zushonos

もどかしさ

36歳男です。既婚です。子供はいません。
20代なかばから、おっさんを自称することに抵抗はありませんでしたが、面と向かっておじさん呼ばわりされることに抵抗があることに気付いてしまいました。
交遊範囲や親戚付き合いに子供がいる家庭が少なく、年齢的に、自分をおじさん呼ばわりするのにふさわしい人と対する機会が少ないのが、耐性の弱さにつながっているような気がします。
ご近所会@登戸において、では、そのような人たちに何と呼ばれたいのかと問われると、今さら兄さんと呼ばわりされたいわけでもなく、返答に窮してしまいました。
一歳と零歳の姪と甥には「叔父貴」と呼んでもらうよう算段していますが、他人に「オジキ」と呼ばれると、堅気でない感じですしねえ。
で、前職で、小学生の団体を相手にしていたことに思い当たりました。あのときはおじさん呼ばわりされなかったはずだが、何と呼ばれていたか…そうか、職名で呼ばれていたぞ。こっちの職業が相手に伝われば、それで呼んでもらえるはず。いまの仕事はちょっとわかりにくいだろうし、カタカナなので、カタカナ+「さん」は抵抗がある。たとえば「ハイカーさん」って呼びかけられたくありませんよねえ(まあ、前職もカタカナだったんですがね)。
何がいいかなあ。せっかくだから何か憧れの仕事がいいなあ。穀潰しは仕事とは言えないかなあ。仕事だとしても、「さん」付けで呼んではもらえないかなあ。
あっ、あれだ、よくわからないが憧れる「書生さん」がいい。

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
ずぼんぼ@豆腐の角 id:zushonos
書いた日数: 4,014はてなハイク市民 (プラチナ)
連続: 3,997(から)
今日は一日『運転』三昧関連URLをプロヒールページに書きました

表示内容を選択