wetfootdog はてなハイク市民 (金 306日)

シナチョフさんのエントリー

id:wetfootdogのミニブログ

56 fans

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

wetfootdog

ムスメ

アンパンマン見てたムーさんとの会話。

おれ「アンパンマン強いねー」
ムー「強いねー」
おれ「バイキンマンいつも弱いねー」
ムー「赤ちゃんマンは、赤ちゃんなのに強いねー」
おれ「そうだねー」
ムー「ジャムおじさんは、

ふつう

だねー」
おれ「そ、そう……だね」

でも娘よ、ああ見えてアンパンマン作ってるのはジャムのオヤジなんだぜ。
wetfootdog

ムスメ

娘(三歳)はまだ時計の見方がよくわからない。
時計の上での時間経過について、ぼんやりとしか理解してない。

机の上に時計が置いておいてあるんだけど、ときどき
「長い針が数字の1までにごはん食べるんだよ」
みたいなことを言ってたら、最近は自分から
「どこまでに食べる?」
と聞くようになってきた。

そこである日。
ムーさん「どこまでに食べる?」
おれ「じゃあ、数字の2まで」
「ちがう! 数字の3まで!」
「ダメだよ。2まで」
「3まで! 3までなの!」
「んー……じゃあ数字の1まで」
「やったー! やったー!」

すごい、「朝三暮四」の猿みたいだ……
wetfootdog

ムスメ

ムーさんと雑貨屋に行ってあれこれ見てると。

「あたし、これほしいの」

と言って机に置くタイプの鏡を指さしてる。
もう鏡ほしいのか……

女の子、こわい!!
wetfootdog

育児中のつぶやき。

ムスメを保育園へ迎えに行った時。

ほかの子たち数人と遊具で遊んでて、おれはしばらくムーさんが遊び疲れる(あるいは飽きる)まで待ってた。
ほかの親も半ばあきらめつつそうしてた。

で、迎えに来たひとりにばあさんがいて、その孫に
「もう帰るよ」
と何度も言ってるんだけど、孫はぜんぜん言うことをきかず。
挙句に、ばあさんが近づいてきたら脇のほうを指さして
「そっちにいきなさい! そっちにいきなさい!」
って怒鳴ってる。
まぁ言い方は乱暴なんだけど、園児はすぐに先生の話し方を真似たりする(そして口調の手加減をしない)から、慣れてれば
「おいおい」
って感じなんだけど。

でも、そのばあさん、孫からそんなふうに言われるのはじめてだったらしく、その場に凍りついてた……。
wetfootdog

育児中のつぶやき。

先週ぐらいから娘のおむつがほぼとれて、いつもちゃんとトイレで用を足してくれるようになった。
なんというか……

すげえ楽だ!!!

しかもなぜか寝ているあいだにおしっこもしない!(寝る前にトイレに行かせてるからだろうけど)
父はうれしいぜ!
wetfootdog

育児中のつぶやき。

娘がアトピーなんで、空気が乾燥しがちなこの頃は(といっても冬からずっとだけど)ワセリンが大量に必要。

1〜2歳のころは病院でくれるワセリン(プロペト)で大丈夫だったんだけど、引っ越してからこっちの病院でくれるワセリンが1/4ぐらいの量に減ってぜんぜん足りない。
自治体によって予算が違うから、ワセリン(無料)の量も違うんだろうなあ。
しかも体がデカくなって、塗る面積も増えた。

そういうわけで最初はベビー用のチューブ入りワセリン(60g)買ってたんだけど、ドラッグストアで皮膚まわりの棚を見たらボトルのワセリン(100g)があったので
「こっちのほうが多くて安いぜ!」
と思ってボトルをしばらく使ってた。
ボトルのほうがチューブより使いやすいし。

ところが昨日、またボトル買おうと思って棚を見てたら500gのボトル(もうボトルといっていいかわからないサイズだけど)があって
「こっちのほうが多くて安いぜ!」
と買ってしまった。
この調子でいったら、1kgのボトルとかあるんじゃないかと思ったけど、とりあえずAmazonでは扱ってないようだった。

擦り傷を保護したり、局部が赤くなったときに塗ったり、唇の荒れに塗ったり、こんなに毎日「娘+ワセリン」で過ごすような人生は想定してなかった……。
wetfootdog

