綺麗だった(ノД`)
さーて宮廷にチャグムの同士はどのくらいいるのだろうか。頑張れチャグム!民のために!
Oliba

精霊の守り人

(続き)
帝の「私は誰のものにもならない。私は私のものですらなかった」ってがせつない。
『神』であり続けるのがアイデンティティだった彼なりに、旧時代に幕を引いたのか。モンは殉死ですね。
トロガイが樹木?でぐるぐるになるシーンは、ピンチなのかと思っていたら違った。変身シーンだった。
レッツラまぜまぜ(語弊)したトロガイは実はメンタルが若かった。脱いだらすごかった。
それでも若干妖怪入ってるトロガイを、「きれいな女の人」と表現する、トゥグムの純粋さよ。
しかしガカイはあの高さから落ちて助かるってどういう構造してるの?あそこからどうするの?泳ぐの?

みんな帰るべき場所へ帰って「ただいま」「おかえり」で良かった良かった、なんですけど一点だけ。
最後にテーマ曲が聞きたかったー。
Oliba

精霊の守り人

精霊の守り人の直後に西郷どんを入れるのをやめろ!笑ってしまう!全部ヒュウゴが悪い!

「負けた」なんて理由で死を望むラウル王子はこの期に及んで贅沢を言った。責任を取るのとも違う。
マキノ平野の戦いで望まず殺された民の死体の山を見ているバルサは、そんなの許さんよ。
バルサにぶん殴られて泥に塗れて、ドS王子にもヒュウゴの言葉が少しは届くようになるのかな。
それにしても総督ゴメン。外見のパンチが効き過ぎていて、ギャグ要員かとすら思ってたごめん。

チャグムに逃げろと言われても駆けつけたカームのあれは、忠義や使命感よりきっと友情。
あの二人はロタの援軍要請が成功した時にも「やったぜ!」みたいな感じで仲良さげだったし。
「チャグムにやっと同世代の友達が…!」と公園デビュー出来た子を見るような気分になります。
チャグムの周りは、色んな意味で普通じゃない大人しかいないんだもんよ…。
A-chi

精霊の守り人

(ちょっと気になったこと)
そういえば、政治に絡むのは男ばっかりで典型的男尊女卑設定だなーと思ってたのですが、
バルサが王の槍になるのは全く問題なさそうだったし(誰か反対すると思ってた)、
考えたら女の分際で的発言はこれまでシリーズ通してなかったような気がするし、
単純に分業化してるってことでいいのかしら。
だとするとバルサやシハナって通るだけで周囲もっとびっくりすると思うんだけどねえ。うーん。
A-chi

精霊の守り人

・あああ放送終わっちゃたよ急げ自分。3-5。
・素直なのはカンバル人の国民性か。バルサの身の上話もすんなり信じてくれるし。
・所詮神は人の作ったもの。うん、私は正論だと思うけど、ここはがっつりファンタジーなのでね…。
・噛ませ犬カーム(哀)に理解に必死なラダールに八つ当たりログサムではチャグムが解説するしかなく(苦笑)。
・ここでもポイされるタンダが気の毒過ぎる(涙)。
・ヒョウルが本当に武人の魂なのか王の槍達の心が作った幻なのかは議論の余地はあると思いますが、戦う本人を救うものだとは思わなかったわー(だから舞なのか)。
・てか本当に先祖の魂ならルイシャの採掘量を制限してるなんてひどいわ!…と最初は思ったけど、むしろルイシャは助けとして与えられるもので、本来は自力でもっと豊かになる努力をせい、って事だと思うよー、ログサムさんよ。
・ともかくバルサとラダール君のすっきり具合(苦笑)を見る限り、いいシステムなんだと思います(そこか)。
・とにかくジグロは最初から最後まで格好良かったです(まとめ)。
・いや問題はこれからだから!な次回予告。そうだー、戦争がー!!
taatan_8

精霊の守り人

カーム、いい男になったな。
タンダ、魂だと歩けるのか。
帝、チャグムと民を逃がせと言ったのだけは誉めてやる(何様w)
ヒュウゴのこめかみの血管に素晴らしい説得力を感じた。
ラウル、ヒュウゴの願いを叶えてあげて。
人の上に立つ器ってもんがあなたにはあるのよ、きっと。
アスラに声が戻った。
あらま、ガカイ。
トゥグムは一人で大丈夫か。。。
帝も寂しい人生だったのね。
自分は神じゃないと、いつからか気がついていたのかもね。
あ~トロガイの美しい姿が見られてよかった。
命捧げたのかと思ったけど益々元気になってる。よかった。
ガカイ、しぶとく生きてたがあの崖からは助からんね~
なんか大きい鳥がきっと餌としてガカイを狙ってるしw
はぁ~いい終わりかただ。
バルサにやっと平穏が。

