wetfootdog はてなハイク市民 (金 304日)

シナチョフさんのエントリー

id:wetfootdogのミニブログ

50 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

wetfootdog

wetfootdog シナチョフ

近所のスーパーに買物に行って15分ぐらいで帰ってきたら、留守番してたムーさんが
「ふーよかった。パパがいるとほんと、うちが豪華になるね」
「……豪華?」
「パパがいないと、ムーちゃんひとりで、ほんと豪華じゃないんだよ。あーよかった。パパがいると豪華になるねー」


なんだろうパパはトランプタワーみたいな感じなんだろうか(時事ネタ)
wetfootdog

wetfootdog シナチョフ

今年はまだ一度も書いてなかった…
wetfootdog

ムスメ

「今日の夕ごはんはなににしようかねえ」
とムーさんに聞いたところ、はつらつとした声で
「トイレットペーパー!」
と答えたので、どこかで教育(あるいはもっと別ななにか)を間違えた疑惑が
wetfootdog

ムスメ

洗いものをしていると、ムーさんが急ぎ&大事な用といった感じでやってきて
「あのね、ムーちゃんがもし虫歯になったら、歯医者さんに連れてってね」
「いいよ」
「もし虫歯になったら、だっこして歯医者さんに連れてってね」
「……なんでだっこするの?」
「あのね、もし足が痛い痛いーってなって(ちょっと前に足全体にひどい発疹が出て包帯グルグル巻きになったことがある)、それで虫歯になったら、歯医者さんにだっこで連れてってね」
「そんなになったら、まず足をお医者さんに見せたほうがいいと思うよ」
「そうだね! そうしようね!」
という、なんだかよくわからない会話をした。
wetfootdog

ムスメ

寝かしつけるときも、風呂に入ってるときも、食事中も、出かけるときも、トイレに入ってるときも、
「おとうのこと、だーいすき!」
って毎日毎日、聞かされつづけてるんだけど(そして「おとうも大好きだよ」って答える)。


なんだかこれ、一種のマインドコントロールのような気がしてきた。
口に出して言うと、心理的に感情が補強される効果が(多かれ少なかれ)あるんだろうなー。
wetfootdog

生活

四十代も後半となって記憶能力も低下しつつあるというのに、娘にむりやり学習させられるアンパンマンキャラクターから歴代のプリキュアの名前まで、おれの生活にはまったく役に立たない固有名詞がどんどん残メモリー量を圧迫していっている……
wetfootdog

ムスメ

寝かしつけ中。
ムーさん「ムーちゃんはどうしていつもこっち側を向いて寝るんだろうね?」
おれ「そっちのほうが楽なんじゃないの」
ムーさん「こっちのほうがエアコンのステキな音が聞こえるからだよ、きっと」

……エアコンのステキな音?
wetfootdog

ムスメ

ムーさんの最近のお気に入りアニメ、トップの『アンパンマン』を『おさるのジョージ』が抜いたり、
プリキュアやら妖怪ウォッチやらが順位を入れ替えたりしてて、
「えーとあとはね、マッサン」
しぶい。
wetfootdog

