Toot

"Toot" でひとこと

1 fan

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

murishinai

Toot

なんつーかなー

本当に、構図としては痴漢と全く同じだと思ってみてて

確かに性犯罪に遭う女性は多いとは思うんだけど、それじゃ俺らの周りに性犯罪者が居るかというと全然いなくて、それでもって責めてくる気持ちは分かるんだけど、でもそういう言われ方をされても、どうしようもなくて困るなぁ、って。

同じように、それじゃ、2chだとかニコニコだとかpixivだとかで、そういうムーブメントがあったとして、それに加担したわけじゃないし、そういう事してる知り合いが(たぶん)いたわけでもないし、せいぜい、粛々と通報するくらいしかできなかったのだけど、それでもなお、お前らのせいだ言われるのが本当に悲しいというか、真剣に問題解決に向かうとするなら、やっぱり最初から男女(と言うか趣味を)分けて世界を作るしかないよなぁって
murishinai

Toot

仮に新型Switchが出るとしてさ、本当にサイズが小さくなるんだとすると、今出てるNintnedo Laboとか全部死ぬんだけど、本当にやるんだろか
murishinai

Toot

とかなんとか、それとは別に、できる限り、自分の思う正義だとか平等は履行して行きたいというか……

ただ、気違い相手にたしなめるのはやる気が起きないというか、そういう奴は話しても通じないことが多いので(リソースの無駄遣いになることが多いので)、そっとミュートするのに限るのよね……
c_shiika

Toot

こういう話、広げて考えると、結局一人の人間の持つリソースには限りがあって、そのリソースをどこに割くかは個人の自由であるべきだってことになるのかなあと思ったりしている。自分のリソースの使い方にケチをつけられるいわれはないし、他人のそれもまたしかり、みたいな。
murishinai

Toot

ネット上で女と言うだけでなんか酷い物の言われ方してた && 結局男社会だ(った)って話、間違いなく真実だと思うしこれからも真実なんだと思うけど、それについて忘れないとか許さないとか男みんな死ねみたいな話をされたら、まぁ、その想いを否定するわけにも行かないし、かといって身に覚えのないことで死にたくも謝りたくもないので、これはもう徹底的に戦争するしかないよね、って気持ちになった

過去のことや手の届かないところについて、申し訳ないとか良くないことだ、とか思うけど、そこまでフォローしたり正義を伝道することはできないので、それについて批難されるんだったら、まぁ、そういう事言う奴は知らん、僕らはこれからうまくやってくから、君たちについては頑張ってね、以上のことが言えない
murishinai

Toot

なんでまー、声優さんも作家先生も、なんか勝手に色々思い込みをしてしまうので、SNSのアカウントはフォローしないのが一番だよなぁ、とか思ったりしてる

とはいえ、自分がどういう属性の人かを示すために、フォローだけしてミュートしたりはしてる。
murishinai

Toot

単なる愚痴というか、考えすぎなんだけどさ

アイドルタイムやってたとき、たいちょーは結構プリパラというかにのについてのツイートをしてくれたんだけど、アズレンの方は全然触れてなかったように見えて、なんか、アズレンの方はそんなに思い入れのない仕事だったのかなって、ちょっとがっかりしてたんだけど、AnimeJapan2019の方には登壇されたみたいで、けっきょくなんというか、テレビに露出するとかしないと、あんまりツイッターの方では触れないのかな、みたいな、そんな。

全ての作品を等しく扱え、というのはさすがに無理があるのだけど、でも、分かり易く触れる量が違ってるのを見ると、なんかその作品経由で応援するのってそんなに喜ばれないのかな、とか勝手に考えてしまう……
murishinai

Toot

> そりゃ中にはまともな人もいるよね。
> できれば私もそういう人は傷つけたくない。

 じゃあ主語をでかくして雑なことを書くなよ。「できれば傷つけたくない」じゃなくて「私が訴えるためにお前らも同罪と言うことにする」だろ。何のエクスキューズにならない。むしろ悪化してる。

> でもヤバい奴が多すぎてそれが当たり前の界隈になってるんだよ。
> 漫画家が児童ボルノ所持で書類送検された時、ネタツイ大喜利ツイは万リツイートされてたけど苦言を呈した男性オタクのツイートは300リツイートぐらいだった。
> 残念ながらまともな人は少数派だ。
 
 ヤバい奴を多数にしたがるんだよ。気違いが目立ってるだけで、大体の人は関わりたくないって思ってるからRTもFavもしねーんだよ。

 日本のTwitterのMAUが4000万らしいんですが、仮にみんな4アカウント使ってると仮定しても1000万人のユニーク。そうなるとネタ大喜利が万RTされてたとしても、そんなん全体の1%に満たない。

 気違いが1%未満存在して、ほか99%はまとも or 関わりたくないってだけであって、その上でもって雑に *男性オタクに苛められてたこと* って書いたら、そりゃ反発もされるだろ


