web

"web" でひとこと

132 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)
ntt-ntt

web

―※当日閲覧サービス料金1000円※―
プロフィールに指定されている銀行口座にお振込みください。
これからの当日閲覧サービスは最低料金を1000円としており、ページによっては当日閲覧サービスはより高額になります。

まだ平成元号では女流の学者は院卒でも女流研究家の域を出られない。
もう平成元号の次の元号では大学院を卒業くらいしないと学者になれないよ。
あの桝田智子は時代が時代なら女流の学者にもなれてた可能性はあった女だ。
しかし、平成元号ではまだ女流の学者は学歴が院卒でも〔女流の研究家〕の域から出られてない。

がく しゃ [0] 【学者】
(1) 学問に優れた人。学問・研究を専門とする人。
(2) 学問のある人。知識の豊富な人。

[句] → 学者の取った天下なし

学者の取った天下なし

学者は,学問として天下国家を論じるが,現実の世界は理論だけでは治まらない,というたとえ。

けん きゅう -きう [0] 【研究】
(名) スル
物事について深く考えたり調べたりして真理を明らかにすること。 「日本の歴史を―する」 「―者」 「―所」 「―室」

しん り [1] 【真理】
(1) 正しい道理。だれも否定することのできない,普遍的で妥当性のある法則や事実。 「不変の―」 「―の探究」
(2) 〔哲〕(価値を慮外にして)事態の真相。真。その基準については諸説ある。(1)思想と事物の一致,すなわち判断や命題が存在と正確に対応すること(対応説)。(2)ある命題(思想)が他の諸命題と矛盾せず整合性があること(整合説)。(3)プラグマティズムでは,ある思想が有効な働きや結果を示すこと。 ⇔偽

ぎ [1] 【偽】
〔論〕 命題のとる真理値の一。対象や事態と合致しない命題。二値論理では真・偽の二値のみをとるが,多値論理では三つ以上の値をとり... (続きを読む)