緊急★過疎対策を考える・ハイク

"緊急★過疎対策を考える・ハイク" でひとこと

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

maRk

緊急★過疎対策を考える・ハイク

過疎村に外国人が大量移民といった話があったような
(一連のスパムってホントに海外からなんだろうか)
cubick

緊急★過疎対策を考える・ハイク

何語か分からないエントリで盛り上がってるから過疎ってなんかないよ(錯乱)
Akkiesoft

緊急★過疎対策を考える・ハイク

iPhone・Androidアプリが出れば確実に増える(確信)
その開発コストに見合うかどうかによる。広告付きアプリにでもすればあるいは。
daichan330

緊急★過疎対策を考える・ハイク

スタッフが何もしないからおそらく無理だという結論に落ち着いたのはもう3,4年以上前の話。
daichan330

緊急★過疎対策を考える・ハイク

ウェッブ医師「誠に残念ですが、最早手の施しようがありません」
fmht7
kazedayori

緊急★過疎対策を考える・ハイク

過疎には過疎のいいところがありますって.
kar-in

緊急★過疎対策を考える・ハイク

返信先おとつき(タルト)
その関連キーワードも同じタイムラインに
ちゃんぷるで表示させる機能…とかなら、
仕様変更でも、あんまりハードル高くないのかも?
kar-in

緊急★過疎対策を考える・ハイク

返信先おとつき(タルト)
荒れかけてムキなって
噛みつきまくっている人は、
そんな風に私には見えたなー。
daichan330
silentlight

緊急★過疎対策を考える・ハイク

botを利用すればいいかと・・・
mino90

緊急★過疎対策を考える・ハイク

サブアカウントで自作自演をし、盛り上がっているように見せかける。
mo-he-ya

緊急★過疎対策を考える・ハイク

ネットの海の限界集落☆をウリに運営していく。
Akkiesoft
Akkiesoft
fmht7

緊急★過疎対策を考える・ハイク

だいちゃんが午前中からハイクに来れば無問題。
tukihatu

緊急★過疎対策を考える・ハイク

ハイクの過疎対策の署名にご協力をおねがいしまーす!(シマース!)
wushi

緊急★過疎対策を考える・ハイク

半年に1回ワコムにキャンペーンを打ってもらえばイナフ
Akkiesoft

緊急★過疎対策を考える・ハイク

返信先のりのりお
>|AA|
  どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!
   三           三三
        /;:"ゝ  三三  f;:二iュ  三三三
  三   _ゞ::.ニ!    ,..'´ ̄`ヽノン
      /.;: .:}^(     <;:::::i:::::::.::: :}:}  三三
    〈::::.´ .:;.へに)二/.::i :::::::,.イ ト ヽ__
    ,へ;:ヾ-、ll__/.:::::、:::::f=ー'==、`ー-="⌒ヽ    ←nori_norio
  . 〈::ミ/;;;iー゙ii====|:::::::.` Y ̄ ̄ ̄,.シ'=llー一'";;;ド'
    };;;};;;;;! ̄ll ̄ ̄|:::::::::.ヽ\-‐'"´ ̄ ̄ll
||<
nori_norio

緊急★過疎対策を考える・ハイク

【意味不明な云々】
本拠地、京都で迎えたtwitter戦
先発ダイアリーが大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声
無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者ハイクは独りベンチで泣いていた
WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
それを今の横浜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」ハイクは悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、ハイクははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」ハイクは苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、ハイクはふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
ベンチから飛び出したハイクが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにベイスターズの応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とするハイクの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返ったハイクは目を疑った
「じぇ・・・じぇいこんさん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」
「し・・・しなもん会長?」  「なんだハイク、かってにしなもんさんを引退させやがって」
「わかばたん・・・」  ハイクは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:石井琢 2番:波留 3番:鈴木尚 4番:ローズ 5番:駒田 6番:内川 7番:進藤 8番:谷繁 9番:斎藤隆
暫時、唖然としていたハイクだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「増える・・・増えるんだ!」
きよへろからグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走するハイク、その目に光る涙は悔しさとは無縁のも... (続きを読む)
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択