2018年散歩②

"2018年散歩②" でひとこと

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

morina0321

2018年散歩②

平日休みなので。

・用賀プロムナード
用賀駅から砧公園へ繋がる通り道。お洒落デザインで散歩するには良い感じ。

・砧公園
広々。まだ梅林は咲く気配もなく。野球場で野球やってるひとたちがいたなあ。水曜休みの方々かしら。

・ボストン美術館 パリジェンヌ展@世田谷美術館
18世紀以降のパリジェンヌにスポットを当てた展覧会。絵と言っても油絵もあるけれど、世相を描いた新聞や本の挿絵(エッチングとかリトグラフとかの版画)、20世紀に入ってからは写真も。他にも、ティーセットやドレスその他の装飾品等もある。
美術なのか、女性史なのか。個人的にはこういうのも面白いよ。
絵だと、パリのモードがアメリカに渡ったという特集のコーナーがあって、そこにあったウィリアム・モリス・ハントの「マルグリット」のお嬢さんの装いが可愛かったので、ポストカード買ったり。あと、ムーランルージュのカンカン(脚を高く上げる踊り)の絵がそれっぽかったのでポストカード買ったり(BGMはフィギュアスケートでよく使ってる映画のサントラのアレをどうぞ)、ゲアナ・ウィーイナ…って名前書かれてるけど、ゲルダ・ヴィーグナーで検索した方が名前が出てくるな、彼女のファッション雑誌のイラストが如何にも当時のお洒落っぽくてポストカード買ったり。レオン・ボナの「メアリー・シアーズ」のお姉さんが個人的に好みだったんだけど(え)ポストカードなくて残念。
そうだ、驚いたのはサラ・ベルナールの作品があったこと。舞台女優として(ミュシャが沢山描いてるというのも含めて)有名で、作品も作ってるとは聞いてはいたけれど、ここで見るとは。
しかし…この展覧会、直前に小学生低学年ぐらいの団体様が入っていたのだが、まあ多少うるさいといえばうるさいんだけど、それよりも女性を扱うということで、微妙に色気系(ボワイーの「アイロンをかける若い女性」は暗にそういう感じだった…)とか、ストレートに説明文に娼婦... (続きを読む)
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択