umedamochio

保坂和志

私の関心というのは、ひとつは「小説の理想形」みたいなことだ。それはカフカの『城』とかガルシア=マルケスの『百年の孤独』というような具体的な作品のことではたぶんなくて、そういう小説を読んでいるあいだに訪れる、高揚感というよりももっと大きな、思考がバーッと開かれるような経験のことだ。(「小説の自由」p257)

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
umedamochio id:umedamochio
書いた日数: 70はてなハイク市民 (銅)
梅田望夫: ジャック(オス、今は15歳、体重35キロ)と一緒に。

表示内容を選択