tick2tack

今日wikipediaから得た知識

間接言語行為
発話の内容とその伝達内容が同じでないもの。
例えば「明日遊びに出かけない?」「台風近づいてきてる」
発話は「出かけない」ということを言ってないが拒否を含んでいる。
支払いの場で「お金出すことできる?」と言ったらそれは支払えるなら払っておいて、という意味を持つ。

"間接言語行為では、聴衆の一般的な合理性や推論能力と共に、言語的にも非言語的にも共通の予備知識を根拠として、話者は実際に語った以上のことを聴衆に伝達する"

"例えば、信長に皿を洗って欲しいなら「信長、皿を洗ってくれるかい?」と言うだろう"
"「信長…!」"
"「信長、窓に手が届くか?」"
なんだよ、この例えはよw

「発語内行為」
何かを言うことで何かを行うこと。約束、命令、挨拶、謝罪など。

・assertives: 話者が命題が真であることを主張する言語行為
・directives: 相手に何らかの行動をとらせる言語行為(要求、命令、助言など)
・commissives: 話者が将来の行動を約束する言語行為(約束、誓いなど)
・expressives: ある提案・命題に対する話者の態度や感情を表現する言語行為(祝辞、謝罪、感謝など)
・declaratives: 何らかの宣言を現実化する言語行為(洗礼、判決、結婚式での聖職者など)

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
tick2tack id:tick2tack
書いた日数: 252はてなハイク市民 (銀)

表示内容を選択