ムスメ

「ムーちゃん、おとうのこと、だいすきー」
と言ってしがみついてくるのはよくあることなのだが。

この前もそう言ってしがみついてきたので
「そんなにおとうのこと、好きなのかー」
って言ったら
「……だから困ってるの」
って。

どこでそういうセリフを覚えた。
wetfootdog

ムスメ

ムーさんが

お さ か な
く わ え た
サザエさーん

と歌っているので、どういう理解でサザエさんを見ているのか、ちょっと不安になった。
wetfootdog

ムスメ

せがまれてアンパンマンの絵を描いていて、だんだん飽きてきたのでアンパンマンに角をはやし、尖った歯の並んだ口にして鼻を黒くした
「悪いアンパンマン」
を描いてやったら、ケタケタ笑いながらもっと描いてとせがんできて、そのあと自分で得意そうに
「悪いしょくぱんまん」
を描いてきたので「血は争えない……」と思った。
wetfootdog

ムスメ

ムーさんがひしと抱きついてきて
「ムーちゃん、おとうのこと、大好き」
というので
「おとうもムーちゃんのこと好きだよ」
というと、怒りながら

「ムーちゃんだけが、おとうのこと好きなの!」

って……え?
wetfootdog

ムスメ

ムーさんが
「ムーちゃん、おじいさん、焼くー」
というので、
「えっ? えっ!」
ってなって、よく聞いたら、
「(お遊戯会の)おじいさん役」
だった……。
wetfootdog

ムスメ

最近ムーさんが言っている
「ドラリ」
がよくわからなくて、謎だったのだが。
ようやくわかった。

「ドダイ(土台)」

言われてみればわかるが、「ドラリ」から「土台」は推測不可能だなぁ。
wetfootdog

ムスメ

アンパンマンキャラクターのなかで、ムーさんのお気に入りのひとりがシチューおばさん。
その影響なのか、よくわからないんだけど。

夜寝かしつけてると、小声でなにかぶつぶつ言ってる。
「……ジルおばさんなんだよ」
気になるので聞いてみる。
「ジルおばさんってなに?」
すると聞かれたのをはずかしがって「なんだよー」と言うので
「ジルおばさん?」とまた聞くと
「ジルおばさん」
「しるおばさんじゃなくて?」
「ジルおばさんだよお」
「ジルおばさんってなに」
「ジルおばさんはジルを作ってくれるんだよ」
「ジル……ってなに?」
「ジルだよお」

ちなみにムーさんは寝る前に小声でぶつぶつ言う癖がある。
歌のときもあれば、ジルおばさんみたいなお話のときもある。

しかしジルってなんだ?
(つづく)
wetfootdog

ムスメ

無事三歳になったムーさん。
朝から隠れんぼをしようというのでつきあう。

「おとう、数をかぞえてね」
「わかった。いーち、にーい……もういいかーい?」
「もういいよー」

探しに行くと、ふとんがもぞもぞ動いてる。
「えーと、どこにいったんだろうなー」ととぼけると、
「んんー?」と、布団から返事が聞こえる。
「あれ、声が聞こえたぞ」
すぐ我慢できなくなって、ゲタゲタ笑いながら出てくる。

……三歳児相手のかくれんぼは楽だ。
wetfootdog

ムスメ

ムーさんが最近よくやること。
おれの腰のあたりにぎゅーって抱きついて

「ムーさんが、おとうを守ってあげるね」

って言う。
「ほうほう」と思って、それでおれが

「なにから守ってくれるの?」

て聞くと

「おとうから」
「……」

毎回こういう答えなんだけど、なにからなにを守ってるんだろう……。
wetfootdog

ムスメ

ムーさんにメガネを壊されたので、使ってなかった古いメガネをかけてたら

「なんかあたらしい、めがね(レンズが)まるいねー、フフフフー」

って、
お ま え が 壊 し た ん だ ろ !
wetfootdog

幼児の謎

なんで寝てるのにあくびするの?
wetfootdog

育児中のつぶやき。

いやもちろん
「幼児はそこらにあるもので、いろんな遊びを思いつく」
というのは知っていたんだけど。

「風呂のなかでおとうさんの肩に洟水をなすりつけて、それをお湯で流すことをくり返す遊び」
というものまでは思いつかなかった……。
wetfootdog

ムスメ

新しいアーミージャケットを着ていたら、ムーさん
「新しい服、かわいいねー」

新しいグレーのシャツを着ていたら、ムーさん
「新しい服、かっこいいねー」

お父さんの腕の毛を見て、指でひっぱりながら
「ムーちゃんにはない、おとうの髪(毛)、かわいいねー」

……かわいいか?
wetfootdog

今日の悲惨な育児

ムーさんと風呂に入り、ふたりでお湯につかっていた時。
「おとうの肩にお湯をかけてあげるね」などと遊んでいたのだが。

「アハハハハハハハハハハハ!
アハハハハハハハハハハハ!
おしっこ、もれちゃったぁあああ!
アハハハハハハハハハ!」

おい……。
▼はてなハイクの今月のスポンサー

表示内容を選択