 あんたの思いを否定したいのではなく、そのロジックが雑すぎなんじゃねーの?って話だ。思ったよりも世界は悪意に対して無関心だ。 (続きを読む)
murishinai

Toot

さようならはてなハイク

何か滑り込みで金市民になった感がある(現在301日目くらい)
murishinai

Toot

そういやそろそろ終末へのカウントダウンか
murishinai

Toot

ただ、世の難民問題というのは、もうどうしようもない、快刀乱麻で解決のできる話ではないと言うことは何となく分かった気がする
murishinai

Toot

べっつにリアリズムでも何でもなくて

僕は自分しか救えない存在だと思ってるので、別に直接的にいっさい絡みのない人がどんなに苦しい目に遭おうが、心が痛まないというか

心を痛めたとしても、僕がその人に為にできることなんて何もないので、結果として何をやっても見殺しにしかならないので、みたいなきもち
murishinai

Toot

いやー、でも結局。
色々突き詰めて考えると、俺は外国人が死ぬことについて別になんとも思わないという、なんというか、非人道的で、人間の屑だと思うんですね。

同じように、ある日僕が何らかの理屈でもって(事実上)人権を剥奪されたときに、多分それについて普通の人が動かないことについて、そういうもんだよなぁ、と言う諦めというか覚悟もあるというか

僕はたまたま運良くこの国に生まれて、この国のそれっぽいところで生かされているという自覚はある。つもり。

救える命であればできる限り救ってあげることができれば、と、思うのだけど、それについて色々複雑な問題がくっついてくるのなら、そしてそれを僕が解決できないのなら、ああ、それならいいです、ごめんなさい、僕は冷たい人間です、って見殺しにする生き方をしてる。
murishinai

Toot

無限ループJSで警察が動く程度には、この国は人権大国であると思う。

なので、今更入管が何をやろうともびっくりしないし、弱者の扱いが酷いのは今更なので、皮肉にすらならん。
murishinai

Toot

性犯罪の厳罰化とかぼやかしたこと言ってないで「性犯罪者は全員殺せ」ってもっとストレートに言ってくれれば良いのに
murishinai

Toot

もっとリスペクトしたいというか、積極的にマネしたいと思ってるのは、topisyu氏がやってるように、何かを直接批判するのではなく「もし自分が当事者だったらどうするか」という話をするメソッド

これ、真偽の怪しい話の評価方法としても応用が利くので本当にすごい。
murishinai

Toot

ブコメではなく、ブコメからブクマ、スターに至るまでのあの全体を指すのであれば、リサイクルという感覚は確かにしっくりくる
murishinai

Toot

ブコメのリサイクル、と言うタグを使わないのは、なんとなく "リサイクル" と言うと、いったんオリジナルのものを素材に分解して、そっから再構築をしないと "リサイクル" って表現は違うのではないか? という個人的な疑問によるものです。

なので、リサイクルではなくリユース、再利用。
murishinai

Toot

例によってブコメの楽屋裏的な話

> 定着するまでは下駄を履かせる必要があると思ってる。偏りが偏りを生む
 これ、世の "イクメン~" みたいなムーブもこの "必要な下駄" って解釈すべきだって思うところはあると感じてるんですよ。

 なんか「(男が)家事・育児を手伝う」みたいな表現をすると「手伝うとは何事か! もっと当事者意識を持て!!」という手厳しい反応が返ってくるところが時々あるのかなと思っているのですが、そこをぐっとこらえて、まずは男性(仕事に寄り添いがちな属性)のプレイヤーが増えることについて下駄を履かせる必要があるのでは? と言う話。横文字だとアファーマティブアクションと言われる。

 別の表現をすると、結局厳しさも優しさも巡り巡って来るんだよって話にもなるんですが、そりゃ、厳しくやれば「男女とも等しく選挙権・被選挙権があるんだから現状男に偏ってるのは女側の努力不足だ」ってロジックに落ちるでしょう。だけど現実としては、様々な要因でもって現在の環境は偏っているし、それがそれを強化するところはあるのだと思うので、とりあえず、いったん環境をリセットというか、理想状態になるのを試みるために、優しいアファーマティブアクションが必要ではありませんか? と言う話。

 そしてそれは家事・育児の参加だって同じく、まずは妙な偏り、固まりがあるので、優しく下駄を履かせるところから始めませんか?


 と言う想い。
murishinai

Toot

あの婚活ブログ(結婚相談所ブログ)が強いのって、何より現場感があるからだろうなぁ、と言う感じがある

実際に婚活というか結婚相談というか、お見合いの最前線にいる人だから、と言う前提で眺めるので、強いというか。

理想とか模範通りに進まない現実を誰よりも実感している人なんだろうなぁ、と言う想像がある
▼はてなハイクの今月のスポンサー

規約違反を通報

非表示設定

表示内容を選択