umedamochio

小林秀雄

感動は心に止まって消えようとせず、而もその実在を信ずる為には、書くという一種の労働がどうしても必要の様に思われてならない。書けない感動などというものは、皆嘘である。ただ逆上したに過ぎない、そんな風に思い込んで了って、どうにもならない。(ゴッホの手紙、新潮全作品20、p12-13)

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
umedamochio id:umedamochio
書いた日数: 70はてなハイク市民 (銅)
梅田望夫: ジャック(オス、今は15歳、体重35キロ)と一緒に。

表示内容を選択