xx_2kaido_xx

xx_2kaido_xx 八四〇


▶︎いただきハイジャンプ感想

多くは語るまい。
ゆといの同室という事実に喜び、その後50m走りきったあとの2人の色っぽさに腰が砕けた。髪を掻きあげて眉間に皺を寄せる裕翔さんも、血色の良い唇をツンと尖らせ半開きの目で他メンバーや佐野さんを見つめる伊野尾さんも、寝起きなのに、寧ろ寝起きだからかいやらしさが滲み出ていた。それぞれ宿に置かれている浴衣を着用して寝ていたことが素晴らしい。帯が腰の位置までずり落ちていたことも魅力的でした。
夜が明ければアイドルにも髭が生える。アイドルにとっての髭、それはタブー視されがちだ。しかし、今回の企画で薄っすらと見えた青髭は、可愛い彼らが男であることを示す、大変意義のあるものだった。男らしさを感じた。端的に言うと、萌えた。
ただ、感動路線で纏めるのはなんか好かんかなって思った。今後、何回か放送を重ねて、ジャンプさんらしい空気感を持った番組として安定していくことを願います。

とにかく伊野尾慧は可憐、ただそれだけである。

おわり

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
八四〇 id:xx_2kaido_xx
書いた日数: 186はてなハイク市民 (銀)
やっぱり隣国のアイドルが一番身にあってました

表示内容を選択