zushonos

それはしいたけではない

ノエル・カレフのサスペンス小説を映画化した、フランスの名匠ルイ・マル監督のデビュー作。 ルイ・マルが、当時25歳という若さで作った本作は、ルイ・デリュック賞を受賞し、サスペンスの金字塔とも称される作品となっている。

マイルス・デイヴィスによる即興演奏、アンリ・ドカエによる斬新な手持ちカメラを生かした撮影、ジャンヌ・モローのクールな美しさ、フランスヌーヴェルヴァーグの代表的作品。

後にヌーヴェルヴァーグの恋人と言われたジャンヌ・モローが夜の街を彷徨うさまは、マイルスによる即興演奏と手持ちカメラによる撮影により不安と焦燥感を表現され、本作品を象徴するシーンである。

書き込むには、ログインまたはユーザー登録を行ってください。 初めての方へ

規約違反を通報

▼はてなハイクの今月のスポンサー
ずぼんぼ@豆腐の角 id:zushonos
書いた日数: 3,957はてなハイク市民 (プラチナ)
連続: 3,940(から)
今日は一日『運転』三昧関連URLをプロヒールページに書きました

表示内容を選択