(因みに今日の一番は、カームが投げた槍で手首の紐を切ったバルサを見てヒュー♪ってなった時のラウルの表情です。) (続きを読む)
itiharu

精霊の守り人

あー。ぼーっとしてた。。。
大河ファンタジーというチャレンジはすごいなあと思うので今後もいかしてほしい。。。
itiharu

精霊の守り人

今日最終回なんだよね。

タンダはわりと気軽に生霊飛ばせるようになってるわけ??(゚Д゚)
あちこちタイヘン。
taatan_8

精霊の守り人

聖導師、帝を殺ったように予告では見えたけど、殺られとる~
モン、いらんことを…
タンダよかった、回復してる。
ほんとだバルサ、顔が優しくなってる。
幸せになってほしい~と思ってても回りが簡単には許してくれんか…
あ~ジン、ステキよ。
チャグムを守って。
さぁ、最終回。
長かったなぁ。
saku-ra-id320

精霊の守り人

7話見た。
ぎぃぃ~痛そう(>_<)
切れ味の良さそうな刀で良かった。北からきた、というバルサの言葉にヒューゴは現状を察したようだ。に、してもこれほどまでにチャグムが頼もしく見えたことがあったか!?いや、無い!あの投石ロボを一網打尽。
かっこいいよ王子~。帝…お願いだ、何かの役にはたってくれ!

itiharu

精霊の守り人

つくづく。ほんと。あの、ほんっとつくづく、藤原竜也すごい。
この、めっちゃダメ帝なのにカリスマはすっげーある、という。ほんっと駄目帝;;辛い;;
次回最終回か~。
itiharu

精霊の守り人

たんだとばるさの、お互いしかわかりあえない、という感じが、尊い;;

さて。
ラウル王子もな~~~~~~~~~っ
itiharu

精霊の守り人

あーーーーせいどうしー
itiharu

精霊の守り人

せいどうし、おめーズルいな。
丸投げのよーな。
taatan_8

精霊の守り人

怖くて見られなかったけど見た。
バルサ、切った後、焼くのか。
そら白目剥くわ。。。
ヒー!
A-chi

精霊の守り人

・あああしんどい回だった(疲)。3-4。
・ちゃんとジグロの意思を尊重して、カグロ(カームもね)のプライドも守ったバルサ、流石。
・一方考えがあるのか単なる八つ当たりなのかバルサに喧嘩売りまくるログサム。何したいの?
・まあ20年近く統治して国が富むどころか頼みのルイシャも手に入ってない、では実力の程は明らかなんだけど。
・その責任と恨みをぜーんぶジグロに押し付けたんでしょ?セコイ男だな(こらこら)。
・久々のタルシュでは意外にも持て余されてた黒王子。
・それを止めたいんだか煽ってんだかヒュウゴ。シーズン2の大芝居の件といい、実は一番危険人物なのでは…。
・帝!華麗にチャグムに責任転嫁なさいましたな!よく家臣皆笑わなかったなー(無理)。
・聖導師が出来の悪い息子を甘やかして育ててしまった事を後悔し心中まで思いつめた父親みたくなってる…。
・そんな中ガカイがまた何かやらかしそうで楽しみです(笑)。
・気候変化とか不作とかしつこいから伏線だよね絶対(不安)。
・とにかく辛い家長人生をちゃんと全うしたカグロに泣きましたわ。権力嫌いのバルサもこの輪は流石に捨てられないよね(涙)。
a-cup-of-snow

精霊の守り人

・あ、あと、簡単に人の言うことを信じて、簡単に人を疑う二ノ妃、こういうタイプが何の悪意もなければ考えもなく、国とか滅ぼすよね
・ガカイ、小悪党なんだけど、自分から聖導師に「知ってる」って言っちゃうし(しかも、かっこつけて)、シュガとトロガイに言いたい放題言われるし
・もう、トロガイの素顔も思い出せないし、中身が誰かも忘れていることが多い
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択