yanoz

今谷明『室町の王権』

副題は、「足利義満の王権簒奪計画」。

日本史の中で天皇制を覆す可能性が最も高かったのが足利義満である、という観点から、天皇家が握っていた権威をどのように周到に奪って行ったか、義満の急死によってその計画が頓挫したあと、天皇家の権威がどのように回復されたか、江戸時代まで視野に入れて、武家と天皇家の関係性を論じている。

新書だけど、論じ方は本格的な歴史書だと思う。説明抜きで日本史の用語が用いられるので、ある程度予備知識が無いと、馴染みづらいかもしれない。

二条良基が義満をバックアップして宮廷のしきたりやなんかを教え込んだといったあたりの話や、宮廷での儀式の詳細が描写されるあたりの筆致は読み応えがあり、明の使節を迎える時の有様なども具体的に語られて面白かった。

義満が進めた中央集権化に、後円融が抵抗する経緯も、人間ドラマとしてコンパクトに語られ、興味を持った。

公家よりもむしろ、武家の側に、天皇家の権威を保とうとする理由があったというあたりも、制度や経済的な状況と、勢力の拮抗から、歴史が動いて行く様子を描いて、鮮やかな議論だった。

西洋史の参照の仕方にも独特のアクセントがあって、あくまで世界史の中で日本の歴史を捉えようとする著者の歴史観とか、立場を感じさせる。

天皇家の権威を回復する上で、後花園が果たした役割から、戦国時代の天皇家の権威が、幕府とは別の回路で保たれたという経緯についての論述も、明晰で印象深い。

歴史家として多作な方のようなので、他の本も読んでみようと思う。

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
yanoz id:yanoz
書いた日数: 71はてなハイク市民 (銅)
「何かが解きはなたれた気がした」

表示内容を選択