ムスメ

ムーさんに新しいダウンジャケットを着せてみた。

おれ「いいねえ、新しいジャケット」
ムーさん「まぁ、おとうも、もう少ししたら着れるようになるからさ」

なりません。
wetfootdog

ムスメ

今朝の、ムーさんの衝撃のひとこと


「おとうの鼻、エビみたーい!」


「ながーく伸びてるところも、エビみたいだよ」だそうです。
娘にはいったい、父がどんな顔に見えてるんだ……。
wetfootdog

ムスメ

ゆで卵でサンドイッチを作ろうと思って、味付けをどうするべきかと思ってケチャップを使おうとしたら

ムーさん
「あのさあ、
もう、なーんべんもいってるとおもうけどぉ、
たまごにケチャップってどうかとおもうよぉ」

え……いやオムレツにケチャップとか使うじゃないか……というか、そのしゃべり方、どこで覚えたんだ……
wetfootdog

ムスメ

娘よ。
もうすぐ4歳なのだから、間違いはきちんとなおしなさい。

何度も言っているが、
「妖怪ウォッチ」
が正しいのであって
「妖怪ボッチ」
ではない。

「妖怪ボッチ」というと友だちが少ない父のことを言ってるみたいなのでやめてください。
wetfootdog

ムスメ

少し前まではおれが音楽にあわせて踊ると
「踊らないで!」
と怒っていた娘だが、最近は
「踊って! おとう、踊って!」
と言うようになり、これがまさに
「いいように踊らされている」
ということか……と思った。

[言われると踊りたくなくなる]
wetfootdog

ムスメ

店や街なか、公園などで父に近づいてくる、よそのよくしらない子を
「gあgksgc」
みたいな縄張りを守るネコの声で威嚇するのはやめてください。
wetfootdog

そういえば

http://h.hatena.ne.jp/wetfootdog/228176957278185312
これで書いたばあさん、いつも迎えに行く時間がだいたい同じですっかり顔なじみになった。

で、最近はもう孫のわがままにピシっと
「そういうのはダメ!」
「帰るよ!」
って言えるようになってて、さすがだと思った。
まぁ基本(ほかのお母さん方たちより)甘い感じだけど。

うちの娘はたいていギャハギャハ笑いながら園庭を走り回ったり遊具に登ったりしてて、おれはあきらめて眺めてる。
なにがそんなに楽しいんだ……。
wetfootdog

ムスメ

ごぶさたしています。

今日はムーさんが
「栗の木と森のクマさんとアンパンマンとジャムおじさんとアナと雪の女王の歌」
というものをえんえんと歌っています。
なんの歌かわからないけど、意味のある言葉と意味不明な言葉をつないでいて、ものすごく長い。ずっと歌ってる。

脳内Googleが
もしかして:嫌がらせ?
というサジェストをしてきます。
wetfootdog

ムスメ

保育園用の短冊に書く「望み」をムーさんに聞いた。
 ↓↓↓

┏┷┓
┃ ┃
┃き┃
┃ょ┃
┃う┃
┃り┃
┃ゅ┃
┃う┃
┃に┃
┃な┃
┃り┃
┃た┃
┃い┃
┃ ┃
┗━┛

アンパンマンとかプリンセスとかプリキュアとかいろいろあると思うんだが……(トーマスだとまたちょっと微妙だが)。
wetfootdog

wetfootdog シナチョフ

イケハヤと近いものを感じるの(というか地続き)は、TSUTAYAで号泣したアレだなー。
あの独特の「薄っぺらポジティブに支えられた行動力」には関心するけど。

オフのひとは新ありむーという感じ。
wetfootdog

ムスメ

アンパンマン見てたムーさんとの会話。

おれ「アンパンマン強いねー」
ムー「強いねー」
おれ「バイキンマンいつも弱いねー」
ムー「赤ちゃんマンは、赤ちゃんなのに強いねー」
おれ「そうだねー」
ムー「ジャムおじさんは、

ふつう

だねー」
おれ「そ、そう……だね」

でも娘よ、ああ見えてアンパンマン作ってるのはジャムのオヤジなんだぜ。
wetfootdog

ムスメ

娘(三歳)はまだ時計の見方がよくわからない。
時計の上での時間経過について、ぼんやりとしか理解してない。

机の上に時計が置いておいてあるんだけど、ときどき
「長い針が数字の1までにごはん食べるんだよ」
みたいなことを言ってたら、最近は自分から
「どこまでに食べる?」
と聞くようになってきた。

そこである日。
ムーさん「どこまでに食べる?」
おれ「じゃあ、数字の2まで」
「ちがう! 数字の3まで!」
「ダメだよ。2まで」
「3まで! 3までなの!」
「んー……じゃあ数字の1まで」
「やったー! やったー!」

すごい、「朝三暮四」の猿みたいだ……
▼はてなハイクの今月のスポンサー

表示内容を選択