umedamochio

保坂和志

小説というのは社会的文脈で解釈したり精神分析的な図式に置き直したりする以前の、読んでいる最中に感じる、居ても立ってもいられない気持ちを読者の中に喚び起こす何かのことだ。(「小説の誕生」p231)

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
umedamochio id:umedamochio
書いた日数: 70はてなハイク市民 (銅)
梅田望夫: ジャック(オス、今は15歳、体重35キロ)と一緒に。

表示内容を選択