xx_2kaido_xx

xx_2kaido_xx 八四〇


人それぞれ歩幅も、歩くスピードも異なるということをよく忘れる。
背伸びして歩いたって、無駄に早足になったって、自分が満足しなければ意味がないだろう。
過度に他の歩行者を意識して歩いたところで、そんな人について歩く人がいるのか?と問いたくなる。

私の特技と言えば寄り道、回り道、休憩である。迂回路とばかりに人気の少ない道を好んで歩いてしまう。そんな自分が嫌いではないし、それが自分なんだと思っている。それが落ち着くんだもの、自分にあっているのよきっと。表道の楽しさも少しずつ分かってきた。

ものすごく遠回りをしながら道草食って、時には一箇所にとどまって昼寝をし続けたこともあったけど、それが今の自分に繋がっているのだと心から言える。遠回りをしたけど目的地にたどり着けたことが自分にとっての自信になっている。人にとっては大したことないかもしれないけど、私にとっては果てしない坂道で、なおかつ照明のないトンネルだった。今ではやっとトンネルを抜けて、少し霧がかかってはいるけれど日差しのさす道の上に立てている。少し景色が見えてきた。それが嬉しい。

私の歩幅は狭く、一歩を踏み出すことさえ躊躇う瞬間も少なくはない。決して速くは歩けないし、計画的に歩みを進めることも得意ではない。それでも私は歩くことをやめない。歩みは遅いけど、その分見える景色のひとつひとつを大切にしていきたい。自分で選び、自分のテンポで歩くからこそ自分になるのだろうから。

ポエマーは夜に鳴く!!!!!!!!

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
八四〇 id:xx_2kaido_xx
書いた日数: 186はてなハイク市民 (銀)
やっぱり隣国のアイドルが一番身にあってました

表示内容を選択