umedamochio

保坂和志

私の関心というのは、ひとつは「小説の理想形」みたいなことだ。それはカフカの『城』とかガルシア=マルケスの『百年の孤独』というような具体的な作品のことではたぶんなくて、そういう小説を読んでいるあいだに訪れる、高揚感というよりももっと大きな、思考がバーッと開かれるような経験のことだ。(「小説の自由」p257)

Per scrivere commenti vai su Entra o procedi alla pagina Iscriviti. Guida per principianti

Segnala contenuti non appropriati

umedamochio id:umedamochio
Days written: 70 giorni Hatena Haiku Citizen (Bronzo)
梅田望夫: ジャック(オス、今は15歳、体重35キロ)と一緒に。

Scegli Mostra Contenuti